子供たちに真実を伝えたい 「拉致問題」オンライン教室、21日開催《参加者募集》

産経新聞社は8月21日(金)、北朝鮮による「拉致問題」を記者が子供たちに伝える「オンライン教室」を開催します。ビデオ会議アプリ「Zoom(ズーム)」を使用します。講師は、拉致問題を長年取材してきた中村将(かつし)社会部長。拉致問題の現状など、分かりやすくお話します。対象は、小学校高学年から高校生までです。

昭和52年に北朝鮮に拉致された直後に撮影されたとみられる横田めぐみさん昭和52年に北朝鮮に拉致された直後に撮影されたとみられる横田めぐみさん

【日時】8月21日(金)※各回、約40分間
小学校高学年から中学生:11時~
高校生:13時~
【定員】各回30人 ※参加費無料

お申し込みは、専用フォームをご利用ください。締め切りは、8月16日(日)まで。
【専用フォーム】 https://forms.gle/PXcLt2AP3VQ6wqBf9
※学校・学年・学級単位でのお申し込みやお問い合わせは、産経新聞社編集ソリューション室までご連絡ください。

◎「めぐみさんへの手紙」募集中
産経新聞社では、横田めぐみさんらすべての拉致被害者にささげる「めぐみさんへの手紙」を、全国の小中学生や高校生らから募集しています。オンライン教室に参加しない方でも応募できます。学校やクラス単位での応募も歓迎します。字数は問いませんが、おおむね原稿用紙1~5枚(400~2000字)で。

【応募先】
《郵送》〒100-8078(住所不要) 産経新聞社編集局社会部「めぐみさんへの手紙」係
《メール》 news@sankei.co.jp
※住所、氏名、年齢、学年、電話番号(小中学生の場合は、保護者の方の連絡先)を明記してください。

【お問い合わせ】
産経新聞社編集局編集ソリューション室
メール: nie-tokyo@sankei.co.jp
※以下、メディア関係者限定の特記情報です。個人のSNS等での情報公開はご遠慮ください。
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. 産経新聞社 >
  3. 子供たちに真実を伝えたい 「拉致問題」オンライン教室、21日開催《参加者募集》