【緊急開催!ライブ配信セミナー】廃プラスチック問題の現状と解決のための最新技術 7月17日(金)開催 主催:(株)シーエムシー・リサーチ

本セミナーは、対面セミナーと当日ビデオ会議ツール「Zoom」を使ったウェビナー(ライブ配信セミナー)との併催の予定ですが、状況によってウェビナーのみに変更予定です。ご了承ください。

先端技術情報や市場情報を提供している(株)シーエムシー・リサーチ(千代田区神田錦町: https://cmcre.com/ )では、 各種材料・化学品などの市場動向・技術動向のセミナーや書籍発行を行っておりますが、 このたび「廃プラスチック問題の現状と解決のための最新技術」と題するセミナーを、 講師に加茂 徹 氏、室井 高城 氏、森 豊 氏をお迎えし、2020年7月17日(金)10:30より、 ZOOMを利用したライブ配信で開催いたします。 受講料は、 一般:46,000円(+税)、 弊社メルマガ会員:41,000円(+税)、 アカデミック価格は24,000円となっております(資料付)。
セミナーの詳細とお申し込みは、 弊社の以下URLをご覧ください!
https://cmcre.com/archives/60598/
質疑応答の時間もございますので、 是非奮ってご参加ください。
廃プラスチック処理が大きな問題となっている。廃プラの一部は資源として中国を中心に輸出されてきたが、環境問題などから中国での受け入れが中止され、行き場を失った廃プラは東南アジアに向かう一方で、国内での処理の必要も増加しています。
当該セミナーでは廃プラスチック処理・リサイクルの現状を正しく理解したうえで、廃プラスチックの利用の可能性を探っていきたい。
プラスチックリサイクルの基礎~最新動向に関しては、長年プラスチックリサイクルの研究に携わっておられる産業技術総合研究所の加茂徹先生にお話いただきます。ケミカルリサイクルに関連する最新の技術に関しては、触媒の観点から室井先生に海外の先行技術を含めて現状と展望をお話いただきます。森先生には、エネルギー回収(熱回収や廃棄物発電)の現状と技術、今後の展望をご紹介いただきます。

1)セミナーテーマ及び開催日時 
テーマ:廃プラスチック問題の現状と解決のための最新技術
開催日時:2020年7月17日(金)10:30~16:30
参 加 費:46,000円(+税) ※ 資料付
  * メルマガ登録者は 41,000円(+税)10%OFF!
  * アカデミック価格は 24,000円(+税)
講 師:
加茂 徹 氏
 産業技術総合研究所 環境管理研究部門 資源精製化学研究グループ 招聘研究員

室井 高城 氏
  アイシーラボ 代表

森 豊 氏  森豊技術士事務所;
 博士(工学)、技術士(機械部門)、エネルギー管理士、 早稲田大学 創造理工学部 非常勤講師

【セミナーで得られる知識】
・廃プラスチック問題の現状と、プラスチックリサイクル技術の概要および課題
・廃プラスチックからリサイクル技術により化学品さらにプラスチック合成までの技術の現状と課題を学ぶ。
・廃棄物処理過程における熱エネルギー利用の現状と動向、また排熱利用技術の全容と廃棄物処理への適用について、実例を含めた実践的な知識を習得できる。

※本セミナーは、当日ビデオ会議ツール「Zoom」を使ったライブ配信セミナーとなります。推奨環境は当該ツールをご参照ください。後日、視聴用のURLを別途メールにてご連絡いたします。
★受講中の録音・撮影等は固くお断りいたします。


2)申し込み方法 
シーエムシー・リサーチの当該セミナーサイト
  https://cmcre.com/archives/60598/
からお申し込みください。
折り返し、 視聴用のURLを別途メールにてご連絡いたします。
詳細はURLをご覧ください。

会場で行うセミナーも予定しております。
詳細はこちらから
https://cmcre.com/archives/60573/

3)セミナープログラムの紹介 
講演1.廃プラスチックの現状と最新のリサイクル技術

10:30~12:00
(質疑応答含)

講 師 :加茂 徹 氏
産業技術総合研究所 環境管理研究部門 資源精製化学研究グループ 招聘研究員

【講師略歴】
 東北大学・助手、公害資源研究所・主任研究員、産業技術総合研究所・グループ長、産業技術総合研究所・上級主任研究員、産業技術総合研究所・招聘研究員

【受 賞】
H25・リサイクル技術本多賞、H29・プラスチックリサイクル化学研究会功労賞、他

【講師からひとこと】
プラスチックリサイクルの特徴と技術的課題を分かり易く解説する。

【セミナー概要】
 2017年末に中国が廃プラスチック等の輸入を禁止し、マイクロプラスチックが海洋生態系に深刻な影響を与えている可能性が指摘され、廃プラスチックは世界的な環境問題となっている。本セミナーでは、廃プラスチックの現状や最新のリサイクル技術を解説する。

【講演プログラム】
1. 資源循環の背景
2. プラスチックのリサイクルの特徴
3. マイクロプラスチック
4. プラスチックのリサイクル技術の概要
4.1 マテリアルリサイクル
4.2 ケミカルリサイクル
4.3 エネルギー回収
5. 電気電子機器に使用されているプラスチックのリサイクル
6. バイオプラスチック
7.資源循環の未来

講演2.廃プラスチックから化学品合成技術の最新動向

13:00~14:30
(質疑応答含)

講 師 :室井 高城 氏  アイシーラボ 代表

【講師略歴】
 エヌイー・ケムキャット執行役員 触媒学会副会長 BASFジャパン首席顧問 日本ガス合成執行役員 神奈川大学非常勤講師 EDO技術戦略センター環境・化学ユニット客員フェロー

【受 賞】
触媒学会功績賞

【講師からひとこと】
 欧米では廃プラスチックの液化とガス化によるケミカルリサイクル技術が開発され動き始めた。廃プラの液化/ガス化の技術動向を報告する。

【セミナー概要】
 廃プラスチックのケミカルリサイクルが世界的に注目されている。欧州や北米では, マテリアルリサイクルの困難な廃プラスチックは,熱分解により液化又は, ガス化され, 石化原料として化学品やプラスチックを製造するケミカルリサイクルが始まった。廃プラスチックの実際的な触媒を用いたケミカルリサイクル技術を解説する。

【講演プログラム】
1. マテリアルリサイクル
2. 廃プラスチックの液化
 2.1 燃料の製造
 2.2 ナフサクラッカー原料
 2.3 石油精製原料
3. 廃プラスチックのガス化
4. 合成ガスの利用
 4.1 水素製造
 4.2 メタノール/エタノール合成
 4.3 FT合成による航空燃料の合成
 4.4 CO2の利用
5. 合成ガスから発酵法によるエタノールの合成
6. 廃プラスチックの接触分解
 6.1 パイロライザーによる試験
 6.2 接触分解による芳香族の合成
7. 廃プラ・都市ゴミ利用ビジネスの可能性

講演3. 廃棄物処理における熱利用と発電技術

14:40~16:10
(質疑応答含)

講 師:森 豊 氏  森豊技術士事務所;
博士(工学)、技術士(機械部門)、エネルギー管理士、
早稲田大学 創造理工学部 非常勤講師

【講師略歴】
 早稲田大学 理工学部 機械工学科 卒業。(株)荏原製作所に入社し、気体機械、高効率ゴミ発電及び低温排熱利用発電の開発・設計・商用化を担当。また燃料電池コージェネシステムの開発や商用化を担当。2008年に同社を退社し技術士事務所を開設。熱利用設備、排熱利用発電、水素・燃料電池システムに関した技術コンサルタントを実践。技術士(機械部門)、エネルギー管理士、博士(工学)

【講師からひとこと】
 都市ごみ及び産業廃棄物処理に関係する方々に、今後の熱利用を考えて頂くための参考となることを期待している。

【セミナー概要】
 廃棄物処理は、当初は減容化を目的として行われてきたが、その後、地球環境保全とケミカルエネルギーとしての積極利用という重要な位置付けを有してきた。本セミナーでは後者の視点から、現状と動向及び将来性についてその他産業分野で適用されている熱利用技術を基に考察する。

【講演プログラム】
1. 国内の廃棄物処理の現状
2. 廃棄物処理過程の排熱と利用状況
3. 産業界における熱利用技術の全容
4. 各種熱利用技術の特徴と動向
 4.1 熱から熱を得る技術(熱交換器、吸収式冷凍機、ヒートポンプ等)
 4.2 熱から電気を得る技術(蒸気ランキンサイクル、バイナリーサイクル、熱電素子等)
 4.3 熱及び電気の高効率化技術(コージェネレーション、コンバインドサイクル等)
5. 廃棄物処理に関した熱利用技術選定のポイント

4)セミナー対象者や特典について 
※ 本セミナーは、当日ビデオ会議ツール「Zoom」を使ったライブ配信セミナーとなります。推奨環境は当該ツールをご参照ください。後日、視聴用のURLを別途メールにてご連絡いたします。 
★ 受講中の録音・撮影等は固くお断りいたします。

【セミナー対象者】
・廃プラスチックに関連する技術
・市場に関心のある方全般
・地球温暖化対策に関心のある研究者・技術者、技術企画、経営企画部門の方

☆詳細とお申し込みはこちらから↓
https://cmcre.com/archives/60598/

5)セミナー・ウェビナーのご案内 
(1)容器包装のリサイクル及びプラスチック資源循環の最新動向について
  開催日時:2020年6月30日(火)13:30~16:30
  https://cmcre.com/archives/59844/

(2)量子コンピュータのビジネス応用の潮流
  開催日時:2020年6月30日(火)13:30~16:30
  https://cmcre.com/archives/59470/

(3)金属粉末3Dプリンタとその材料の技術動向 【東京理科大学 施設見学・実演付き】
  開催日時:2020年6月30日(火)10:30~16:30
  https://cmcre.com/archives/57895/

(4)蒸留の基礎・応用と装置簡易設計法
  開催日時:2020年7月1日(水)10:30~16:30
  https://cmcre.com/archives/56683/

(5)ロードマップ作成超入門 ~ ロードマップの誤解をときながら実践を学ぶ ~
  開催日時:2020年7月1日(水)10:30~16:30
  https://cmcre.com/archives/61201/

(6)GFRP&CFRPのリサイクル技術の動向・課題と回収材の用途開発
  開催日時:2020年7月2日(木)10:30~16:30
  https://cmcre.com/archives/57877/

(7)空中ディスプレイ入門 ~ 基本原理から応用事例まで ~
  開催日時:2020年7月3日(金)13:00~16:30
  https://cmcre.com/archives/60520/

(8)これで分かる最新5Gスマートフォンに応用するFPC技術の基礎から応用まで
  開催日時:2020年7月3日(金)10:30~16:30
  https://cmcre.com/archives/59519/

(9)次世代フレキシブル回路基板用変性ポリイミドの分子設計、製造方法、特性評価および問題点
  開催日時:2020年7月6日(月)13:30~16:30
  https://cmcre.com/archives/57214/

(10)接着剤の正しい選び方と使い方ノウハウ ~ 接着の基礎から最新技術まで ~
  開催日時:2020年7月7日(火)10:30~16:30
  https://cmcre.com/archives/57148/

(11)火災事故に学ぶ、LiB電池の安全対策
  開催日時:2020年7月8日(水)13:30~16:30
  https://cmcre.com/archives/59407/

(12)成形体の品質を改善する混練技術
  開催日時:2020年7月8日(水)10:30~16:30
  https://cmcre.com/archives/59892/

☆続々追加中
☆開催予定のセミナー・ウェビナー一覧はこちらから!↓
 https://cmcre.com/archives/category/seminar/seminar_cmc_f/

6)関連書籍のご案内
☆発行書籍の一覧はこちらから↓
 https://cmcre.com/archives/category/cmc_all/
                                                                                                         以上


 
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. CMCリサーチ >
  3. 【緊急開催!ライブ配信セミナー】廃プラスチック問題の現状と解決のための最新技術 7月17日(金)開催 主催:(株)シーエムシー・リサーチ