軽井沢プリンスホテルスキー場 長野県内トップを切る11月2日(土)オープンに向け10月9日(水)、造雪開始

【造雪期間】2019年10月9日(水)より

軽井沢プリンスホテルスキー場(所在地:長野県北佐久郡軽井沢町軽井沢 総支配人:中野忠昭)では、長野県内で
最も早い2019年11月2日(土)オープンに向け、2019年10月9日(水)より造雪を開始いたします。
軽井沢プリンスホテルスキー場では昨シーズン、人工造雪機の早期活用により、来場人員は前年比3.1%の増加となりました。今シーズンは人工造雪機・人工降雪機の更新による雪質・降雪量の更なる向上を行い、前年以上に造雪量の増加を見込みます。気象条件に左右されないスキー場として、引き続き県内スキー産業の活性化を牽引するよう取り組んでまいります。
■軽井沢プリンスホテルスキー場 造雪概要
本年は10月9日(水)より人工造雪機(8基)をフル稼働し、1日約450t、オープンまでの24日間で約6,000㎥の雪を造ります。予定通り作業が進むと全長約400m、コース幅約15m、積雪約50cmの2コースがオープンいたします。
本年より、より細かく良質の雪を効率よく造れるよう造雪機1台・降雪機10台を更新いたしました。
造雪機・降雪機の更新により、前年度と比較し造雪量が増え、コース幅の早期拡大・積雪量の増加が可能となります。
【期 間】 2019年10月9日(水)より
【時 間】 10:00A.M.より ※造雪機は24時間稼動
【場 所】 軽井沢プリンスホテルスキー場 くりの木コース、プリンスゲレンデ
※造雪機とは/-25℃で冷却した結氷板へ水を流し結氷させ、細かい粒子にして造雪する機械です。
軽井沢プリンスホテルスキー場はフレークタイプ8基(ユニット式100t/日×1基、50t/日×7基)で450t/日を造雪します。

 

造雪作業の様子造雪作業の様子

11月2日(土)にオープンする「くりの木コース」と「プリンスゲレンデ」11月2日(土)にオープンする「くりの木コース」と「プリンスゲレンデ」


◎お客さまからのお問合せ 軽井沢プリンスホテルスキー場 TEL: 0267-42-5588

このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. 株式会社プリンスホテル >
  3. 軽井沢プリンスホテルスキー場 長野県内トップを切る11月2日(土)オープンに向け10月9日(水)、造雪開始