VISIT東北「台湾×東北」のイン・アウトバウンド促進を支援『台湾ワンストッププロモーションサービス』6月開始

東北の自治体・事業者の 観光客誘致・事業促進をサポート

パソナグループで東北におけるインバウンド観光開発・プロモーション事業を展開する株式会社VISIT東北(本社:宮城県仙台市、代表取締役 齊藤良太)は、東北の自治体・事業者を対象に、台湾と東北のイン・アウトバウンド促進を支援する『台湾ワンストッププロモーションサービス』を6月17日(月)から開始します。
VISIT東北がこれまで培ってきた現地メディアや旅行エージェントとの強固なネットワークをはじめ、東北のインバウンドに精通した社員が台湾現地の最先端ニーズを踏まえ、台湾人観光客誘致に向けた戦略策定から情報発信までをワンストップでサポートします。
観光庁によると、2019年1~3月の東北6県の外国人延べ宿泊者数は前年同期比27%増の36万4490人で、そのうち台湾は14万7900人と最も多くを占めています。台湾から仙台空港・青森空港などへの国際定期便増加により、今後も観光やビジネス分野での双方向の交流が拡大していくことが考えられます。

VISIT東北はこれまで、台湾を最重要市場の一つとして捉え、現地メディア・旅行エージェント・インフルエンサー等との強固なネットワークを築き、東北地方のインバウンドを推進してまいりました。
そしてこの度、東北地方のインバウンド開発で培ったノウハウを活かし、台湾のマーケットニーズを踏まえた費用対効果の高いサービスを提供していくことで、東北と台湾のさらなる交流促進・産業活性化に貢献してまいります。
 

■『台湾ワンストッププロモーションサービス』概要 

提供開始: 2019年6月17日(月)

対象: 
東北の魅力を台湾で伝えたい東北の地方自治体様・観光事業者、自社商品を台湾に展開したい東北地方の民間事業者

内容: 
◇ 台湾旅行会社への営業代行・同行支援
◇ 台湾博覧会(旅行博・商談会)への代理出展
◇ 台湾パブリシティを活用した情報発信
◇ インフルエンサー・著名人を活用したマーケティング
◇ 多言語ブログメディア「tohoku365」を通じた情報発信

特長: 
(1)東北の県市町村・事業者毎に、台湾への適切なプロモーション戦略のプランニングから実行、現地メディアや関係機関との調整、効果検証までを、伴走しながら支援

(2)パブリシティによる現地メディアへの情報発信、旅行エージェントへのセールスコール、インフルエンサープロモーション、プロモーションイベント出展、各種広告媒体等を活用し、クライアントのニーズに合わせた費用対効果の高い施策を組み合わせて実行

(3)東北のインバウンド観光開発・プロモーション実績を持つプロフェッショナル人材が台湾現地に常駐、現地関係機関との強固なネットワークを軸に、恒常的なプロモーション活動を実施

お問合せ: 
株式会社VISIT東北 Tel: 022-211-6221  E-mail:info@visittohoku.jp


<参考> 株式会社VISIT東北 会社概要 

会社名: 株式会社VISIT東北

所在地: 本社/ 仙台市青葉区中央1-2-3 仙台マークワン18階

設立:  2016年1月5日

資本金等: 5,000万円

代表者: 代表取締役 齊藤 良太

事業内容: 
観光開発事業、観光コンサルティング事業(地方自治体対象)、WEBメディア運営事業、インバウンドマーケティング事業、海外広告事業、地方創生コンサルティング事業、地域商社設立支援事業

URL :  https://visittohoku.com/
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. 株式会社パソナグループ >
  3. VISIT東北「台湾×東北」のイン・アウトバウンド促進を支援『台湾ワンストッププロモーションサービス』6月開始