ソーシャルメディア詐欺検出市場―詐欺の種類別(不正製品詐欺、詐欺、偽造詐欺、詐欺広告など)、コンポーネント別、ソリューション別、エンドユーザー別–グローバル需要分析と機会の見通し2028年

Kenneth Researchは、ソーシャルメディア詐欺検出市場の予測評価を提供する調査レポートを2021年01月 20日 に発刊しました。これは、ソーシャルメディア詐欺検出市場の成長ドライバー、市場機会、課題、脅威など、いくつかの主要な市場ダイナミクス強調しています。

レポートのサンプルURL: https://www.kennethresearch.com/sample-request-10346756

世界のソーシャルメディア詐欺検出市場は、2020ー2028年の予測期間中に18.80%のCAGRを記録すると予想されています。市場は2019年に467.20百万米ドルと評価され、2028年までに2202.17百万ドルに達すると予想されています。2020年には、市場は555.03百万米ドルと評価されました。

COVID 19のパンデミックの出現により、世界中のソーシャルメディア詐欺検出市場の大幅な拡大が観察されています。サイバー犯罪や盗難事件の増加により、現在の状況では市場規模が大幅に拡大しています。COVID-19によって生み出された前例のない予測不可能な時代に、何百万人もの人々が自宅で仕事をし、オンラインで商品やサービスを購入することを選択します。

ソーシャルメディア詐欺の増加は市場の成長を後押しすると予測

 消費者国際機関によると、詐欺に関するオンライン会話は2年以内に2倍になりました(2016年8月から2018年8月)。これは、ソーシャルメディアプラットフォームの市場での存在感とブランドイメージを直接変える可能性のある安全性の問題を提起します。その結果、ソーシャルメディアの不正検出市場の成長を後押しすると予測されています。ソーシャルメディア詐欺の主な種類は、ナマズ、クリックベイト詐欺、キャッシュグラブ、クイズ詐欺、メンバーシップ詐欺、暗号通貨、偽の競争、サブスクリプショントラップなどです。

収益損失の増加がソーシャルメディア詐欺検出市場の成長を後押ししています

 元のソーシャルメディアプラットフォームを複製することにより、詐欺師はこれらの企業に巨額の収益損失を引き起こす可能性があります。被害は元に戻せないため、これらの企業は安全対策に多額の投資を行い、ソーシャルメディア詐欺検出市場の成長につながっています。ソーシャルメディアプラットフォーム上の詐欺師の主な動機であるこれらの詐欺で金銭的損失が発生します。

市場主要企業

ソーシャルメディア詐欺検出市場における業界のリーダーは Proofpoint, Inc, FraudWatch International Pty Ltd, Harlequin CDIS, White Ops, Inc., Media Vax, IdentityForce, Inc., CSID, and Equifax, Inc.などです。このレポートはさらに、組織の全従業員、主要戦略、企業の財務状況を説明する主要なマトリックス、合併や買収などの企業のいくつかの要因に関する詳細な分析も示しています。

調査レポートはさらに、業界の成長ドライバー、制約、需要と供給のリスク、市場の魅力、前年比(YOY)の成長の比較、市場シェアの比較、BPS分析、SWOT分析、ポーターの5フォースモデルなど、いくつかの著名な市場分析パラメーターも含まれています。

市場レポートは、地域分析に関する詳細情報も提供します。市場は、北米、ヨーロッパ、アジア太平洋、ラテンアメリカ、中東、アフリカの五つの主要な地域に分割されています。

北米地域のソーシャルメディア詐欺検出市場は、2019年に127.09憶万米ドルの価値で最高のシェアを保持しました。消費者国際機関によると、2019年には米国だけで8,990万人のソーシャルメディアユーザーがいました。

欧州地域は、世界のソーシャルメディア詐欺検出市場で2番目に大きな市場シェアを保持すると予想されます。この地域は2019年に110.15百万米ドルの市場規模を記録しました。ヨーロッパでのデジタル詐欺事件は、大量の企業データと技術広告の生成により増加しています。

ソーシャルメディア詐欺検出市場は、地域に基づいてさらに区分されます。
  • 北米(米国およびカナダ)市場規模、Y-O-Y成長、機会分析。
  • ラテンアメリカ(ブラジル、メキシコ、アルゼンチン、ラテンアメリカのその他の地域)市場規模、Y-O-Y成長及び機会分析。
  • アジア太平洋(中国、インド、日本、韓国、インドネシア、マレーシア、オーストラリア、ニュージーランド、アジア太平洋)市場規模、Y-O-Y成長及び機会分析。
  • 中東及びアフリカ(イスラエル、GCC(サウジアラビア、アラブ首長国連邦、バーレーン、クウェート、カタール、オマーン)、北アフリカ、南アフリカ、中東およびアフリカのその他の地域)市場規模、Y-O-Y成長及び機会分析。
市場セグメンテーション洞察
レポートは、詐欺の種類別(ソーシャルメディアフィッシング、不正製品詐欺、詐欺、偽造詐欺、詐欺広告など)、コンポーネント別(ソフトウェアおよびサービス)、ソリューション別(ソーシャルメディアコンテンツ検証ソリューション、デジタル自己防衛アプリケーション、ボット保護ソリューション、ソーシャルメディア監視ソリューション、広告検証ソリューションなど)、エンドユーザー別(組織および個人)によってセグメンテーション及び、そのサブセグメントの詳細な分析についてさらに概説しています。レポートには、各セグメントのY-o-Y成長率とともに、市場価値とボリュームによる詳細な予測が含まれています。

[調査レポートの詳細内容について]

https://www.kennethresearch.com/report-details/global-social-media-fraud-detection-market-outlook/10346756

Kenneth Research会社概要
Kenneth Researchは、マルチクライアントの市場調査レポートのディストリビューターで、ビジネスプロフェッショナルが将来の拡張に向けたビジネスプランの戦略を立てるのを支援します。シンジケートされた市場調査レポートの大規模なデータベースの存在とレポートのカスタマイズの範囲の助けを借りて、プラットフォームは、業界の専門家が最終目標を達成するための幅広い機会を提供します。Kenneth Researchは、消費財や食品、ヘルスケア、情報通信技術、エネルギーと電力、化学など、さまざまなレベルの業界にサービスを提供しています。
※以下、メディア関係者限定の特記情報です。個人のSNS等での情報公開はご遠慮ください。
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. Kenneth Research >
  3. ソーシャルメディア詐欺検出市場―詐欺の種類別(不正製品詐欺、詐欺、偽造詐欺、詐欺広告など)、コンポーネント別、ソリューション別、エンドユーザー別–グローバル需要分析と機会の見通し2028年