「ファンケル神奈川SDGs講座」で長期講座を開始

100%植物由来の容器を使用した化粧品デザインの共同開発をテーマに

株式会社ファンケルは7月14日(水)から、横浜市立東高等学校サステイナブル研究部において環境に関する長期講座を開始します。本講座は、5月から開始している「ファンケル神奈川SDGs講座」の一環で、年内に計4回以上の開催を予定しています。講座テーマは、「環境にやさしい素材である100%植物由来の プラスチック容器を採用した化粧品の容器デザインを共同で開発」とし、講師は当社の従業員が務めます。さらに、その開発を通じて環境問題を学びながら、生徒の皆さんが自ら生活者へ環境に対する意識を高めるための情報配信まで考えていくことで、一緒にSDGsの推進も行っていきます。

【ファンケル神奈川SDGs講座】
神奈川県の企業や団体と実行委員会を設立し、SDGsの推進と地域貢献活動を目的とした講座です。単発講座、長期講座、夏休みの課外講座と3種類あり、対象は神奈川県内の高校生と小学生で、2022年3月末まで実施の予定です。講師には当社の従業員ほか、県内企業や団体の方や大学教授などにも依頼を予定しています。主催は、当社以外に株式会社テレビ神奈川、YMBL(横浜メディアビジネス総合研究所)が参画して設立した「ファンケル神奈川SDGs講座実行委員会」とし、横浜市政策局や神奈川県教育委員会などの協力も得ています。

【横浜市立東高等学校サステイナブル研究部】
2018年に東高等学校がユネスコスクールの指定を受け、さまざまな取り組みをしていく中で、その核となる生徒を育てるために発足されました。現在部員は8名で活動し、「地球にちょっといいこと」をモットーに、さまざまな取り組みを行っています。継続的な取り組みは、計量と分析まで行う学校周辺のごみ拾いや、「古着deワクチン」、「ピンクシャツデー」、「バガスプロジェクト」への参加、さらには、さまざまなワークショップを通して勉強を行っています。活動については、多数のメディアでも取り上げられ、横浜市内でも大変注目を集めている部活動です。
https://www.edu.city.yokohama.jp/sch/hs/higashi/



(※)新型コロナウイルスの感染状況を鑑みて、講座スケジュールや内容を変更する場合がございます。
 
※以下、メディア関係者限定の特記情報です。個人のSNS等での情報公開はご遠慮ください。
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. 株式会社ファンケル >
  3. 「ファンケル神奈川SDGs講座」で長期講座を開始