JAL・丸紅・エムティーアイ・カラダメディカの4社による働く女性の健康課題改善に向けた共同取組みの開始について

JAL
2022年1月27日
日本航空株式会社
丸紅株式会社
株式会社エムティーアイ
株式会社カラダメディカ


 日本航空株式会社(以下、「JAL」)、丸紅株式会社(以下、「丸紅」)、株式会社エムティーアイ(以下、「エムティーアイ」)、株式会社カラダメディカ(以下、「カラダメディカ」)は、女性特有の健康課題改善から効果検証までを一気通貫でサポートする法人向けサービス(以下、「本サービス」)を活用した「共同取組みに係る覚書」を2022年1月27日に締結し、2月より共同で取組み(以下、「本共同取組み」)を開始します。

 本サービスは、丸紅、エムティーアイ、カラダメディカの3社が、2021年7月より共同で開発、法人向けに提供しており、医療機関と連携したオンライン相談・診療サービスの提供、啓発活動などを通じ、生理痛や月経前症候群(PMS)の改善をはじめ、妊活や不妊治療に関するサポート、更年期に現れる症状の改善まで、働く女性がライフステージごとに直面する健康課題の改善を支援するものです。
 JALは、お客さまに最高のサービスを提供するためには社員の心身の健康づくりが不可欠という認識のもと、様々な職場で活躍する女性社員の健康課題に対する実態把握と支援が、企業価値の向上とお客さまに提供するサービスの向上に大きく寄与すると考えています。また、JALと丸紅はこれまでも、ビジネスジェット事業、代替航空燃料製造事業など様々な取組みを共同で実施し、ビジネスパートナーとしての関係を構築してきました。
 このような背景から、今回JALが本サービスの実証企業として参画し、男女問わず全社員が受講可能な月経・妊活・更年期に関する理解を深めるセミナーと、女性社員を対象にした『ルナルナ オンライン診療』を活用したプログラムを実施することが決定しました。

 JAL、丸紅、エムティーアイ、カラダメディカは、本共同取組みを通じ、働く女性の健康課題に関する理解や相互サポートを促進し、より働きやすい社会の形成やダイバーシティ&インクルージョン※1の推進を目指します。

JALにおける共同取組みについて
概要
JALにおける女性の健康課題に関する実態調査を行い、更に以下のセミナーを通じたリテラシーの向上・意識の変容、プログラム導入による働きやすい職場環境の構築およびその効果検証を行います。
セミナー/導入プログラム内容>


取組み期間>
2022年2月~12月(予定)
※1ダイバーシティ&インクルージョン:人種や性別、年齢などの外見的な違いはもちろん、宗教や価値観、性格、嗜好などの個々の「違い」を受け入れ、認め合い、生かしていくこと。
※2FEMCATION®:エムティーアイの登録商標。FEMALE(女性)とEDUCATION(教育)を掛け合わせた造語。

【本サービスのイメージ図】


各社概要
JAL
社名    :日本航空株式会社
代表者   :代表取締役社長 赤坂 祐二
本社所在地 :東京都品川区東品川二丁目4番11号 野村不動産天王洲ビル
HP      :https://www.jal.com/ja/

<丸紅>
社名    :丸紅株式会社
代表者   :代表取締役社長 柿木 真澄
本社所在地 :東京都千代田区大手町一丁目4番2号
HP      :https://www.marubeni.com/jp/

エムティーアイ>
社名    :株式会社エムティーアイ
代表者   :代表取締役社長 前多 俊宏
本社所在地 :東京都新宿区西新宿3-20-2 東京オペラシティタワー35F
HP      :https://www.mti.co.jp/

カラダメディカ
社名    :株式会社カラダメディカ
代表者   :代表取締役 菅原 誠太郎
本社所在地 :東京都新宿区西新宿3-20-2 東京オペラシティタワー35F
HP      :https://caradamedica.co.jp/



 
※以下、メディア関係者限定の特記情報です。個人のSNS等での情報公開はご遠慮ください。
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. JAL >
  3. JAL・丸紅・エムティーアイ・カラダメディカの4社による働く女性の健康課題改善に向けた共同取組みの開始について