パリで紡がれた400年の物語。その続きを東京で味わう、人間国宝シェフによる記念メニュー

トゥールダルジャン 東京 開業35周年記念 ランチ&ディナーコース

 

フランス料理「トゥールダルジャン 東京」
開業35周年記念コース『TIMELESS TRADITION, FOREVER NEW 35th ANNIVERSARY』
ランチ   10月10日(木)~11月17日(日) ※木・金・土・日曜日限定
ディナー  10月3日(木)~11月27日(水)

http://www.tourdargent.jp/

 ホテルニューオータニ(東京)のフランス料理「トゥールダルジャン 東京」では、開業35周年を記念したコースメニューを提供いたします。400年の歴史を紡いできたパリの伝統と、その世界唯一の支店として積み重ねてきた“新たな挑戦”をテーマに、日本の人間国宝にあたるM.O.F.(フランス国家最優秀職人章)を受賞したシェフ、ルノー・オージエが手掛ける記念すべきコースをお愉しみください。

■パリで400年間紡がれてきた物語。その次なる1ページを東京で

ブルボン王朝のシンボリックな濃紺に彩られたエントランスに、"三皇帝の晩餐"として語り継がれる歴史的食卓のディスプレイが座すエントランスホール、ルイ15世のロココ時代を表現した優美なダイニングルーム…。
トゥールダルジャン 東京は1984年の開業以来、フランス・パリで400年の歴史を誇るグランメゾンの世界唯一の支店として、伝統を継承と革新に挑戦し、時を超えてフランスのエスプリである「アール・ドゥ・ヴィーヴル」(美的生活)をお伝えするべく、フランスと日本の食文化の架け橋として歩んで参りました。

日々重ねてきた“新しい挑戦”も時代を経て、いつの日か価値ある“伝統”になるように。そんな想いを込めて、『TIMELESS TRADITION, FOREVER NEW   35th ANNIVERSARY』と題した35周年アニバーサリーメニューをご用意いたしました。

■人間国宝級!M.O.F.受章シェフ ルノー・オージエが手掛ける美食の世界 

“フランス版人間国宝”にも例えられるほどの称号といわれ、フランス料理界最高の栄誉として知られるM.O.F(Meilleur Ouvrier de Franceの略:フランス国家最優秀職人章)を受賞したトゥールダルジャン 東京のエグゼクティブシェフ、ルノー・オージエ。日本在住のシェフがM.O.F.に選ばれたのは実に37年ぶりの事であり、今世紀初の快挙となります。トゥールダルジャン 東京の開業35周年という記念すべき年に贈る、ルノー・オージエの世界をお愉しみください。

SAINT-PIERRE
meunière à la Joinville, cromesquis de moules à la Villeroy et céleri rave aux câpres
的鯛のジョワンヴィル風 根セロリとムール貝のクロメスキ
(¥9,000コースランチより)

フランスでもよく使われる的鯛を香ばしくムニエルにし、甲殻類のエッセンスを加えたクリーミーなソースで召し上がっていただきます。ムール貝のクロメスキを添えて。

CORNETTE ROUGE
bavarois de carotte orange, éclats de gelée de grenade et coulis jaune acidulé
ヤガラのショーフロワ
キャロットのバヴァロアとザクロのジュレ
(¥15,000コースランチより) 

秋から冬にかけて旬を迎えるヤガラをショーフロワ仕立て(加熱したものを冷やして供する伝統料理)にし、キャロットの甘味が楽しめるバヴァロアと黄キャロットのムースを添えて。

CANETON MARCO POLO
sauce au jus de canard et crème aux harmonies de mutiple poivres
幼鴨のロースト マルコポーロ
(¥22,000コースランチより)

4種の胡椒が織りなす絶品のソースで楽しむトゥールダルジャンのシグネチャーメニュー。

FOIE GRAS ET PIGEON RAMIER
en pressé, chutney de poires au vin jaune et crémeux de Mont-Blanc
フォアグラとピジョンのプレッセ 洋梨のチャツネとモンブランムース
 (¥18,000コースディナーより)

フォアグラとピジョンとをパイ包み焼にした冷前菜。洋梨をヴァンジョーヌ(フランスのジュラ地方独特の黄色みの強いワイン)の香りを付けたチャツネと、クリーミーなマロンのムースを添えて。

CANETON
fumé aux sarments de vigne, salsifis braisés au jus de viande et sauce aux raisins
幼鴨の燻煙仕立て 西洋ゴボウのブレゼと葡萄のソース   
(¥25,000コースディナーより)

幼鴨をローストし、葡萄の枝で燻煙仕立てにしました。大地の香りを連想させる西洋ゴボウのブレゼ(蒸し煮)とほのかな酸味が楽しめる葡萄のソースで召し上がっていただきます。

 CHOCOLAT ALPACO
pur Équateur en ganache perlé, citron au composition et glace au caramel salée
アルパコチョコレートのガナッシュ リース仕立て 塩キャラメルアイスクリーム添え
(¥25,000コースディナーより)

“アルパコ“と呼ばれるカカオ66%のエクアドル産ダークチョコレートを使って、上品な苦みとウッディー且つ、フローラルな香りが交差し、レモンの酸味との絶妙なハーモニーに。塩味を効かせたコクのあるキャラメルアイスクリームを添えました。

FOIE GRAS
des Trois Empereurs et sa brioche au beurre salé
トゥールダルジャン特製 フォアグラ三皇帝風
  (¥32,000コースメニューより)

トゥールダルジャンのシグネチャーメニューのひとつ。このコースはトゥールダルジャンの伝統的な料理を中心にお楽しみいただきます。

 


■ 『TIMELESS TRADITION, FOREVER NEW   35th ANNIVERSARY』概要
期間:
 ランチ   10月10日(木)~11月17日(日) ※木・金・土・日曜日限定
 ディナー  10月3日(木)~11月27日(水)
時間:
 ランチ   12:00~13:30(最終ご入店時間)
 ディナー  17:30~20:30(最終ご入店時間)
料金:
 ランチ    9,000円、15,000円、22,000円
 ディナー  18,000円、25,000円、32,000円  
 ※いずれもお飲物、税金、サービス料別
 ※ランチはシャンパーニュとワインはバイザグラスでも、お楽しみいただけます。
ご予約・お問合せ:Tel: 03-3239-3111  トゥールダルジャン 東京 直通

■35周年を記念した、当日限りの特別なパーティも開催

 

10/5(土)『トゥールダルジャン 東京 開業35周年記念ガラパーティー』
http://tourdargent.jp/news/event/2155

トゥールダルジャン35周年を記念した特別限定ラベルのオリジナルシャンパーニュ・ジェロボアム(3000mℓ)を幕開けに、今や大変希少なクリュッグ・ヴィンテージ1996年のマグナムやソーテルヌの最高峰であるシャトー・ディケム1996年のマグナム、そしてメインには長きに亘りセラーで熟成され、今最高の熟成を迎えつつある5大シャトーの一つ、シャトー・ラトゥール1988年のマグナムも登場いたします。
日程 : 2019年10月5日(土)
時間 : レセプション 18:30~  ディナー 19:00~
料金 : 1名さま ¥100,000(お料理、お飲物、サービス料、税金共)※ご予約は2名様より
ドレスコード: ブラックタイ
ご予約: 専用ダイヤル:Tel.03-3265-2258(10:00~22:00※月曜日のみ10:00~17:30)


10/6(日)トゥールダルジャン 東京 開業35周年記念特別ランチ
http://tourdargent.jp/news/event/2156

エグゼクティブシェフ ルノー・オージエの美味と共にトゥールダルジャン35周年を記念した特別限定ラベルのオリジナルシャンパーニュや、赤ワインはヴォーヌ ロマネ クロ デ レア2009年ミッシェル グロ特別限定ラベルのマグナムをお楽しみいただけます。 ダイニングルームから望む美しい庭園の眺めを楽しみながら、優雅な昼下がりの ひとときを。
日程 : 2019年10月6日(日)
時間 : 12:00~13:30(最終ご入店時間)
料金 : 1名さま ¥35,000
(お料理、お飲物(シャンパーニュ・白ワイン・赤ワインを各1杯)、サービス料、税金共)※ご予約は2名様より
ドレスコード: 男性はジャケット着用
ご予約: 専用ダイヤル:Tel.03-3265-2258(10:00~22:00※月曜日のみ10:00~17:30)
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. 株式会社ニュー・オータニ >
  3. パリで紡がれた400年の物語。その続きを東京で味わう、人間国宝シェフによる記念メニュー