自然災害からコロナウイルス感染症まで!「予防・緊急時の行動・被災後の生活」を網羅した防災バイブルが発売

2020年7月11日(土)発売『もしものときから日常のそなえまで 一家に一冊!防災アイデア手帖』

株式会社世界文化社(東京都千代田区九段北/代表取締役社長:秋山和輝)は、書籍『もしものときから日常のそなえまで 一家に一冊!防災アイデア手帖』を2020年7月11日(土)に発売いたします。


■一家に一冊必携の「防疫・防災・防犯」決定バイブル

地震、豪雨に風水害と毎年のように自然災害に見舞われ、災害大国とも呼ばれる日本。加えて、未だ終息が見えない新型コロナウイルスの世界的大流行により、日常生活においても「新しい生活様式」と呼ばれる感染予防対策が求められるようになりました。
本書は、災害などの危険への「予防・そなえ」と「災害発生時の行動」「被災後の対処法」を網羅した防災ガイドブックです。台風、大雨、地震、津波などの自然災害はもちろん、いま非常に注目を集めている感染症や犯罪などの身近なトラブルについても徹底解説。それぞれの項目において、各分野の最前線で活躍する専門家からのアドバイスを掲載しています。
 

 

 

 

■脅威は目に見えるとは限らない!いま注目の「感染症へのそなえ」
病原体は常に身近に存在するものなので、一年を通した対策が欠かせません。本書では、感染症へのそなえとして予防策や万が一の際に自宅でできる対処法について取りまとめました。また、「感染症のプロに聞く」と題して新型コロナウイルス感染症の診療の最前線から情報発信を続けている医師の忽那賢志さんにお話を伺いました。
 


■パニックにならないために!万が一の際に命を守る対処法
緊急地震速報が鳴ってから強い揺れが来るまで、数秒から数十秒。災害が発生した際には、とっさの判断力が求められます。「火災が発生したとき、まずすることは?」「風水害から避難するときに気をつけることは?」といった、いざというときの対処法について知っておきたいことをまとめました。

 

 


■家に住めなくなった!被災者となったとき、すべきこととは?
一方、どんなに事前の対策をしていても、想定外の災害に巻き込まれることも。地震や災害で被災したとき、大きな問題となるのが、今後のくらしやお金に関する問題です。「住まい」「お金」「保険」の3つの観点から、いざというときに受けられる支援制度や普段からのリスク管理について紹介しています。


<本書掲載の専門家アドバイザー>
・忽那賢志さん(国立国際医療研究センター 国際感染症センター医師)
・松島康生さん(災害リスク評価研究所 代表/災害リスクアドバイザー/防災計画・事業継続計画コンサルタント)
・高荷智也さん(ソナエルワークス代表/備え・防災アドバイザー/BCP 策定アドバイザー)
・小宮信夫さん(立正大学文学部教授/社会学博士)
・清水 香さん(ファイナンシャルプランナー、社会福祉士/FP& 社会福祉士事務所Office Shimizu 代表/
 (株)生活設計塾クルー取締役)


<目次>
・PART01 感染症が流行ったとき
・PART 02 風水害にあったとき
・PART03 地震にあったとき
・PART04 犯罪に巻き込まれたとき
・PART05 お金とくらしのまもり方

 



<刊行概要>
『もしものときから日常のそなえまで 一家に一冊!防災アイデア手帖』
■発売:2020年7月11日(土)
■定価 :1,200円+税
■発行 :株式会社世界文化社
https://www.amazon.co.jp/dp/4418204105
※一部書店により発売日が異なります

このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. 株式会社世界文化ホールディングス >
  3. 自然災害からコロナウイルス感染症まで!「予防・緊急時の行動・被災後の生活」を網羅した防災バイブルが発売