約2.5億画素の超高解像度CMOSセンサー“LI8020SAC/LI8020SAM”を発売

キヤノンは、APS-Hサイズ(約29.4×18.9mm)のCMOSセンサーの新製品として、約2.5億画素(19,568×12,588画素)の撮像が可能な“LI8020SAC(カラー)/LI8020SAM(モノクロ)”を2020年10月下旬に発売します。

LI8020SAC(カラー)/LI8020SAM(モノクロ)LI8020SAC(カラー)/LI8020SAM(モノクロ)

 

新製品は、約2.5億画素を有する超高解像度CMOSセンサーで、広範囲を撮影しながら、画像内の細部の情報まで取得することができます。また、1画素のピッチを1.5μm(マイクロメートル)とすることで、APS-Hサイズで約2.5億画素を実現し、さまざまな用途への活用を可能にします。4K・8K映像技術の発展で高精細化しているFPD(フラットパネルディスプレイ)の検査を始め、産業用検査、映像制作やデジタルアーカイブ、広域監視、顕微鏡などさまざまな用途への活用が可能で、幅広いユーザーのニーズに応えます。

■ 約2.5億画素の超高解像度により広範囲撮影でも細部の情報を取得
新製品は、フルHD(1,920×1,080画素)の約125倍、4K(3,840×2,160画素)の約30倍となる約2.5億画素の超高解像度での撮像が可能で、撮影範囲の任意の領域をトリミングし、電子ズームで拡大表示しても、十分な解像度が得られます。

■ 約12.5億画素/秒の超高速な信号読み出しを実現
CMOSセンサーは、画素数が増えるほど信号量が増加し、信号遅延やタイミングのわずかなずれなどが発生します。新製品は、約2.5億画素という超多画素でありながら、回路の微細化や信号処理技術を進化させることで、1秒間に約12.5億画素の超高速な信号読み出しを実現しています。これにより、全画素読み出し時でも約5コマ/秒のスピードで超高解像度な撮像が可能です。

■ 「ROI読み出し機能」などによりユーザーニーズに合わせたデータ出力に対応
新製品は任意の領域のみを選択的に読み出す「ROI(Region of Interest)読み出し機能」を搭載しています。特定領域のみ、高速で読み出したい場合に、「ROI読み出し機能」を使うことで、8K(7,680×4,320画素)では24fps、4K(3,840×2,160)では30fps、フルHD(1,920×1,080)では60fpsでの動画撮影が可能です。また、全画像領域の垂直方向を間引いて読み出す「間引き読み出し機能(※)」も備えており、ユーザーのニーズに合わせたデータ出力方法を選択できます。
※ 間引きは4パターン可能。1/3は約15fps、1/5は約25fps、1/7は約35fps、1/9は約45fps。

※以下、メディア関係者限定の特記情報です。個人のSNS等での情報公開はご遠慮ください。
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. キヤノン株式会社 >
  3. 約2.5億画素の超高解像度CMOSセンサー“LI8020SAC/LI8020SAM”を発売