動物病院の会計業務をセルフ化し、非接触・非対面で受付の効率化を実現!動物病院向け自動精算機『FIT-A』提供開始

~経営管理基幹システム『Ahmics V4 Advance』を連携~

 株式会社USEN-NEXT HOLDINGS(本社:東京都品川区、代表取締役社長 CEO:宇野 康秀)のグループ会社である株式会社アルメックス(本社:東京都品川区、代表取締役社長:馬淵 将平、以下、アルメックス)とペットコミュニケーションズ株式会社(本社:大阪府大阪市中央区、代表取締役社長:南埜 紀雄、以下、ペットコミュニケーションズ)は、経営管理基幹システム『Ahmics V4 Advance(アーミックス V4 アドバンス)』と連携した自動精算機『FIT-A(フィット エー)』の提供を本日9月27日より開始しました。『FIT-A』は、動物病院における会計業務の効率化や窓口混雑緩和を目的に両社で共同開発を行い、動物病院向けにカスタマイズした自動精算機です。
 本製品の開発にあたり、2022年7月よりダクタリ動物病院 京都医療センター(所在地:京都府京都市)で製品の操作性確認を目的に実証実験を行いました。

 昨今、動物病院において、慢性的な人材不足によりスタッフの業務負担が大きいことが課題となっています。また、コロナ禍が長引くなか、非接触・非対面対応や院内混雑緩和対策が求められています。
 そこで今回、両社は動物病院向けにキャッシュレス対応の自動精算機『FIT-A』を共同で開発することとなりました。すでに大学病院やクリニックでは自動精算機の普及が進んでいますが、今後は動物病院においても同様に、キャッシュレス需要の観点からも自動精算機の導入および活用の拡大が期待できます。
『FIT-A』サービスサイト:
https://www.almex.jp/mcs/products/animal-fit-a.html
 

『AhmicsV4』サービスサイト:
https://www.ahmics.com/service/ahmics-v4/index.html
 
  • 病院業界トップシェアのアルメックスと動物病院業界の第一線を走るペットコミュニケーションズが共同開発へ
 アルメックスは50年以上の歴史の中で大学病院などの大規模病院を中心に20年以上にわたり、医療機関へ自動精算機を提供し続けてきました。業界ではパイオニアとして No.1※のシェアを誇り、常にお客さまに寄り添い、お客さまのニーズや課題に応じたカスタマイズ対応力と万全な保守・サポート体制を強みに病院のDX化に貢献してきました。
 近年ではクリニックや調剤薬局向けにスリムな小型自動精算機『FIT-A』を展開しております。このたび、他の医療施設と同様の課題を抱える動物病院様に向けて、業界で高い実績のある『Ahmics V4 Advance』と連携した新たな『FIT-A』をペットコミュニケーションズと共同で開発しました。従来の自動精算機に比べ、薄型で省スペース化を実現し、フルキャッシュレス対応によりスムーズな会計が可能となります。
※アルメックス調べ(2022年現在)
  
 ペットコミュニケーションズは、動物病院向けに経営管理基幹システム『Ahmics V4 Advance』を提供しています。動物病院の「受付の効率化」「待ち時間の低減」と合わせ、顧客フォローにつながる「DM管理」、経営支援につながる「会計処理」、ペーパーレス管理まで可能な「電子カルテ」までトータルで管理可能なシステムです。また、複数病院間でのデータベース一元化による情報共有、より的確な診療説明や理解が可能となる診療履歴管理、画像管理など、動物病院自身の顧客満足向上と医療技術力の向上をICT活用により実現します。
 現在、飼育動物診療施設数(小動物、その他)は、12,000施設以上※となっておりますが、大手施設を中心に1,000施設以上に提供し、動物病院のニーズに対応しながら進化を続けています。動物病院のニーズを取り入れながら年々進化を続けるベストセラーパッケージソフトです。
※農林水産省「飼育動物診療施設の開設届出状況(診療施設数)」:
https://www.maff.go.jp/j/tokei/kouhyou/animal/(2022年3月3日公表時点)

  •  『Ahmics V4 Advance』とのシステム連携で動物病院の窓口スタッフの業務効率化や院内混雑緩和を実現
 『FIT-A』の提供を通じて、窓口スタッフの業務効率化を実現します。会計のセルフ化によりスタッフの業務負担軽減および非接触・非対面対応を可能にするとともに、飼い主さまやペット達のストレスも軽減され院内混雑緩和にも繋がります。
 ユーザ ID 番号の読み取りをトリガーに『Ahmics V4 Advance』とシステム連携することで、請求金額データの送受信が可能になります。支払方法も多種多様で、現金以外のキャッシュレス決済(クレジットカード決済、QR 決済、電子マネー決済)を利用いただけます。
 また 2022年7月25日より実証実験を行い、ダクタリ動物病院 京都医療センターで『FIT-A』を先行導入中です。本自動精算機によるセルフ会計をお試しいただき、従来と比較した会計業務のスピード化に関する計測を行います。
 
  • ダクタリ動物病院 京都医療センターとは
 「皆様と動物たちとの生活を一生涯守る」ために、医療だけでなく、予防や栄養サポート、しつけ教室、トリミング、ホテル、ペット同伴可能なレストランなど、ペットライフにまつわる幅広いサービスを提供しています。

ダクタリ動物病院 京都医療センター 総務部長 北村 尚史氏 コメント
 
『FIT-A』の導入により、圧倒的に省力化に繋がっています。これまで精算対応にかけていた時間を飼い主さまやペットと向き合う時間に費やすことができました。また、スタッフの締め作業が楽になり、売り上げ金額の差異も無くなりました。
 今後も、ペットコミュニケーションズとの連携に期待しています。

<病院での設置画像>

病院概要
病院名:ダクタリ動物病院 京都医療センター
所在地:京都市西京区御陵塚ノ越町 20-9
代表者:森 尚志
設立:1988年4月
診療動物:犬、猫、ウサギ、フェレット、プレーリードッグ、ハムスター、リス、カメ、ブタなど
年間診察件数:約52,000件
Web サイト:
https://www.daktari.info

<『FIT-A』の会計フロー>

 今後、両社は『FIT-A』の全国展開を目指します。また、動物病院の業務効率化によりホスピタリティに十分な時間を充てられるよう、今後も動物病院のDX化を支援してまいります。
 
  • 『FIT-A』の概要

 

製品名称:FIT-A(フィット エー)
筐体寸法:W650mm×D350mm×H1,503mm
カラー:ブルー、ピンク、オレンジ、ブラック、グリーン(計5色)

<特長>
・省スペースに対応した薄型・スリム化を実現
・使いやすいタッチパネル操作で、どなたでも簡単に非接触・非対面によるセルフ会計が可能
・キャッシュレス決済対応(クレジットカード決済、QR 決済、電子マネー決済)
 
  • 『Ahmics V4 Advance』の概要

 

 ペットコミュニケーションズが2001年より提供し1,000 施設以上に導入実績のある、動物病院向け顧客管理、電子カルテを基本機能とした、獣医療・ペット関連事業者向けの経営管理基幹システムです。
 『AhmicsV4』を、オンプレミス・クラウドどちらでも同等の機能が稼働するマルチ基盤システムとして機能強化した最新版ソフトです。障害発生時の相互のバックアップ対応も可能な仕組みです。
 
  • アルメックス 会社概要
会社名:株式会社アルメックス
所在地:東京都品川区上大崎三丁目1番1号 目黒セントラルスクエア
代表者:代表取締役社長 馬淵 将平
設立:1966年6月
コーポレートサイト:
https://almex.jp
 
  • ペットコミュニケーションズ 会社概要
会社名:ペットコミュニケーションズ株式会社
所在地:大阪府大阪市中央区瓦町 1-6-10 JP ビル 3F
代表者:代表取締役社長 南埜 紀雄
設立:2001年7月
コーポレートサイト:
https://www.ahmics.com/
※以下、メディア関係者限定の特記情報です。個人のSNS等での情報公開はご遠慮ください。
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. 株式会社 USEN-NEXT HOLDINGS >
  3. 動物病院の会計業務をセルフ化し、非接触・非対面で受付の効率化を実現!動物病院向け自動精算機『FIT-A』提供開始