【阪急百貨店うめだ本店】中田英寿がクリエイティブディレクターを務めるオンラインストア「にほんものストア」のリアルショップが阪急うめだ本店に登場

「にほんものストア」「Sakenomy Shop」のおすすめアイテムを期間限定で紹介

日本のみならず、世界で長きにわたり活躍した、元サッカー日本代表の中心選手である中田英寿氏。そんな彼が引退後10年以上日本全国47都道府県を旅している中で出会った日本全国の素晴らしい生産者やその土地に行ったからこそ見つけることができた逸品や有名シェフや専門家のおすすめ商品を紹介する「にほんものストア」。阪急うめだ本店 6階コトコトステージ61にて10月20日(水)〜11月2日(火)の期間リアルショップが登場。中田英寿氏自身が全国各地の酒蔵を巡り、日本酒の価値を”酒蔵と消費者を繋げたい”という想いから生まれた日本酒ソムリエアプリ「Sakenomy」。このECサイト「Sakenomy Shop」とのスペシャル企画として、「Sakenomy」の専門家がおすすめする日本酒も紹介。日本の文化・伝統・農業・ものづくり、その本来の良さを感じられるイベントです。


■「にほんものストア」のおすすめの逸品
お茶、ジュース、菓子などの食のほか、工芸品など約30種類が登場。

・「お茶の油谷」水出し加賀棒ほうじ茶にほんものエディション 1,080円


石川県宝達志水町にある「お茶の油谷」は、「加賀棒ほうじ茶」などの上質な棒茶をはじめ、様々な種類の製茶を行う老舗。「食事の際は季節を問わず冷たい飲み物と一緒に楽しむことが多い。」そんな生活のワンシーンをイメージして、「お茶の油谷」と「にほんものストア」プロデューサーの中田英寿が、「加賀棒ほうじ茶」をペットボトルの商品にして全国販売し魅力を伝えてきたポッカサッポロフード&ビバレッジ監修の下開発した、“究極”の水出し用加賀棒ほうじ茶。

・「末富」酒酵煎餅 3,780円


1893年に京都で創業した老舗の和菓子屋。
味覚だけでなく、色や形から目で、菓子の名前から耳でも楽しめる、昔ながらの伝統や格式を守りながらも時代に沿った革新的な姿勢で和菓子を作り続ける老舗和菓子屋です。
定番商品の1つとして愛されている、少し大人な味わいの煎餅。その秘密は酒粕。酒粕の持つ米の旨みや甘み、そして芳醇な香りを、焼印の香ばしさと共に楽しめます。


・「潮工房」白黒レース片口器 15,400円

ガラス工芸作家の小西潮さんと江波冨士子さんの2人が、米国マサチューセッツ州、チャダムグラスカンパニーでの修業を経て、1998年に設立した三浦半島にあるガラス工房。工房のメンバーが息を合わせて共同作業を行いながらも、作品には各作家の個性が色濃く出ているのが特徴。
イタリアのヴェネチアングラスの技法の1つレースガラスで、色ガラスの糸を寄せ集めて作り出された模様が特徴。モノトーンのシックなレースガラスが施された、シンプルな形の使いやすいデザイン。


■「Sakenomy Shop」の専門家がおすすめする日本酒
今回は女性杜氏の蔵元やラベルデザインが目を惹くボトルなど、阪急うめだ本店のためにセレクトされた銘柄20種類を紹介。

・茨城県 結城酒造株式会社
結ゆい純米大吟醸  720ml  5,500円

結城紬の里、茨城県結城市にある城下町の街並み残る静かな街で、家族のみで醸している小さな酒蔵。鬼怒川系伏流水で柔らかな仕込水を最大限生かし、口当たりが柔らかくふくよかな味わいを目指しています。
岡山県産赤磐雄町米を使用。贅沢に38%まで磨き上げ、超低温発酵で醸すことで、香り豊かで華やか、そしてふくよかな味わい。


・新潟県 株式会社越後鶴亀
越後鶴亀 越王 純米大吟醸  720ml  8,800円

新潟市の中心部から車で約1時間、角田山(かくだやま)という山麓の町中にある酒蔵。人々に喜ばれる美味しい酒を目指し、おめでたい商標をと思い「鶴亀」という名に。敢えて小仕込みにこだわり、米の選定から適切な洗米条件、最適な吸水条件をその都度設定し熟練の技を駆使して原料米の特性を引き出しています。
越後鶴亀の周辺には古墳や遺跡が点在しており、その昔「越の王」と呼ばれた統率者がこの地を治め、その付近一帯の山地を「越王(こしわ)」と呼んでいたことから、その名にちなみ、当蔵最高峰のお酒に「越王」と命名。
酒造好適米の最高峰、兵庫県特A地区産の特等米「山田錦」を100%使用した純米大吟醸。35%まで磨き上げ、吟味して造り上げた究極のお酒。上品な吟醸香と、繊細でまろやかな味わい。


・和歌山県 平和酒造株式会社
紀土 無量山 純米大吟醸精米歩合30%  720ml  22,000円

酒造りを通して世界へ「和歌山」や「日本」の伝統や文化の発信をと、平均年齢31歳の若い醸造家が情熱をもって酒造りに向き合う酒蔵。
「紀州の風土を届けたい」「日本酒に親しみがない方にも、日本酒の魅力を伝えたい」。そうした想いから、和歌山の柔らかで綺麗な水を表現することで、口当たり良く優しい味わいの「紀土」は生まれました。兵庫県の特A地区の山田錦を使用。平和酒造の技術を注ぎ込み、すべての工程で、神経を澄み渡らせて醸した至高のお酒。エレガントで繊細、純白で柔らかく、清らかなで優しい水の味わい。

※お買い上げ商品につきましては、会場にてご注文いただき、後日、蔵元からお客様ご指定の場所にクール便でお届け配送させていただきます。配送代金は全国すべての送り先共通で660円(税込)。配送は会場にて承り後、1週間ほどお時間を頂戴いたします。




「NIHONMONO OSAKA」
場所:阪急うめだ本店 6階 コトコトステージ61
期間:10月20日(水)~11月2日(火)

 

※以下、メディア関係者限定の特記情報です。個人のSNS等での情報公開はご遠慮ください。
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. 株式会社阪急阪神百貨店 >
  3. 【阪急百貨店うめだ本店】中田英寿がクリエイティブディレクターを務めるオンラインストア「にほんものストア」のリアルショップが阪急うめだ本店に登場