レーザー光の向きを自在にコントロールするガルバノスキャナー新製品を発売 レーザー加工の精度が大幅に向上

キヤノンは、レーザー加工装置におけるレーザー光の向きを自在にコントロールするガルバノスキャナーの新製品として、ガルバノスキャナーモーターGM-2000シリーズ“GM-2010/GM-2015/GM-2020”の3機種を2022年1月13日に発売します。

GM-2000シリーズ*ミラー(別売り)装着時GM-2000シリーズ*ミラー(別売り)装着時

GM-2000シリーズ装着時の レーザー光照射イメージGM-2000シリーズ装着時の レーザー光照射イメージ

加工例イメージ加工例イメージ

ガルバノスキャナーは、先端に取り付けたミラーでレーザー光の進む方向をコントロールし、レーザー光を狙った位置に照射するための装置です。3Dプリンターやレーザー溶接機、レーザーマーキング装置などに搭載されています。スマートフォンタッチパネルやFPD(フラットパネルディスプレイ)製造のレーザー加工、自動車・電池部品のレーザー溶接加工の高精細化にともなって、ガルバノスキャナーの高精度化ニーズが高まっています。GM-2000シリーズは、搭載するミラー(別売り)の大きさに合わせて3種類をラインアップしています。自社開発の新光学式エンコーダー(※1)を搭載したことにより、従来機種GM-1000シリーズ(2008年発売)に比べ、位置決め精度が向上し、より高精度なレーザー加工を実現します。

■ 自社開発の新光学式エンコーダー搭載により位置決め精度が向上
自社開発の新光学式エンコーダーを搭載したことにより、従来機種と比べ、“GM-2010/GM-2020”は約8.8倍(※2)、“GM-2015”は約5.8倍(※2)の分解能(※3)でモーター軸の回転角度を検出、制御することができます。これによりレーザー走査の精度や安定性が向上し、直線加工のずれ幅を従来機種に比べ大幅に抑制できることで、より精度の高いレーザー加工が可能となります。また、従来機種同様、光学式エンコーダーとデジタルサーボ技術により、温度変化に伴う加工位置の変化がアナログ式製品と比べ圧倒的に小さく、安定した生産に寄与します。

■ 従来機種と共通の高いユーザビリティー
すでにミラーやマウントブロック(別売り)を導入済みのユーザーは、従来機種と外寸が同じため、そのまま使用できます。また、ドライバーとドライバーに同梱しているソフトウエアや、コントローラーなどのすでに発売している別売り機器にも対応しているため、新製品とこれらの別売り機器をユーザーニーズに合わせて組み合わせ、ガルバノスキャナーシステムとして提供可能です。

※1  モーター軸の回転角度(位置)を検出するセンサー。
※2  “GM-2010/GM-2020”は「GM-1010/GM-1020」と比較。“GM-2015”は「GM-1015」と比較。
※3  測定対象となる信号(角度)をどの程度細かく検出できるかを示す能力のこと。
※以下、メディア関係者限定の特記情報です。個人のSNS等での情報公開はご遠慮ください。
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. キヤノン株式会社 >
  3. レーザー光の向きを自在にコントロールするガルバノスキャナー新製品を発売 レーザー加工の精度が大幅に向上