プレスリリース・ニュースリリース配信サービスのPR TIMES
  • Top
  • テクノロジー
  • モバイル
  • アプリ
  • エンタメ
  • ビューティー
  • ファッション
  • ライフスタイル
  • ビジネス
  • グルメ
  • スポーツ

PR TIMESのご利用について

資料をダウンロード

クルーズ株式会社
会社概要

<総勢1,000人にアンケート>「旅行に対して抵抗を感じている」と回答した人は9割以上もいることが判明!

「ランク王」がコロナ禍の旅行に対する意識調査を実施

CROOZ

クルーズ株式会社(本社:東京都品川区、代表取締役社長:小渕 宏二)の100%子会社であるランク王株式会社(本社:東京都渋谷区、代表取締役社長:山下 主暉)が提供するメディア事業『ランク王』は、「新型コロナウイルス影響下における、旅行に対する意識調査」を実施しました。
ランク王株式会社


クルーズ株式会社(本社:東京都品川区、代表取締役社長:小渕 宏二)の100%子会社であるランク王株式会社(本社:東京都渋谷区、代表取締役社長:山下 主暉)が提供するメディア事業『ランク王』は、「新型コロナウイルス影響下における、旅行に対する意識調査」を実施しました。

【調査結果のポイント】
本調査では10代から60代まで、男女問わず1,000人に対して『新型コロナウイルスの影響下における、旅行に対する意識調査』のアンケートを実施しました。新型コロナウイルスの感染拡大が続き、例年通りの生活を送れないことが多い中、人々の旅行事情はどうなっているのでしょうか。今回ランク王では、アンケートを通して旅行に対する人々の実際の声を浮き彫りにしました。調査の中で、「旅行に出かけることに抵抗を感じる」と回答した人は9割にも上ることが判明しました。しかし、その中の3割は「抵抗は感じつつも旅行に行きたい」と考えていることが判明し、多くの人が旅行への熱を抱えていることが明らかになりました。また、旅行といえば観光名所を巡ることや気分転換をすることが醍醐味とされていますが、現在、コロナ禍の旅行先に求めることとしては「感染予防が徹底されているか」が最重視されていることが分かりました。

【本調査の背景】
9月27日は世界観光機関によって定められた「世界観光の日」でした。この記念日は、国際社会における観光への意識を高めることを目的としています。ですが、近頃は新型コロナウイルスの影響から、好きな場所に簡単に遊びに出かけられないのが現状です。旅行といえば気分のリフレッシュに最適ですが、このような状況下では「旅行先を十分に楽しめない…」と考える人も多いでしょう。そこで今回ランク王ではコロナ禍における旅行に対してのイメージを調査し、人々の旅行に対する考えを明らかにしました。さらに、新型コロナウイルスの感染拡大が落ち着いたら行きたい場所をアンケート結果からランキング形式でまとめました。

■調査1 「新型コロナウイルスへ感染するリスクなどから、旅行に出かけることに抵抗を感じますか?」

 

 

 

調査1のポイント
調査1の結果、「旅行に抵抗を感じている」と答えた人は9割以上に上ることが判明しました。しかし、その中の3割は抵抗は感じるものの「旅行には行きたい」と回答しました。また、1割以下の人は「特に気にしていない」と回答しており、新型コロナウイルスへ感染する可能性はあったとしても、旅行という非日常感を楽しんで気分転換をしたいと考えている人が多くいることが判明しました。

 

■調査2 「コロナ禍の旅行先で1番求めることはなんですか?」

 

調査2のポイント
調査1では旅行に抵抗を感じている人が9割に上ることが判明し、その内6割は「旅行は自粛している」と回答しており、残りの3割の人々は、抵抗はありつつも「旅行に行きたい」と回答しました。では、実際、人々はコロナ禍の旅行先に対して何を1番求めているのでしょうか。アンケートの結果、『感染予防が徹底されているかどうか』が最重視されていることが分かりました。その他には、リフレッシュできるかどうかという精神面的なもの、そして旅費をどのくらい抑えられるかという経済面的なものが続きました。旅行の醍醐味と言えばその土地の観光名所を巡ることなどが挙げられますが、コロナ禍の旅行先において1番求められているのは「衛生面」であることが判明しました。

 

■調査3 「新型コロナウイルスが落ち着いたら、最初に遊びに行きたいのは国内と国外のどっちですか?」

 

調査3のポイント
新型コロナウイルスの影響でなかなか出かけることができない中、この状況が落ち着いた後、人々が最初に行きたいのは国内と国外のどちらなのでしょうか。今回のアンケート調査の結果、約9割の人が「国内を旅行したい」と考えていることが判明しました。いま現在もGo To トラベルキャンペーンなどで、国内での旅行が推奨されていますが、感染が収束した後、国内の観光業が以前にも増して活発になることが見込まれます。

 

■調査4 「新型コロナウイルスが落ち着いたら、国内で1番行きたい都道府県を教えてください。」
■調査5 「新型コロナウイルスが落ち着いたら、海外で1番行きたい国を教えてください。」

 

調査4のポイント
調査3で約9割の人が「国内旅行をしたい」と考えていることが判明したことを受け、調査4では実際に国内のどこが旅行スポットとして人気なのか、都道府県単位で質問をしました。その結果、1位と2位は最北端の北海道と、最南端の沖縄県ということになりました。国内でありながら、その地形や気候などから非日常感を存分に楽しむことができる2ヶ所が上位にランクインしました。また、例年外国人観光客で賑わう京都府が3位、日本の中心である東京が4位、ディズニーランドなどで有名な千葉県が5位という結果になりました。
 
調査5に関するポイント
調査4とは対照的に、調査3で「国外旅行をしたい」と回答した約1割の人に対して、国単位でどこに1番行きたいのかを質問した結果、アメリカが1位ということになりました。アメリカの中でも特にハワイは観光スポットとしての人気が高く、リゾート地で癒されたいという人々の考えが垣間見える結果となりました。続いて、日本から近場の韓国や台湾が続き、4位と5位にはイギリスとフランスのヨーロッパ2カ国がランクインしました。国外旅行に行きたいと回答した人の中でも、日本から比較的行きやすい国を想像している人、少し時間がかかる国を想像している人の二手に分かれていることが判明しました。


【本調査の詳細】

本調査の詳細は、下記リンクにてもご紹介しております。
URL: https://rank-king.jp/article/4971

【データの引用について】
本調査結果はウェブページ等で引用していただいて問題ございません。
その際、必ずこちらのリンクを出典として付記していただきますようお願い申し上げます。

ウェブページ以外での引用の際は、お手数ですが弊社へ直接お問い合わせください。
また、より詳しいアンケート結果をお求めの方は、使途を明記の上、弊社へご連絡ください。

担当 : ランク王株式会社 ランク王事業部 PR担当 澤村宛
連絡先 : info@rank-king.co.jp

【アンケート回答者属性】
  • 性別:男性30.6%、女性69.4%
  • 年代:10代以下1.2%、20代25.4%、30代38.5%、40代24.3%、50代8.2%、60代以降2.4%


【調査概要に関する詳細】
 ● 調査日程 : 2020年9月9日 〜 2020年9月11日
 ● 調査方法 : インターネット
 ● 調査人数 : 1,000名

■『ランク王』 について
『ランク王』は、買い物に必要な情報を徹底的に調査して分かりやすくまとめるウェブサービスです。独自の商品データベースと口コミ検証、世の中ランキングによってあなたにぴったりなモノを提案し、楽しく簡単なショッピングライフのサポートをします。
URL:https://rank-king.jp/ 

■ランク王株式会社について
ランク王株式会社は、「情報爆発時代に人々が幸せを実現できる消費選択のプラットフォームを創る」ことをミッションに、“買うを楽しく簡単に”するサービス『ランク王』などを提供する会社です。
URL:https://rank-king.co.jp/ 


≪会社概要≫

社 名 : ランク王株式会社
所 在 地 : 東京都渋谷区神泉町10-10 VORT渋谷神泉2F-A

設 立 : 2019年9月2日

資 本 金 : 1,800万円
事業内容 : 「ランク王」等の企画、開発、運営

このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります

メディアユーザーログイン既に登録済みの方はこちら
メディアユーザー新規登録無料

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。※内容はプレスリリースにより異なります。

すべての画像


種類
調査レポート
位置情報
東京都世田谷区本社・支社
関連リンク
https://rank-king.jp/
ダウンロード
プレスリリース素材

このプレスリリース内で使われている画像ファイルがダウンロードできます

会社概要

クルーズ株式会社

33フォロワー

RSS
URL
http://crooz.co.jp/
業種
情報通信
本社所在地
東京都渋谷区恵比寿4丁目3番14号 恵比寿SSビル
電話番号
03-6387-3622
代表者名
小渕宏二
上場
東証スタンダード
資本金
4億6016万円
設立
2001年05月
トレンド情報をイチ早くお届けPR TIMESを友達に追加PR TIMESのご利用について資料をダウンロード