TISの「音声対話組み込みクラウドサービス」がSecualの“人と対話するカメラ”に採用

「自動対話」の試作と実装のスピードアップに貢献

TISインテックグループのTIS株式会社(本社:東京都新宿区、代表取締役会長兼社長:桑野 徹、以下:TIS)は、株式会社Secual(本社:東京都渋谷区、代表取締役CEO:菊池 正和、以下:Secual)の提供する“人と対話するカメラ”「Secual Cam Ady」(セキュアル カム アディ)の音声対話基盤に、音声・対話AIサービス「COET」(コエット)のメニューのひとつである「音声対話組み込みクラウドサービス」が採用されたことを発表します。
「音声対話組み込みクラウドサービス」は、チャットボット、音声認識、音声合成などの技術を組み合わせて、音声による「自動対話」を短期間で実装できるサービスです。本サービスを活用することで、直感的に操作できるVUI(Voice User Interface)のメリットを様々なデバイスと連携して提供することが可能となります。

「Secual Cam Ady」は、AI音声対話機能を搭載した「コミュニケーション・カメラ」です。高性能顔認識エンジンの認識結果をもとに、来訪者に応じた会話内容を自律的に生成し、住宅などの出入口での不審者に対する自発的な声掛けや、鍵の開閉・セキュリティのON/OFF操作を家族のみに限定するなどの機能を提供します。
「Secual Cam Ady」は、埼玉県朝霞市の「スマートハイムシティ朝霞」で全戸標準導入が5月より開始されています。※1

※1:スマートホームセキュリティのSecual(セキュアル)、 積水化学工業と手がけるスマートハイムシティ朝霞に次世代AIカメラSecual Cam Adyの導入を開始(https://secual-inc.com/20190419_camady/

<“人と対話するカメラ”「Secual Cam Ady」のイメージ>

 

■「Secual Cam Ady」での採用の背景
音声認識や音声合成の精度はこの数年で大幅に向上し、組み込み型からクラウドサービス型まで様々な形態で提供されています。しかし、デバイスにVUIを組み込むには、開発者に音声や対話AIの幅広い知識が要求され、プログラムが複雑化してサイズが肥大化するなど、コンセプトの実現に長い時間がかかるという課題がありました。

そこでSecualでは、以下の点を評価して、「Secual Cam Ady」にTISの「音声対話組み込みクラウドサービス」を採用しました。
  • 入力音声の前処理から音声による回答までをクラウドサービスが一括処理するため、デバイス側の処理がシンプルにできる
  • 音声以外にステータス通知なども送受信可能で、会話に合わせてLED色を変更するなど、デバイスのふるまいを適切に制御できる
  • 対話シナリオや音声設定をコンソール上で修正して即時に反映できるため、試作や検討のサイクルがすばやく回せる

■「音声対話組み込みクラウドサービス」について
「音声対話組み込みクラウドサービス」は自動対話技術に、音声認識、音声合成、対話制御などを組み合わせた、音声対話の実行環境を短期間で提供するサービスです。
ブラウザ上で使える直感的なシナリオエディターと管理ダッシュボードにより、音声対話サービスの開発から運用までの作業をトータルサポートし、音声対話に必要な以下の機能をオールインワン型で提供します。

<主な機能と設定>
  • 音声認識、音声合成、BGM、効果音など、音声対話の基本機能
  • 直感的な対話シナリオエディターとシミュレーター
  • SSMLや辞書登録などの、音声対話チューニング機能
  • 音声認識/音声合成エンジンの選択やパラメーター設定
  • 業務システムや外部サービスとの連携機能

<「音声対話組み込みクラウドサービス」の管理ダッシュボード画面>

 

 
<「音声対話組み込みクラウドサービス」の活用シーン>

 
■COETについて
COETは、「日々のことば」を資産としビジネスに新しい価値を創出する音声・対話AIサービスです。「声」(COE)と各サービス、ソリューションを組み合わせて新たな価値の創造やビジネスが拡がっていくことをコンセプトとしています。会議を自動記録する「Record Meeting」、多言語音声対応によるFAQ、翻訳機能を搭載したスマートスピーカーを活用した「多言語対応 音声自動案内サービス」や、音声認識、音声合成、対話制御などを統合して音声対話の実行環境を提供する「音声対話組み込みクラウドサービス」などのメニューで構成されています。詳細は以下URLをご参照下さい。https://www.tis.jp/service_solution/voice-ai/

 
TIS株式会社について
TISインテックグループの TIS は、SI・受託開発に加え、データセンターやクラウドなどサービス型の IT ソリューションを多数用意しています。同時に、中国・ASEAN 地域を中心としたグローバルサポート体制も整え、金融、製造、流通/サービス、公共、通信など様々な業界で 3000社以上のビジネスパートナーとして、お客様の事業の成長に貢献しています。詳細は以下をご参照ください。http://www.tis.co.jp/

 TISインテックグループについて
  TISインテックグループはグループ会社約60社、2万人が一体となって、それぞれの強みを活かし、日本国内および海外の金融・製造・サービス・公共など多くのお客さまのビジネスを支えるITサービスをご提供します。

※ 記載されている会社名、製品名は、各社の登録商標または商標です。
※ 記載されている情報は、発表日現在のものです。最新の情報とは異なる場合がありますのでご了承ください。

【本件に関するお問合わせ先】
TIS株式会社 サービス事業統括本部 AI&ロボティクスビジネスユニット
TEL:03-5337-4341 E-mail:ai-biz@ml.tis.co.jp
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディア会員登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. TISインテックグループ >
  3. TISの「音声対話組み込みクラウドサービス」がSecualの“人と対話するカメラ”に採用