4/1~「PICA」のアウトドアリゾート施設名を統一します

幅広いアウトドア体験を提供するPICAブランドがリニューアル

 富士山周辺を中心に10か所のアウトドアリゾート施設を展開する富士急グループの株式会社ピカ(本社:山梨県富士吉田市、取締役社長:森田哲教)は、この度、2019年4月1日より各施設の名称を、「PICA+エリア名」に統一いたします。

 1995年、「日本のキャンプは疲れる… そんな日本のキャンプを変えたい!」という想いからスタートしたPICAリゾートは、「人と人、人と自然のインターフェイスになる」ことをミッションとしながら事業やフィールドを拡大し、昨年ついに10施設目となる「PICA Fujiyama」を開業いたしました。
 24年目を迎える今年、PICAリゾートは、これまで「キャンピカ富士ぐりんぱ」や「パディントン ベア・キャンプグラウンド」など、「PICA」ブランド以外で展開していた施設もすべて、施設名を「PICA」に統一することで、もっとたくさんの人に、これまで以上に幅広く、様々なアウトドア体験を提供できるブランドへと進化いたします。

 また、この度のリニューアルに合わせ、2019年4月20日(土)~11月30日(土)の期間、複数のPICAリゾート施設に宿泊すればするほど、料金がお得になるスタンプラリー「10のキャンプ場がPICAになったキャンペーン」も実施いたします。

 進化を続ける「PICA」ブランドにご期待ください。
 


【ロゴデザインも一新】
富士山や自然を感じるカラーで、「新しいアウトドアリゾートの旗手」をイメージした、テントにフラッグを立てたデザインに変わります。

 
【PICAリゾート10施設】
山梨県(5施設)
・PICA Fujiyama
・PICA富士吉田
・PICA富士西湖
・PICA山中湖 (旧PICA山中湖ヴィレッジ)
・PICA八ヶ岳明野 (旧キャンピカ明野ふれあいの里)
静岡県(3施設)
・PICA表富士
・PICA富士ぐりんぱ (旧キャンピカ富士ぐりんぱ)
・PICA初島 (旧初島アイランドリゾート)
神奈川県(1施設)
・PICAさがみ湖 (旧:パディントン ベア・キャンプグラウンド)
埼玉県(1施設)
・PICA秩父


【「10のキャンプ場がPICAになったキャンペーン」概要】
 PICAリゾート全10施設合同でスタンプラリーのキャンペーンを実施します。複数施設にまたがって宿泊すればするほど、料金がお得になるキャンペーンです。また、ダブルチャンスとして、PICAリゾートの宿泊券プレゼントにもご応募いただけます。
<キャンペーン内容>
・期 間
2019年4月20日(土)~2019年11月30日(土)
・対 象
先着10,000組(10施設にてスタンプラリー台紙を配布)
・特 典
スタンプ数に応じて割引料金を適用(ルームチャージの場合)
1施設目→通常
2施設目→10%OFF
3施設目→20%OFF
4施設目→30%OFF
※割引除外日あり
※会員割引との併用可
ダブルチャンスとして、スタンプラリー台紙に必要事項を記入し、各キャンプ場のボックスに投函すると、抽選で30組にPICAリゾート宿泊券をプレゼントいたします。
・WEBサイト https://www.pica-resort.jp/campaign/10pica/

 
<PICAリゾートとは>
 富士急グループの株式会社ピカは、山梨・静岡・神奈川・埼玉で10施設のキャンプ場を中心に、アウトドア事業を展開しています。「人と人、人と自然のインターフェイスになる」を企業理念に、キャンプやアウトドアを通し、自然と接することで日常の暮らしを見直すことができるような場を提供しています。
PICA Resort HP https://www.pica-resort.jp/
※以下、メディア関係者限定の特記情報です。個人のSNS等での情報公開はご遠慮ください。
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. 富士急行 >
  3. 4/1~「PICA」のアウトドアリゾート施設名を統一します