日本初の常設都市型ロープウェイ 「YOKOHAMA AIR CABIN」令和3年4月22日運行開始!

横浜都心臨海部において、移動自体が楽しく感じられるような多彩な交通サービスの充実に向け、平成29年度に横浜市が民間公募を実施した「まちを楽しむ多彩な交通の充実」において提案のあった、桜木町駅前と新港ふ頭とを結ぶ日本初の常設都市型ロープウェイ「YOKOHAMA AIR CABIN」が、令和3年4月22日に運行を開始します。

【YOKOHAMA AIR CABINの概要】
★特徴
・都市部では日本初の常設ロープウェイ
・バリアフリーに対応し、車いすのままご乗車可能
・ゴンドラに冷房を完備し、夏でも快適
・ゴンドラにより、新たな夜間景観を演出

 


★営業時間
AM10時~PM10時

★所要時間
片道約 5分

★運賃(片道)
大人(中学生以上)1,000円、子ども(3歳~小学生)500円

★施設概要
・全長:約630m
・最大高さ:約40m
・ゴンドラ数:36基
・ゴンドラ定員:8名
・事業主体:泉陽興業株式会社
 

 

 

「YOKOHAMA AIR CABIN」が開業することで、桜木町駅と新港ふ頭が直結しアクセスが一層便利になるとともに、移動しながら横浜みなとみらいの魅力的な景観を楽しんでいただけます。
コロナ過ではありますが、感染症防止対策を徹底したうえで運行します。皆様のご乗車をお待ちしています。

また、横浜市では、横浜都心臨海部の回遊性向上に向けて、令和3年も様々な取組を進めます。
詳しくは本市記者発表資料をご覧ください。
※以下、メディア関係者限定の特記情報です。個人のSNS等での情報公開はご遠慮ください。
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. 横浜市 >
  3. 日本初の常設都市型ロープウェイ 「YOKOHAMA AIR CABIN」令和3年4月22日運行開始!