もっと早く知りたかった!永久保存級「野菜の取扱説明書」『野菜が長持ち&使い切るコツ、教えます!』

食材が長持ちする保存法と、旬や栄養もわかるレシピ本!

おいしい92レシピ

「日本では、毎日たくさんの食べ物が捨てられています。食材別で見てみると、いちばん廃棄されているのが野菜です。
 この本では野菜に特化し、鮮度をキープして長持ちさせる保存法と、傷む前においしく使い切れるレシピを紹介します。
 さらに、野菜の栄養は皮や種の周りなど、今まで捨てていた部分にもたっぷり含まれていますので、栄養についても詳しく解説
しています。
 この本が、みなさんの食生活を豊かにし、食べ物を大切にする心を育む一助になればうれしいです」
(本書「著者からのメッセージ」より)

  まだ食べられるのに捨てられてしまう食品=フードロス。2019年10月には「食品ロス削減推進法」が施行されました。フードロスの約半数近くは家庭から出ており、その額はひとり年間2万円以上という試算もあります。今後、ますます関心が高まっていくフードロス問題を、料理研究家であり食品ロス削減アドバイザーの著者が、見事なアイデアで解決! 家庭でよく使う野菜をはじめ、卵・乳製品、大豆加工品も含めた食材をピックアップして、驚くほど長持ちする保存法を紹介します。
 

↑各食材の写真とともに、①旬 ②選び方 ③主な栄養成分 ④解説 ⑤保存法 ⑥冷凍の場合 ⑦ミニレシピ ⑧コラムを掲載。

 これさえあれば、選び方、作り方、保存の仕方、すべて万全! 著者オススメの「おいしく野菜を使い切れる」レシピや、「捨てちゃう部分でもう1品」レシピも必見です! コラムでは、著者の冷蔵庫を公開します。

「個人的には、大葉とブロッコリーの保存法に驚きつつ、しかも本当にみずみずしく冷蔵庫で保てたので感動しました。また、これまで面倒でなんとなく買わなかった野菜(ピーマン1袋、しし唐、白菜丸ごとetc.)にもトライできたので、食人生の幅が広がったと、ひそかに喜んでいます」(担当編集)

 家庭に1冊置いておきたい永久保存級「野菜の取扱説明書」!!
 

〈目次〉
1章 葉野菜・発芽野菜
2章 実野菜
3章 根菜、きのこ類
4章 薬味、香味野菜
5章 大豆加工品&卵・乳製品
6章 どっさり野菜レシピ

 

『食品ロスをなくして節約!
野菜が長持ち&使い切るコツ、教えます!』
著/島本美由紀
定価:本体1200円+税
判型/頁:A5判/112頁
ISBN978-4-09-310653-5
小学館より発売中(6/8発売)
本書の紹介ページはこちらです↓
https://www.shogakukan.co.jp/books/09310653


【著者プロフィール】
島本美由紀(しまもと・みゆき)
料理研究家・ラク家事アドバイザー・食品ロス削減アドバイザー。実用的で手軽に作れる料理レシピの考案はもちろん、エコの視点から食品保存&冷蔵庫収納のアイデアも提案。雑誌やTVなどのメディア、講演会を中心に活躍し、『もっと野菜を!生のままベジ冷凍』など著書は60冊を超える。

  1. プレスリリース >
  2. 株式会社小学館 >
  3. もっと早く知りたかった!永久保存級「野菜の取扱説明書」『野菜が長持ち&使い切るコツ、教えます!』