キヤノンが東京2020大会で報道の現場を支援 「ゼロ・ダウンタイム」の実現を目指すサポートの現場をご紹介

​キヤノンは、東京2020オリンピック・パラリンピック競技大会(以下、東京2020大会)の「ゴールドパートナー」(スチルカメラおよびデスクトップ・プリンター)として、各国の報道関係者の活動拠点となる「メインプレスセンター」に、プロフォトグラファー向けのフォトサービスセンターを開設しています。

 

メインプレスセンターに開設した フォトサービスセンター(7月21日)メインプレスセンターに開設した フォトサービスセンター(7月21日)

フォトサービスセンターでは、撮影機材のトラブルなどにより競技の決定的瞬間を逃さないよう、プロフォトグラファーの業務を止めない「ゼロ・ダウンタイム」を掲げ、スピーディーなメンテナンスサービス、修理サービス、そして修理時の代替機提供サービスを行っています。


通常は見ることが難しい、プロフォトグラファーの撮影を支える現場を写真でご覧ください!

(※)フォトサービスセンターでは、感染防止策を徹底し、ご利用されるプロフォトグラファーの皆様と従事するスタッフ双方が安心できる環境構築と運営を行っています。

  • 「ゼロ・ダウンタイム」の実現を目指すサポートの現場

フォトサービスセンター内に準備されている撮影機材フォトサービスセンター内に準備されている撮影機材

フォトサービスセンター内に準備されている撮影機材フォトサービスセンター内に準備されている撮影機材

カメラやレンズのメンテナンスの様子カメラやレンズのメンテナンスの様子

カメラやレンズのメンテナンスの様子カメラやレンズのメンテナンスの様子

徹底した感染防止策徹底した感染防止策

©2021 - IOC - All rights reserved. Tokyo 2020

<参考リンク>
キヤノンが東京2020大会のメインプレスセンターにプロフォトグラファー向けのフォトサービスセンターを設置
https://canon.jp/corporate/newsrelease/2021/2021-07/pr-tokyo2020mainpresscenter

※以下、メディア関係者限定の特記情報です。個人のSNS等での情報公開はご遠慮ください。
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. キヤノン株式会社 >
  3. キヤノンが東京2020大会で報道の現場を支援 「ゼロ・ダウンタイム」の実現を目指すサポートの現場をご紹介