プレスリリース・ニュースリリース配信サービスのPR TIMES
  • Top
  • テクノロジー
  • モバイル
  • アプリ
  • エンタメ
  • ビューティー
  • ファッション
  • ライフスタイル
  • ビジネス
  • グルメ
  • スポーツ

PR TIMESのご利用について

資料をダウンロード

国立大学法人千葉大学
会社概要

千葉大生とパスタレストラン「今日和」がコラボしたフードロス削減メニュー 4月24日に提供開始

国立大学法人千葉大学

国立大学法人千葉大学の環境ISO学生委員会と株式会社京葉銀行は、2017年度より協同でecoプロジェクトを実施しており、SDGs達成に向けた取り組みを行っています。その一環でフードロス削減に向けた取り組みを行いました。

フードロス削減に向けて取り組みたいという環境ISO学生委員会の学生たちの提案から、京葉銀行、および、京葉銀行の取引先である株式会社レプコの協力をいただき、2023年度に3つの活動に取り組みました。


  • フードロスの現状を知る

野菜の生産、販売、消費の各段階におけるフードロスの現状を知るため、学生たちがそれぞれの現場を取材しました。


1)小売業者、消費者にインタビュー

CHIBA SDGs Parklet Projectの様子CHIBA SDGs Parklet Projectの様子

2023年10月27日、食品ロスをはじめとした地域課題解決や、千葉駅前大通りの賑わいを取り戻すことを目指す「CHIBA SDGs Parklet Project」(主催:株式会社京葉銀行、一般社団法人野菜がつくる未来のカタチ、株式会社レプコ、塚本總業株式会社千葉支社、株式会社みなも)にて、イベントの出店者5店舗と来場者6組に、フードロスに関するインタビューを行いました。

CHIBA SDGs Parklet Projectについて https://www.keiyobank.co.jp/news/2023/20231106cspp.pdf


インタビューの様子インタビューの様子

出店者へのインタビューでは、「小売業者の店頭に並べられない規格外の野菜をジュースにして売ったり、オーガニックであることを強調して販売したりしている」、「ビールの醸造で使う麦芽の余りをクラッカーにして、ビールのおつまみにしている」、「豆腐工場から出たおからでつくったチュロスを販売している」といったフードロスを削減する取り組みのほか、取り組みを始めた経緯や今後の展望などを伺えました。


消費者である来場者への取材において、家庭でフードロスになりやすい野菜について聞いたところ、大根やキャベツという回答が多く、他にも野菜の根元や皮が余ってしまうという声がありました。残った野菜は冷凍したり、鍋にしたりもするが、捨ててしまうこともあるとの現状が伺えました。フードロス削減のために心がけていることとしては、買いすぎないことや、見切り品を買う、余らせることなく使う、飲食店で残さず食べるとのお話が聞けました。


2)生産段階を知る、大根の収穫体験

大根の収穫体験の様子大根の収穫体験の様子

生産段階のフードロスの現状を知るため、2024年2月10日、株式会社レプコの野本茂雄代表取締役社長のご紹介で、ナガシマ農園(千葉市中央区)にて大根収穫体験をさせていただきました。学生たちは大根を引っ張り上げて収穫したり、畑を歩いて見学したりしました。大根の収穫には捻りながら抜くといったコツが必要で、一つひとつ人の手で収穫するのは大変な作業でした。葉がたくさんついている状態を見て、スーパーで販売されている大根はなぜ葉がついていないのか伺ったところ、農産物には箱に入れて出荷する際に「規格」が設けられており、それに収めるためには葉を切らなければならないとのことでした。また、規格外の野菜は販売先の確保が難しいこと、大規模農家ほど災害や需要の減少による影響を受けやすいことも教えていただきました。


  • フードロス削減の新メニューを考案・提供する

各現場での取材をもとに、大根のフードロスに着目して、株式会社レプコの野本社長にご協力いただき、大根の葉や皮を使った2つの新メニューを考案しました。


瑞々しい大根の葉ペペロンチーノ

瑞々しい大根の葉ペペロンチーノ瑞々しい大根の葉ペペロンチーノ

ニンニクや唐辛子のパンチが効いており、そのおかげで大根の葉のえぐみを感じない、とても食べやすいパスタに仕上がりました。緑が彩りを添え、新鮮な葉の食感は柔らかく美味しいです。



捨てるにはもったいない!大根の葉と皮のトマトスープパスタ

大根の葉と皮のトマトスープパスタ大根の葉と皮のトマトスープパスタ

固い印象のある大根の皮はとろとろに煮込まれて、味が良く染み込んでおり、皮も葉もスープパスタに絶妙に調和しています。今まで使ってこなかったことが不思議に思うほど、大根の葉も皮も美味しいです。






これらの新メニューは1ヶ月の期間限定で、KONNICHIWA Italian DELI ペリエ西千葉店で提供されることになりました。


KONNICHIWA Italian DELI ペリエ西千葉店KONNICHIWA Italian DELI ペリエ西千葉店

販売期間:2024年4月24日(水)~5月24日(金)

提供価格:瑞々しい大根の葉ペペロンチーノ 850円(税込)

     大根の葉と皮のトマトスープパスタ 1000円(税込)

店名:KONNICHIWA Italian DELI ペリエ西千葉店

住所:千葉市中央区春日2-24-4 ペリエ西千葉

電話:043-204-9007

営業時間:10:00~22:00 (L.O.21:30)

定休日:無休



  • フードロス削減に向けた情報を発信

フードロスに関する現場取材の内容をリーフレットにまとめ、ecoプロジェクトのホームページに掲載しました。

https://www.keiyobank.co.jp/sustainability/environment/chiba-u_project/pdf/20240423menu.pdf

また、今回考案した新メニューの紹介ポスターを作成し、西千葉周辺の町内会の回覧板や掲示板を使ってPRしました。

リーフレットリーフレット

  • 株式会社レプコの野本茂雄社長のコメント

千葉には魅力的な農業生産品が豊富にあります。一方で、ある一定の基準のもと、消費者には届かない段階でのフードロスも多く発生しています。それらが抱える多くの問題は、ほとんどの人には気づかれないように処理をされています。もっと多くの方達が、フードロスの問題に関心を持ち、気づくことでより豊かな社会になっていけば良いと考えております。今回、千葉大学の学生達が自ら考え行動したことで多くの学びを得て感じる事ができた事は素晴らしいと思います。

株式会社レプコ https://repco.co.jp/


  • 企画を担当した学生の声(薬学部2年 永井唯花) 

PR用ポスターPR用ポスター

私がフードロスの問題を解決したいと思うようになったのは、高校時代に見た、学食の残飯の量があまりに多かったことがきっかけです。食べ残しに限らず、本来食べられるはずだった食べ物は様々な理由で捨てられてしまっています。特に、農家から飲食店に食材が渡る過程で大規模なフードロスが生じていることを知りました。そこで、出荷時点で廃棄せざるを得ない野菜をどうにか救いたいと思い、本企画を立案しました。生産者と飲食店の間のフードロス解消を目指すこのメニュー開発は非常に大きな一歩だと考えています。今回ご協力いただいた株式会社レプコの野本社長、KONNICHIWA Italian DELI ペリエ西千葉店の皆様、ナガシマ農園の皆様に感謝申し上げます。できるだけ多くの方にコラボメニューを楽しんでいただき、フードロスについて考える契機になれば幸いです。


  • 「千葉大学×京葉銀行ecoプロジェクト」について


千葉大学と京葉銀行は2012年に包括連携協定を結んでおり、千葉大学で環境活動を主体的に担っている環境ISO学生委員会と京葉銀行が協同で、2017年から「ecoプロジェクト~7色の虹を千葉から未来へ」を実施しています。本プロジェクトでは、国連の持続可能な開発目標(SDGs)の達成に向けて、まずは「地域の環境負荷削減と環境意識向上に貢献したい」という想いで、京葉銀行の行員や取引先企業、地域住民、千葉大学の学生などを含めた千葉県内の多くの方々を対象に、環境意識の啓発活動を実践しています。

公式サイト  https://www.keiyobank.co.jp/ir/eco_project/
 


  • 本件に関するお問い合わせ

​国立大学法人千葉大学 環境ISO事務局 TEL:043-290-3572
京葉銀行 経営企画部 広報グループ TEL:043-306-8065

















すべての画像


種類
その他
ダウンロード
プレスリリース素材

このプレスリリース内で使われている画像ファイルがダウンロードできます

会社概要

国立大学法人千葉大学

61フォロワー

RSS
URL
https://www.chiba-u.ac.jp/
業種
教育・学習支援業
本社所在地
千葉県千葉市稲毛区弥生町1-33  
電話番号
043-251-1111
代表者名
横手 幸太郎
上場
未上場
資本金
-
設立
2004年04月
トレンド情報をイチ早くお届けPR TIMESを友達に追加PR TIMESのご利用について資料をダウンロード