アダストリアの職業体験プログラムが『浜松市企業のCSR活動表彰』優秀賞を受賞!

外国籍の若者に向けた職業体験プログラムを通じて、異文化共生社会へ貢献

「Play fashion!」をコーポレートスローガンに掲げる株式会社アダストリア(本部:東京都渋谷区渋谷2-21-1、代表取締役 会長兼社長:福田三千男)は、浜松市内の店舗で行った職業体験プログラムにおいて、平成30年度『浜松市企業のCSR活動表彰』で優秀賞(ローカル活動部門)を受賞しました。グローバルワーク浜松志都呂店、グローバルワーク浜松市野店、レピピアルマリオ浜松志都呂店の3店舗では、これまで小中高生の職業体験プログラムを受け入れてきたノウハウを活かし、対象を外国籍の若者まで拡大しました。

当社は、CSRの重点テーマの1つとして『人を輝かせる』を掲げ、職業体験の受け入れなど、次世代を担う子どもたちを対象としたキャリア支援プログラムを継続して実施しております。この職場体験プログラムを、地域の課題解決にもつながる活動にしたいと考えていた際、浜松市には外国籍の方が多く、特に外国籍の若者は、来日する年齢もばらばらであり、キャリア教育の機会が不足しているということを知りました。このプログラムを通じ、参加する生徒には将来設計における選択肢を増やしてもらうこと、そして受け入れる店舗には言語や文化的なバックグラウンドの違う方たちとのコミュニケーション機会を増やすことで、地域社会とのより良い関係を築いていきたいと考えています。この度のプログラムは浜松市およびその近郊に暮らすフィリピン国籍の方たちに対して生活支援等を行っている特定非営利活動法人フィリピノナガイサ様と、浜松市の南米系外国人学校である学校法人ムンド・デ・アレグリア様のご協力の下、実施しました。

■ プログラム概要
事前学習:
①アダストリアと展開ブランドについて調査
②当日のプログラムで使われる専門用語の予習
③社員に聞きたいインタビュー内容の検討

当日プログラム:
①会社やブランドについて学ぶ
会社概要やブランドコンセプトを説明し、実際に店舗にあるマネキンのコーディネートや展開している商品について説明し、どのように売場が構成されているのかを理解します。

②接客基本トレーニング
店舗に立つ際の基本姿勢や美しいお辞儀の仕方、笑顔でのあいさつなど実際に店舗のスタッフが練習している基本トレーニングを体験します。

③スタッフとの接客ロールプレイング
「お客さまにどのように話しかけるのか」、「商品を鏡の前で合わせているお客さまにどのように商品のメリットを伝えるか」という2つテーマを設定し、ロールプレイングを行います。

④インタビュー
仕事のやりがいや大変なこと、なぜこの職業に就いたのか等、働くイメージをもってもらうために生徒からの質問を受けます。

■ アダストリアについて
株式会社アダストリア(代表取締役 会長兼社長:福田三千男)は、「グローバルワーク」「ニコアンド」「ローリーズファーム」など、グループで20を超えるブランドを国内外で約1,500店舗を展開するカジュアルファッション専門店チェーンです。“ファッションと人生を楽しみながら、たくさんのワクワクを世界に届けていきたい”という想いを込め、「Play fashion!」をコーポレートスローガンとして掲げています。


 

 

このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディア会員登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. 株式会社アダストリア >
  3. アダストリアの職業体験プログラムが『浜松市企業のCSR活動表彰』優秀賞を受賞!