【オキナワ マリオット リゾート & スパ】SDGs取り組み 「桜の保護・育成を目的としたプロジェクト」に参加いたします。

グローバルブランドリゾート・オキナワ マリオット リゾート & スパ(沖縄県名護市喜瀬1490-1 総支配人:荒木昌志 )では、SDGsが目指す「陸の豊かさも守ろう」のゴールを目的として、 株式会社FMやんばる主催「沖縄県名護市の桜の保護・育成を目的としたプロジェクト(桜の植樹)」に参加いたします。

 

私共ホテルが取り組むべき責任として、 SDGsの目標の一つである「陸の豊かさも守ろう」に同意しております。
その取り組みのひとつとして、 株式会社FMやんばる主催の「桜の保護・育成を目的としたチャリティー活動」に協賛し、 3月に実施する桜の植樹に参加いたします。
また、毎年参加しています名護さくら祭りの氷彫刻大会に、今年もホテルペストリースタッフが出場し、さくら祭りを一緒に盛り上げていきます。

【桜の保護・育成を目的としたプロジェクトとは】
専門家によると沖縄県名護市の桜は高齢で衰弱しており、いつ枯れてもおかしくないとのこと。そこで、さくらを未来へ残し、日本一早いさくら祭りを継続していく為に、桜の保護・育成を目的としたプロジェクトです。

詳細はこちらから⇒https://www.okinawa-marriott.com/news/detail.php?id=264


沖縄県名護市(恩納村)にあるグローバルブランドのリゾートホテル、オキナワ マリオット リゾート& スパ。

県内最大級の広さを誇るプールと、全室オーシャンビューの広い客室で、南国ステイを満喫。

オキナワマリオットリゾート&スパは株式会社ホテルマネージメントジャパンのグループホテルです。

このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. 株式会社ホテルマネージメントジャパン >
  3. 【オキナワ マリオット リゾート & スパ】SDGs取り組み 「桜の保護・育成を目的としたプロジェクト」に参加いたします。