【大京】札幌市、苗穂駅北口西地区優良建築物等整備事業全天候型の空中歩廊、3月4日(木)から利用開始

~JR「苗穂」駅北口からアリオ札幌までの約200mを結ぶ~

株式会社大京(本社:東京都渋谷区、社長:深谷 敏成)、住友不動産株式会社(本社:東京都新宿区、社長:仁島 浩順)、および北海道旅客鉄道株式会社(本社:北海道札幌市、社長:島田 修)は、「苗穂駅北口西地区優良建築物等整備事業(以下「本事業」)」の一環として全天候型の空中歩廊を整備し、2021年3月4日(木)から歩行者の利用を開始しますのでお知らせします。

アリオ札幌側から見た「空中歩廊」アリオ札幌側から見た「空中歩廊」

「空中歩廊」(イメージ図)「空中歩廊」(イメージ図)

札幌の都市再生を進める本事業の一環として、「苗穂」駅北口から商業施設「アリオ札幌」1階敷地までの約200mを屋根や壁で覆われた全天候型の空中歩廊で結びます。「苗穂」駅の南北を結ぶ自由通路にも直結し、雨や雪の影響を受けることなく、快適にご移動いただけます。今後、アリオ札幌2階部分へ空中歩廊の開通を予定していますが、その時期については現在未定です。

空中歩廊の完成により、歩行者の回遊性や利便性の向上を図るとともに、JR「苗穂」駅周辺地域の活性化に貢献してまいります。

 
  • 1.「空中歩廊」概要
利用開始 2021年3月4日(木)午前10時
経路 JR「苗穂」駅(北口)~ザ・グランアルト札幌 苗穂ステーションタワー~北洋銀行東苗穂支店(3月15日移転予定)~アリオ札幌
利用時間 午前5時~翌日午前0時30分
設備 階段3カ所、エレベーター1基(場所:北洋銀行東苗穂支店横)

 
  • 2.「苗穂駅北口西地区優良建築物等整備事業」の概要
事業名 苗穂駅北口西地区優良建築物等整備事業
タイプ 市街地環境形成タイプ
事業年度 平成30年度(2018年度)~令和2年度(2020年度)
住所 札幌市東区北5条東10丁目16番、他
区域面積 約13,000㎡
延床面積 約34,500㎡
主要用途 共同住宅、店舗
事業経過 事業採択 2018年1月9日
工事着手 2018年9月10日
工事完了 2021年1月29日
※以下、メディア関係者限定の特記情報です。個人のSNS等での情報公開はご遠慮ください。
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. オリックス株式会社 >
  3. 【大京】札幌市、苗穂駅北口西地区優良建築物等整備事業全天候型の空中歩廊、3月4日(木)から利用開始