【20代意識調査】希望の通勤時間は「15分~30分」が32.1%で最多。テレワーク経験者のほうが、「通勤時間を短くしたい」傾向。テレワークを経験した20代の49.0%が「都心に住みたい」と回答。

[20代専門]転職サイトNo.1「Re就活」でアンケートを実施しました。

株式会社学情(本社:東京都中央区・大阪市北区/代表取締役社長:中井清和)は、20代の仕事観や転職意識をひも解くため、「通勤時間」に関してアンケート調査を実施しました。希望の通勤時間は「15分~30分」が32.1%で最多。次いで「30分~45分」26.7%と続きます。「通勤」に関する考え方は、テレワーク経験の有無によっても異なることが分かりました。テレワーク経験のある20代は、32.0%が「(新型コロナウイルスの影響を受け)通勤時間を短くしたいと思うようになった」と回答。テレワークを経験していない20代の同回答(24.1%)を7.9ポイント上回りました。テレワークで「通勤時間」のない生活を経験することで、「通勤」への考え方にも変化が生じていると推察されます。住む場所についても、テレワークを経験している20代の49.0%が「都心に住みたい」と回答しており、「郊外に住みたい」を15.7ポイント上回りました。テレワークで出社する機会が減少すると、「郊外」に住むことを検討する人が多いと言われていますが、20代はテレワークを実施する場合でも「都心」に住むことを希望する人が多いと伺えます。
【TOPICS】
(1) 希望の通勤時間は「15分~30分」が32.1%で最多。「1時間以内」91.3%を占める
(2) テレワークを経験した20代のほうが「通期時間を短くしたい」と考えている傾向
(3) 20代のテレワーク経験者の49.0%が、「便利さ重視で都心に住みたい」と回答。
   「家の快適さ重視で郊外に住みたい」を15.7ポイント上回る

(1) 希望の通勤時間は「15分~30分」が32.1%で最多。「1時間以内」91.3%を占める

希望の通勤時間は、「15分~30分」が32.1%で最多。次いで、「30分~45分」26.7%、「45分~1時間」24.8%と続きます。20代転職希望者の91.3%が、通勤時間は「1時間以内」を希望していることが分かります。「15分以内」や「15分~30分」を希望する20代からは、「通勤時間は意外と体力を消耗するので、できるだけ短くしたい」「時間を有効活用したい」などの声が寄せられました。一方、「30分~45分」「45分~1時間」を希望する20代は、「通勤時間に勉強したいので、1時間以内までは許容できる」「通勤時間は、仕事とプライベートの気持ちを切り替える時間にもなるので、短すぎず長すぎない時間が良い」としています。

 


(2) テレワークを経験した20代のほうが「通期時間を短くしたい」と考えている傾向

「通勤」に関する考え方や捉え方は、テレワーク経験の有無によっても異なることが分かりました。テレワーク経験のある20代は、32.0%が「(新型コロナウイルスの影響を受け)通勤時間を短くしたいと思うようになった」と回答。一方、テレワークを経験していない20代の同回答は、24.1%に留まりました。テレワーク経験のある20代のほうが、「通勤時間を短くしたい」と考えている割合が高く、テレワークで「通勤時間」のない生活を経験することで、「通勤」への考え方にも変化が生じていると推察されます。

(3) 20代のテレワーク経験者の49.0%が、「便利さ重視で都心に住みたい」と回答。
   「家の快適さ重視で郊外に住みたい」を15.7ポイント上回る

住む場所や住環境について、テレワークを経験している20代の49.0%が、「プライベートを含めた便利さ重視で都心に住みたい」「どちらかと言えば、プライベートを含めた便利さ重視で都心に住みたい」と回答。「家の快適さ重視で郊外に住みたい」「どちらかと言えば、家の快適さ重視で郊外に住みたい」の回答は33.3%に留まり、「都心に住みたい」が「郊外に住みたい」を15.7ポイント上回りました。一般的には、テレワークを実施し、オフィスに出社する機会が減少すると「郊外」に住むことを検討する人が多いと言われていますが、20代はテレワークを実施する場合でも、「都心」に住むことを希望する人が多いと伺えます。

■調査概要
・調査対象:[20代専門]転職サイト「Re就活」へのサイト来訪者
・調査方法:「Re就活」にアクセスしたサイト来訪者に、アンケートのポップアップを表示
・調査期間:2021年4月30日~2021年5月10日
・有効回答数:427名

■「Re就活」とは
4~7年の社会人経験を積んだヤングキャリア、既卒・第二新卒をメインターゲットにした、日本で唯一の[20代専門]転職サイト。登録会員150万名のうち92.5%が20代です。20代が求めるOne to Oneコミュニケーションを実現する「スカウトメール」機能で、20代の若手人材を求める優良企業と、意欲の高い若手人材のマッチングをサポートします。

「20代が選ぶ、20代のための転職サイトNo.1(東京商工リサーチ:2020年2月)」「20代会員比率No.1(楽天リサーチ:2016年7月)」を獲得しており、「Re就活の転職博」と併せて4冠を達成。両サービスの累計参画社数は約20,000社です。
https://service.gakujo.ne.jp/midcareer/rekatsu

■株式会社学情とは
東証一部上場・経団連加盟企業。法人株主として朝日新聞社・大手金融機関が資本出資。17年前から、「20代通年採用」を提唱。会員数40万名の、ダイレクトリクルーティングサイト会員数No.1の「就職情報サイト〈あさがくナビ(朝日学情ナビ)〉」や、会員数150万名の「20代専門転職サイトNo.1の〈Re就活〉」を軸に、業界で唯一20代の採用をトータルにサポートする大手総合就職・転職情報会社です。

また1984年に日本で初めて「合同企業セミナー〈就職博〉」を開催して以降、合同企業セミナーのトップランナーとして、年間延べ来場学生20万名以上の日本最大級の「合同企業セミナー〈就職博〉」や、20代動員数No.1の「20代・30代対象の合同企業セミナー〈転職博〉」を運営。2019年には外国人材の就職・採用支援サービス「Japan Jobs」を立ち上げるなど、若手人材の採用に関する多様なサービスを展開しています。

[創業/1976年 資本金/15億円 加盟団体/一般社団法人 日本経済団体連合会 、 公益社団法人 全国求人情報協会/日本就職情報出版懇話会 代表幹事会社]
https://company.gakujo.ne.jp
※以下、メディア関係者限定の特記情報です。個人のSNS等での情報公開はご遠慮ください。
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. 株式会社学情 >
  3. 【20代意識調査】希望の通勤時間は「15分~30分」が32.1%で最多。テレワーク経験者のほうが、「通勤時間を短くしたい」傾向。テレワークを経験した20代の49.0%が「都心に住みたい」と回答。