アジア太平洋地域のヒュームドシリカ市場―製品別、アプリケーション別(医薬品、シリコーンエラストマー、塗料、コーティング・インク、接着剤・シーラント、食品・飲料など)–需要分析と機会の見通し2025年

Kenneth Researchは調査レポート「アジア太平洋地域のヒュームドシリカ市場:世界的な需要の分析及び機会展望2025年」2020年01月 19日に発刊しました。これは、予測期間中に、市場の詳細な分析とともに、業界の詳細な洞察を提供します。

レポートのサンプルURL: https://www.kennethresearch.com/sample-request-10346759

レポートは、市場規模と決定に基づいてさまざまなパラメーターについて説明します。これらには、市場価値、年間成長、セグメント、成長ドライバーと課題、および市場における主要企業などが含まれます。

アジア太平洋地域のヒュームドシリカ市場は、主にインドや中国などの発展途上国での塗料やコーティングなどのさまざまな用途により成長しています。この活況を呈する市場は、最終用途産業からの巨大な需要によって支えられています。ヒュームドシリカは、熱分解法による合成プロセスで発熱性シリカとしても知られています。普遍的な増粘剤として機能するため、化学、食品および飲料、製薬、その他の業界でさまざまな用途があります。

2019年、アジア太平洋地域のヒュームドシリカ市場は436.39 百万米ドルの市場価値を占め、2021ー2025年の予測期間中に6.71%のCAGRで成長すると予想されています。この成長は、地域全体のさまざまなヒュームドシリカ製造プラントへの投資の増加に起因する可能性があります。Asia Paints、Berger Paintsなど、アジア太平洋地域のさまざまな主要な塗料製造会社は、生産能力を高め、さまざまな業界からの高まる需要に対応するために巨額の投資を行っています。

市場セグメントの概要

 製品別―アジア太平洋地域のヒュームドシリカ市場は、製品ごと別によって親水性と疎水性に分類されます。親水性セグメントは2014年に184.29 百万米ドルを占め、予測期間中に重要なCAGRを登録することにより成長すると推定されています。塗料とコーティング、医薬品、接着剤とシーラントなど、さまざまなエンドユーザーセクターから親水性ヒュームドシリカの需要が高まっています。

アプリケーション別―アジア太平洋地域のヒュームドシリカ市場は、アプリケーションによって医薬品、美容、パーソナルケア(シリコーンエラストマー、塗料、コーティングとインク、UPR、接着剤とシーラント、食品と飲料など)に分割されています。これら中で、塗料、コーティング、インクセグメントは2019年に35.7%の市場シェアを占め、予測期間中に7.10%のCAGRで成長することにより、2025年までに233.53万米ドルまで成長すると推定されています。

レポートでは、各セグメントの成長機会とともに、成長を促進する要因について説明しています。さらに、Y-o-Y成長(%)収益(USD百万単位)は、各セグメントの市場成長を牽引する要因と共にレポートに記載されています。

 医薬品におけるヒュームドシリカの用途の拡大は、市場の成長をすると予測

 ヒュームドシリカの帯電防止特性は、高速カプセルおよび錠剤製造機の静電荷と摩擦を低減することにより、粉末の流動特性を改善するのに役立ちます。さらに、圧縮の初期段階では、ヒュームドシリカが粒子の再配列を助け、結合強度を向上させ、錠剤の硬度を高め、錠剤/カプセルをよりコンパクトにします。製薬業界全体のヒュームドシリカアプリケーションの成長は、アジア太平洋地域全体のヒュームドシリカ市場の成長を促進すると予想されます。

塗料およびコーティング産業におけるヒュームドシリカの用途の拡大

 塗料、コーティング、インク業界からのヒュームドシリカの需要は、その用途の拡大を背景に大幅に伸びています。ヒュームドシリカは、主に粘度調整とチキソトロピー挙動の誘発に使用されます。ヒュームドシリカを使用すると、耐薬品性と耐食性が向上し、機械的補強とレオロジー制御が向上します。ヒュームドシリカの立体構造により、コーティングや塗料のたるみを効率的に実現します。

 レポートのデータは、正確な統計を確保するために、一次と二次の両方の調査方法を通じて収集されます。

 主要企業

アジア太平洋地域のヒュームドシリカ市場における業界のリーダーはCabot Corporation, OCI Company Ltd., Evonik Industries AG, Tokuyama Corporation, Kemitura Group, Orisil, Hubei Xingfa Chemicals Group Co. Ltd, Henan Xunyu Chemical Co., Ltd, Wacker Chemie AGなどです。これらの各主要企業のプロファイルは、会社の財務、収益、収益と分析、バリューチェーン分析、その他のパラメーターを提供します。さらに、レポートは、主要なプレーヤーの収益、企業が提供する製品、およびいくつかの主要な財務指標に関する計算分析を提供します。また、企業の本社、設立年、従業員の総数、企業の概要、企業が取った事業戦略など、その他のいくつかの支援情報も市場のレポートに含まれています。

Kenneth Research会社概要
Kenneth Researchは、マルチクライアントの市場調査レポートのディストリビューターで、ビジネスプロフェッショナルが将来の拡張に向けたビジネスプランの戦略を立てるのを支援します。シンジケートされた市場調査レポートの大規模なデータベースの存在とレポートのカスタマイズの範囲の助けを借りて、プラットフォームは、業界の専門家が最終目標を達成するための幅広い機会を提供します。Kenneth Researchは、消費財や食品、ヘルスケア、情報通信技術、エネルギーと電力、化学など、さまざまなレベルの業界にサービスを提供しています。

[調査レポートの詳細内容について]

https://www.kennethresearch.com/report-details/apac-fumed-silica-market-outlook/10346759
※以下、メディア関係者限定の特記情報です。個人のSNS等での情報公開はご遠慮ください。
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. Kenneth Research >
  3. アジア太平洋地域のヒュームドシリカ市場―製品別、アプリケーション別(医薬品、シリコーンエラストマー、塗料、コーティング・インク、接着剤・シーラント、食品・飲料など)–需要分析と機会の見通し2025年