オプト、ラクスル株式会社と業務提携

デジタル広告とテレビCMの統合プランニングで企業のマーケティング活動を総合的に支援

​デジタルシフトをリードする Innovation Agency株式会社オプト(本社:東京都千代田区、代表取締役社長CEO:金澤 大輔、以下、オプト)は、ラクスル株式会社(本社:東京都品川区、代表取締役社長CEO:松本恭攝、以下、ラクスル社)と業務提携し、ラクスル株式会社が手がける運用型テレビCM「ノバセル」とデジタルマーケティング施策との連携をより強化いたします。

オプトでは、これまでお客様のマーケティング課題に対して、デジタルマーケティング領域を中心に、ブランディングからダイレクトレスポンス、さらには顧客育成まで総合的なプロモーション支援をしております。今回のラクスル社との業務提携により、デジタルマーケティング施策と運用型テレビCMを掛け合わせることで、より専門性が高く、効果を追求したマーケティングサポートが可能となります。


■業務提携の背景
日本の総広告費の半数以上を占めているのがテレビCMとデジタル広告であり、この2つを効率的に使い連動・連携させていくことが今後の企業のマーケティング活動のカギを握っていくことは明らかです。一方で、テレビCMは「莫大な費用がかかる」「効果がわかりにくい」といったイメージが先行し、企業の環境によってはハードルの高い商材、もしくは、ハイリスクな手段という認識がありました。また、マーケティング活動においては、消費者の生活様式の変化に伴い、複数のメディアでの広告投資が必要とされていますが、「社内に知見がない」「メディアごとの施策を行なっており、全体の最適化ができていない」などの理由から、最適な広告投資ができていない企業は数多く存在します。

オプトは、20年以上に渡りデジタルを軸に、経営の中心を担うマーケティング活動を幅広い企業に対してサポートしてまいりました。また、ラクスル社は、2014年から5年間で約50億円のマーケティング施策を自社で実施し、テレビCMとデジタル広告を複合的に行うことで、デジタル広告のみの時と比較して、CV (コンバージョン)数を400%増加させCPA(顧客獲得単価)を50%に半減、広告投資の最適化を行いながら売上高を約24倍に導いた実績があります。さらに、ラクスル社の提供する運用型テレビCMサービス「ノバセル」では、テレビCMの実施前にデジタル広告で訴求検証をすることで、最も効果的な訴求軸を見つけ出しテレビCMの成功確率を高めることができるほか、テレビCMによって高まった認知を、デジタル広告によってより効果的にCVに結びつけることができます。また、効果測定ツール「ノバセルアナリティクス」の活用により、テレビCMの効果を可視化させることで、より効率的にPDCAサイクルを回すことが可能となります。

この両社のノウハウと実績を基に、お客様の課題や事業成長に合わせて、WEBでのトライアルマーケティングをはじめ、デジタル広告とテレビCM複合的な施策、テレビCMから派生したデジタル広告の運用案件など、統合的にサポートすることで、企業の広告効果の最大化を目指してまいります。

■提供サービス内容の概要


お客様の課題や事業のフェーズに応じて、WEBでのデジタルマーケティングをはじめ、デジタル広告の運用およびテレビCMの放映まで総合的にサポートします。まず、定性・定量調査を元に企画を提案。テレビCMの制作前に、デジタル広告の運用を行うことで勝ち筋となる訴求軸やクリエィティブを定めます。その後、絞り込んだ訴求内容を元にテレビCMの放映やデジタル広告を更に展開してくことで、テレビCMによって高まった認知を、デジタル広告によってより効果的にコンバージョンに結びつけることが可能です。
また、ラクスル社が提供する広告効果の分析結果を即時に可視化できる、クラウド型テレビCM効果測定ツール「ノバセルアナリティクス」を活用することで、最小限の投資で効果検証を繰り返すことができ、広告投資の最適化によって企業を更なる成長へと導きます。

■テレビCMとデジタル広告の活用によるCPAの最適化について

テレビCMとデジタル広告の統合プランニングにより、CPA(顧客獲得単価)を最適化させることが可能です。実際、ラクスル社においては、自社のマーケティング施策として、テレビCMとデジタル広告を同時に行うことで、テレビCMの放映時はWEBでの獲得効率が150%増加。一方でCPAは下がり続け1/4まで低下し、広告投資の最適化を実現されています。また、テレビCMで純粋想起を獲得することで、指名検索数は約20倍に成長。比較されずにコンバージョンされることで、デジタル広告でのクリック率やコンバージョンが大幅に改善されました。このようなノウハウに基づき、今回の業務提携により、顧客課題の解決に向けた最適なご提案が可能となります。

■「ノバセル」について
「ノバセル」は、ラクスル社独自の広告手法とクラウド型 テレビCM効果測定ツール「ノバセルアナリティクス」の活用により“運用型のテレビCM”を提供しています。企画・制作・放映・分析まで一気通貫して行い、「ノバセルアナリティクス」を活用することで、従来、難しいとされていたテレビCMの広告効果測定可能にし、広告投資の最適化を通して、企業の成長を実現しています。


今後もオプトでは、テクノロジーの変化に素早く対応し、企業のマーケティング活動におけるデジタルシフトパートナーとして、広告効果最大化のための企画および提案を行ってまいります。

【ラクスル株式会社について】
「仕組みを変えれば、世界はもっと良くなる」という企業ビジョンのもと、印刷や物流といったデジタル化が進んでいない伝統的な産業に、インターネットを持ち込み産業構造を変えることで、より良い世界にすることを目指します。現在、印刷・集客支援のシェアリングプラットフォーム「ラクスル」と、物流のシェアリングプラットフォーム「ハコベル」、広告のプラットフォーム「ノバセル」のサービスを提供しております。

■ラクスル株式会社 会社概要
設立年月:2009年9月1日
資本金:21億2473万8000円(2020年1月末 現在)
代表者名:代表取締役社長CEO 松本恭攝
本社所在地:〒141-0021 東京都品川区上大崎2-24-9 アイケイビル1階
事業内容:インターネット事業
URL:https://raksul.com/

【株式会社オプトについて】
オプトは、デジタルマーケティングを軸に個客の未来を実現する「Innovation Agency」です。持続的な成長を志す企業のビジョンやミッションと並走しながら、ビジネスを革新させ、新しい価値を創造していきます。一人一人が、「誠実な野心家であれ。」という理想の姿を追求し、ヒトと社会を豊かにする成長エンジンとなります。

■オプト 会社概要
設立年月:2015年4月1日
資本金:1億円 (2018年12月末 現在)
代表者名:代表取締役社長 CEO 金澤 大輔
本社所在地:東京都千代田区四番町6番 東急番町ビル
事業内容:マーケティング事業
URL:https://www.opt.ne.jp/
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. 株式会社デジタルホールディングス >
  3. オプト、ラクスル株式会社と業務提携