楽天、日本ソイフードマイスター協会の「DAILY STOCK ACTION」に協賛

-「楽天市場」と「楽天レシピ」を通じて新たな備蓄スタイルを提案 -

楽天株式会社(本社:東京都世田谷区、代表取締役会長兼社長:三木谷 浩史、以下「楽天」)は、日本ソイフードマイスター協会が提唱する「DAILY STOCK ACTION」に協賛します。
  「DAILY STOCK ACTION」は、災害時に備え、常温保存可能食品を常に一定量ストックしながら日常的にも使っていくという、日本ソイフードマイスター協会による新たな備蓄スタイルの推進プロジェクトです。保存期間の長い一般的な備蓄専用の食品だけでなく、普段から食べ慣れている食品を取り入れることで美味しい防災食を実現し、非常時のストレスを軽減することを目指します。
  
  楽天はこれまでも、「楽天市場」の出店店舗が特別価格で提供する支援物資をユーザーが購入して被災地に届ける「楽天たすけ愛」や、インターネットを通じて簡単に募金することのできる「楽天クラッチ募金」など、災害時における様々な支援活動に取り組んでまいりました。また、インターネット・ショッピングモール「楽天市場」では、防災グッズを紹介する特集ページを設けるなど、防災意識の醸成に努めています。
 
  そしてこのたび楽天は、被災者による経験談を元に、非常時における美味しい防災食の重要性を提唱する「DAILY STOCK ACTION」の考えに共感し、本プロジェクトに協賛する運びとなりました。
 
  具体的には、本日より「楽天市場」に特設サイト「防災グッズ これからのあたりまえ」を開設して、本プロジェクトの啓発を行うほか、料理レシピ検索サイト「楽天レシピ」で常温可能保存品を活用したレシピの紹介ページ「DAILY STOCK ACTION おいしい防災食プロジェクト」を公開します。

  楽天は今後も、世の中における防災意識を高めるとともに、災害時には少しでも早く日常を取り戻すための一助となる取り組みを推進してまいります。 ■日本ソイフードマイスター協会について

日々の食生活に役立つ「家族のため食事学・ソイフードマイスター養成講座」を開催。ソイフードマイスター資格発行を行うと共に、和食にとらわれない大豆料理(ソイフード)の普及活動を行っています。
日本ソイフードマイスター協会ホームページ:https://www.jsfma.com/

■「DAILY STOCK ACTION」について

「日本ソイフードマイスター協会」が「おいしい防災食プロジェクト」として2016年にスタートさせ、2018年6月より正式に「DAILY STOCK ACTION」として本格始動させた活動です。

いわゆる保存食ではない常温保存可能食品を常に一定量ストックしながら日々使っていこう!という新しい備蓄スタイルの推進運動です。常温保存可能食品を取り扱うメーカーとともに、ヘルシーなレシピ、生ゴミがほとんど出ないレシピなどを考案するなど運動の輪を広げています。
 
                                                以 上
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. 楽天株式会社 >
  3. 楽天、日本ソイフードマイスター協会の「DAILY STOCK ACTION」に協賛