世界の種子市場ー形質別(殺虫剤耐性(HT)、耐虫性(IR)、その他の形質)、種類別(従来型、遺伝子組み換え)、作物種別、地域別―予測2020-2027年

Kenneth Researchは調査レポート「世界の種子市場:世界的な需要の分析及び機会展望2027年」2020年12月 10日に発刊しました。これは、予測期間中に、市場の詳細な分析とともに、業界の詳細な洞察を提供します。

レポートのサンプルURL: https://www.kennethresearch.com/sample-request-10336458

レポートは、市場規模と決定に基づいてさまざまなパラメーターについて説明します。これらには、市場価値、年間成長、セグメント、成長ドライバーと課題、および市場における主要企業などが含まれます。

世界の種子市場の成長は、主に穀物、油、野菜の需要の増加によって推進されています。人口増加による農業生産の増加の必要性は、種子の需要を舗装しています。2018年には、世界の人口は76億人を超え、2050年までに99億人に達すると予想されています。その結果、急速な人口増加、都市化、食生活の変化により、世界の食料需要は70%増加すると予測されています。世界中の農家は、従来の農法から徐々にシフトして、より高い収穫量を獲得し、限られた資源の利用可能性から利益を得ており、商業用種子は業界の主要なトレンドの1つになっています。

世界の種子市場は2019年に約557億米ドルと評価され、2020ー2027年の予測期間中に6.4%以上の成長率で成長すると予想されています

中国、ブラジル、インド、米国などの主要な農業国全体で、農家は、収量の利益とその他の非収量の特性の両方のために遺伝子組み換えをますます採用しています。世界の種子市場の主要なプレーヤーは、合併や買収などを含む競争上の優位性を獲得するためにさまざまな戦略を実施しています。バイエルAGは、2020年2月に、研究開発(R&D)のために作物科学部門のパイプラインのアップグレードを開始しました。バイエルAGのイノベーションは、1エーカーあたりの生産量を増やし、農業が大気に与える影響を最小限に抑え、データを通じてより多くの情報に基づいた意思決定を行えるようにすることに重点を置いています。

BASF SEは、アジア太平洋地域での生産能力を高めるために、2020年1月にシンガポールに新しい作物保護プラントを開設しました。それは、栽培のための高品質の製品に対する地域の農民の高まる需要に応えます。しかし、市場の成長は、さまざまな地域での遺伝子組み換え作物の受け入れの低さや、気候変動が作物生産に与える影響などの要因によって制限されています。さらに、食事の多様化、種子ペレット化や種子コーティングなどの種子技術の高度化、規制対応の改善、農業目的での荒地の使用の増加は、予測期間中の種子市場の成長に牽引すると予想されます。

市場セグメンテーション洞察
世界の種子市場は、形質別(殺虫剤耐性(HT)、耐虫性(IR)、その他の形質)、種類別(従来型、遺伝子組み換え)、作物種別(穀物と穀物、油糧種子と豆類、果実、野菜およびその他)および地域別などによって分割されています。レポートでは、各セグメントの成長機会とともに、成長を促進する要因について説明しています。さらに、Y-o-Y成長(%)収益(USD百万単位)は、各セグメントの市場成長を牽引する要因と共にレポートに記載されています。

世界の種子市場は、北米、ラテンアメリカ、ヨーロッパ、アジア太平洋、中東、アフリカなど地域によって分割されています。

北米は、市場シェアの点で世界の主要/重要な地域です。
この成長は主に、広範な研究開発、支援的な政府規制によるものです。一方、アジア太平洋地域も2020ー2027年の予測期間中に最高の成長率/ CAGRを示すと予想されます。人口の急増、可処分所得の増加、支援規制、農業部門の発展などの要因は、アジア太平洋地域全体の種子市場に有利な成長見通しを生み出すでと予測されます。

レポートはさらに、北米で(米国、カナダ)、中南米(ブラジル、メキシコ、アルゼンチン、ラテンアメリカの残り)、欧州(英国、ドイツ、フランス、イタリア、スペイン及びハンガリー、スペイン、スウェーデン[ベルギー、オランダ、ルクセンブルク]、NORDIC [ノルウェー、デンマーク、スウェーデン、フィンランド]、ポーランド、ロシア、ヨーロッパの残り)、アジア太平洋地域(中国、インド、日本、韓国、マレーシア、インドネシア、台湾、香港、オーストラリア、ニュージーランド、アジア太平洋の残り)、中東およびアフリカ(イスラエル、GCC [サウジアラビア、UAE、バーレーン、クウェート、カタール、オマーン]、北アフリカ、南アフリカ、中東およびアフリカ) のY-O-Y成長、需要と供給、新動向と今後の機会などが含まります。

レポートのデータは、正確な統計を確保するために、一次と二次の両方の調査方法を通じて収集されます。

主要企業
世界の種子市場における業界のリーダーはBASF SE、Bayer AG、Syngenta Group、KWS SAAT SE、Land O’ Lakes、Sakata Seed Corporation、Groupe Limagrain、Corteva Agriscience、United Phosphorous Limited、DLFなどです。これらの各主要企業のプロファイルは、会社の財務、収益、収益と分析、バリューチェーン分析、その他のパラメーターを提供します。さらに、レポートは、主要なプレーヤーの収益、企業が提供する製品、およびいくつかの主要な財務指標に関する計算分析を提供します。また、企業の本社、設立年、従業員の総数、企業の概要、企業が取った事業戦略など、その他のいくつかの支援情報も市場のレポートに含まれています。

[調査レポートの詳細内容について]
https://www.kennethresearch.com/report-details/seed-market/10336458

Kenneth Research会社概要
Kenneth Researchは、マルチクライアントの市場調査レポートのディストリビューターで、ビジネスプロフェッショナルが将来の拡張に向けたビジネスプランの戦略を立てるのを支援します。シンジケートされた市場調査レポートの大規模なデータベースの存在とレポートのカスタマイズの範囲の助けを借りて、プラットフォームは、業界の専門家が最終目標を達成するための幅広い機会を提供します。Kenneth Researchは、消費財や食品、ヘルスケア、情報通信技術、エネルギーと電力、化学など、さまざまなレベルの業界にサービスを提供しています。
※以下、メディア関係者限定の特記情報です。個人のSNS等での情報公開はご遠慮ください。
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. Kenneth Research >
  3. 世界の種子市場ー形質別(殺虫剤耐性(HT)、耐虫性(IR)、その他の形質)、種類別(従来型、遺伝子組み換え)、作物種別、地域別―予測2020-2027年