【最新技術の展示会】ハプティクス(触覚技術)・XR・音声技術…最新技術が私たちの生活をもっと豊かにする!日本最大*のコンテンツビジネス総合展

コンテンツ 東京 2022 会期:2022年6月29日(水)~7月1日(金)会場:東京ビッグサイト 東ホール

RX Japan(株)は、6月29日(水)~7月1日(金)までの3日間、東京ビッグサイトで【コンテンツ 東京 2022】を開催します。是非、ご取材にお越しください。 ◆◆取材申し込みはこちら>>https://www.content-tokyo.jp/press_f/

【コンテンツ東京】構成展【コンテンツ東京】構成展

 

デジタルコンテンツが大量に生産・消費される昨今。「Web3.0」「DAO」「クリエイターエコノミー」などの最新ワードも気になるところです。コロナ等による社会情勢の変革、デジタルデバイスやネットワーク技術の発達により、企業だけでなく、少人数のコミュニティ、個人もリアルタイムに発信・ブランディングする時代となりました。2021年9月にデジタル庁が発足し、「わが国がめざすべき未来社会の姿」として政府が経済発展と社会的課題の解決を両立する【Society 5.0】を提唱しました。デジタルコンテンツやその技術、人の生み出すクリエイティブは、一人ひとりの人間に合わせて、生活を豊かにするためにもっと活用できる可能性があるのです。本展はコンテンツの制作、配信から権利、ブランディング、マーケティング、表現技術までを網羅した、唯一無二の展示会です。一挙に最新テクノロジー・気鋭のクリエイターを「リアルの場」でご覧いただける絶好の機会。ぜひご取材ください!
*同種の展示会との出展社数の比較


※取材には事前のお申込みが必要です※
◆◆取材申し込みはこちら>>https://www.content-tokyo.jp/press_f/
 
  • ハプティクス・XR・サウンドロゴ・・等最新・おもしろ技術が多数!


触ってないのにタッチ!?先端ホログラム
(株) アーティエンス・ラボ
ガラスやアクリル等の透明板上にフルカラー3Dホログラム「WOWGRAM」を表示できる新照明技術「WOWLight ~HoCODA~」を独自開発。非接触で入力できるタッチパネルや車載機器、遊技機器、広告、看板用途など幅広い応用が可能!
 


宇宙も時代も、超えて体験!
ネストビジュアル (株)
「アポロ11号の月面着陸のシーンに没入できるMRアプリ」など、「新しい視覚体験」を可能とするMRコンテンツを開発!話題の「お江戸メタバース」展示。 “ちょんまげアバター”となり、町を散策したり、他のアバターとのコミュニケーションを体験。
 


癒されたい、すべて人へ・・・
(株) アトムストーリー
言葉を用いない表現「パラパラ漫画」で実写には表現できない想いの裏にあるストーリーを再現。その人の「真の心に届くコンテンツを作る」ことが、この時代のマストです。


 


「あ!あの曲」印象付ける【サウンドロゴ】
アイ・ペアーズ(株)
「サウンドロゴ」とは、名前や言葉をキャッチーなリズムに乗せた“音”のロゴ。 聴覚は視覚と並んで脳の知覚機能の大部分を司っており、記憶に対する影響力が非常に大きいため様々な場面で効果が期待!ついつい口ずさんでしまうかも?

 
  • 個性豊かなクリエイターが、新時代を作る!
コンテンツ東京の出展は企業だけではありません。イラストレーター、作家、書道家、ゲーム作家など、個性を光らせて活躍する新進クリエイターも勢ぞろい。現代は【個】の時代。「クリエイターEXPO」に気鋭のクリエイター達が集結します。それぞれが作品をアピールする光景はまさに圧巻です。

  • あのキャラクターも!?話題のプロパティが出展 
新発売されるキャラクターのコラボグッズなどは、ついつい手に取ってしまうもの。そんなコラボが生み出されるのが、世界中からあらゆるキャラクターやブランドが出展する、日本最大*のライセンシング商談展「ライセンシングジャパン」です。

  • 表彰式でグランプリを発表! 日本 キャラクター大賞 2022

※2021年開催時の様子※2021年開催時の様子

本アワードでは、2021年における国内最高のライセンスブランドとキャラクターを決定いたします。ノミネートされたプロパティのなかから、2021年に最も活躍したプロパティが各部門で選出されます。前回(2021年4月)開催時は「「劇場版『鬼滅の刃』無限列車編」がグランプリを受賞、各メディアで速報として取り上げられ大きな話題になりました。今年の栄誉はどのプロパティに?ぜひ、現場でその瞬間をご取材ください!

 ■展示:2022年6月29日[水]~7月1日[金] ライセンシング ジャパン内 特設会場
 ■日本キャラクター大賞グランプリ 発表・表彰式:6月29日[水]13:00~
 ■主催:一般社団法人キャラクターブランド・ライセンス協会 ■後援:経済産業省
 ■共催:RX Japan株式会社■特別協力:香港貿易発展局、ASIAN Licensing Association  
 ■協力:株式会社キャラクター・データバンク
 
  • 最新トピックが併催セミナーで学べる!
堤 幸彦監督・本広 克行監督らによる「日本初のエンタメDAO『SUPER SAPIENSS』が目指すクリエイターエコノミーの形」他・・・豪華講師陣による充実のセミナー多数開催!

<セミナー講師一部紹介(敬称略。掲載枠上、一部の講師の所属・役職は省略)>

※セミナー取材ご希望の場合は必ず
https://www.content-tokyo.jp/ja-jp/press.html 内「取材に関するFAQ」をご確認ください。
 
  • 【同時開催展】メタバース、デジタルツイン・・最先端VR・AR・MRが一堂に!

生活や社会を革新していく技術として昨今注目が集まるXR技術(VR・AR・MR技術の総称)。そのXRに特化した専門展「XR総合展」を同時開催!製造・建設・不動産・医療・エンタメなど幅広い業界で活用できるXR製品・サービスが一堂に出展します。
 
  • ​開催概要
コンテンツ 東京 2022
会期:2022年6月29日(水)~7月1日(金) 10:00~18:00
会場:東京ビッグサイト 東ホール
主催:RX Japan株式会社
【構成展】
・第12回 ライセンシングジャパン
・第11回 クリエイターEXPO
・第10回 映像・CG制作展
・第8回 先端デジタルテクノロジー展
・第8回 広告クリエイティブ・マーケティングEXPO
 
  • ご取材について
※本展の取材は事前登録が必要です。
・取材のお申込は、「報道」「記事掲載」などの取材を目的とした方のみご登録いただいております。
・事前のご登録が無い場合や、またご登録いただいても取材目的ではないご来場の場合、また報道活動が認められないと主催者が判断した場合(個人ブログ・SNS等、極めて限定的な発信を含む)は 当日プレス受付をお断りする可能性がございます。あらかじめご了承ください。
・掲載の情報(同時開催展含む)は出展社・出展製品検索サイト、出展企業HPから引用。当日の出展製品は変更になる可能性があります。予めご了承ください。

貴媒体の企画にあわせて出展製品をご紹介します!お気軽にお問い合わせください。
◆◆取材申し込みはこちら>>https://www.content-tokyo.jp/press_f/
  • ご来場をご希望の場合
取材以外で、展示会へのご来場をご希望の方はこちら
>>【無料】招待券 を入手 https://regist.reedexpo.co.jp/expo/CTK/?lg=jp&tp=inv&ec=CTK&em=pr_prtimes_ct0531
  • 本リリースに関する問合せ
コンテンツ東京 事務局 
広報:志村 chieko.shimura@rxglobal.com 
TEL:03-3349-8507
※以下、メディア関係者限定の特記情報です。個人のSNS等での情報公開はご遠慮ください。
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. RX Japan株式会社(旧社名:リード エグジビション ジャパン) >
  3. 【最新技術の展示会】ハプティクス(触覚技術)・XR・音声技術…最新技術が私たちの生活をもっと豊かにする!日本最大*のコンテンツビジネス総合展