【すみだ水族館】クラゲ水槽「ビッグシャーレ」で春限定の演出「たんぽぽとクラゲ」を3月12日(金)から開催

~“海月(クラゲ)”がただよう海に、ふわりとたんぽぽの綿毛が舞う癒し空間~

すみだ水族館(所在地:東京都墨田区、館長:中村 雄介)は、2021年3月12日(金)~2021年5月30日(日)の期間、約500匹のクラゲが漂う水槽「ビッグシャーレ」で、春限定の演出「たんぽぽとクラゲ」を開始しますのでお知らせします。

「たんぽぽとクラゲ」キービジュアル「たんぽぽとクラゲ」キービジュアル

「たんぽぽとクラゲ」イメージ「たんぽぽとクラゲ」イメージ

本企画では、国内最大級の長径7mの水盤型水槽「ビッグシャーレ」およびその周辺の壁や床を用いて、春の訪れを象徴する「たんぽぽ」で空間を演出します。左右の壁面に投影される映像は、地上で綿毛となり“ふわふわ”としながらも力強く舞い遠くまで飛んで、また花を咲かせるたんぽぽと、海を“ふわふわ”と漂いながら輪廻するクラゲの一生をリンクさせたストーリー仕立てになっています。さらに、壁面のストーリーに合わせて床面の映像も変化します。水槽には、本企画にあわせて通常とは異なる色の照明を施し、空間全体で春を感じていただける内容となっています。

「ビッグシャーレ」は、一般的なアクリル板で囲われた水槽と異なり、視界を遮らずにクラゲを見下ろす新体感を味わうことができます。横からではなく真上からのぞくことで“海月(クラゲ)”の漢字の由来でもある、海中に浮かぶ満月のような丸いクラゲの姿を直接ご覧いただくことができます。これまで冬の澄んだ海を表現していたクラゲの海に春が訪れ、たんぽぽの綿毛がふわりと舞う癒しの空間をお楽しみください。

本企画には、思うように自由な活動ができない状況が続くなか、訪れた皆さまの心を明るく癒すとともに、「春がきた」と前向きな気持ちになっていただければ、という当館の想いを込めています。
今年の春は、都心で春の訪れと癒しを感じられるすみだ水族館でお楽しみください。

 
  • 【展示】ビッグシャーレで春の癒しを感じる空間演出「たんぽぽとクラゲ」
期間 2021年3月12日(金)~2021年5月30日(日)
場所 6階クラゲエリア「ビッグシャーレ」
企画制作 株式会社SYMDIRECT
開催内容 春の企画「たんぽぽとクラゲ」は、クラゲの水槽「ビッグシャーレ」を中心として、空間全体で春の演出を行う期間限定の展示です。冬から春へと変わり、明るく温かい世界になっていくことを感じていただける演出を目指しています。
投影する映像は、水槽の手前の壁面から床面、奥の壁面へと暖かな日差しに照らされたたんぽぽ畑など春の景色が順に流れていきます。たんぽぽの花が満開に咲き、綿毛になりふわりと地面に落ちて根付き花が咲くようすのなかで、綿毛とクラゲの赤ちゃん“エフィラ”、たんぽぽの花とクラゲを重ね、それぞれの一生がシンクロしたストーリーになっています。
さらに、水槽の照明は本企画にあわせて黄色と白を基調にした特別な演出となり、癒しを与えてくれるような音楽と併せて、空間全体で春の訪れを表現します。

すみだ水族館生まれのミズクラゲ (クラゲの「ラボ」で成長過程を展示)すみだ水族館生まれのミズクラゲ (クラゲの「ラボ」で成長過程を展示)

綿毛のようなミズクラゲの赤ちゃん“エフィラ”綿毛のようなミズクラゲの赤ちゃん“エフィラ”

 

※以下、メディア関係者限定の特記情報です。個人のSNS等での情報公開はご遠慮ください。
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. オリックス株式会社 >
  3. 【すみだ水族館】クラゲ水槽「ビッグシャーレ」で春限定の演出「たんぽぽとクラゲ」を3月12日(金)から開催