ビジネスを語るオンラインスナック“咲(サク)セス” 開店! 9/24「新規事業の成功の鍵。人を巻き込み、共感を生む秘訣」

~30代で市場開拓。ピンクリボンキャンペーンに100社が協力してくれたワケ!~

株式会社朝日新聞社(代表取締役社長:渡辺雅隆)は9月24日(木)、「新規事業の成功の鍵。人を巻き込み、共感を生む秘訣」をテーマにオンライントークイベントを開催します。
今では誰もが知っている乳がん啓発活動の「ピンクリボン」。2002年当時は、認知度はほぼゼロに近く、乳がんは隠す病気という風潮も少なからずあり、日本では乳がんキャンペーンは困難だとされていました。そんな社会を変えるために、ゼロから企画し、どうやって仲間を作り、ムーブメントを起こしていったのか…。今回のイベントでは、成功の秘訣は「ビジョン」をチームで作ったことだったという点と、その意義や価値についてお伝えしていきたいと思います。

実際にキャンペーンを30代で推進した朝日新聞社メディアラボプロデューサーの中西知子と、ビジョン会議のファシリテーターで、協賛企業の立場でもあった近咲子さんが、当時を振り返りながら、人を巻き込み、共感を生む「ビジョン」をつくっていくキモをお伝えします。新たに立ち上げたビジョン会議サポート事業( https://www.asahi.com/shimbun/medialab/visionmtg/ )についてもご案内します。

新規事業、企画、チームづくりを推進している方や企業連携を検討されている方など必見です!楽しい雰囲気で進めていきたいと思います。裏話などにもご期待ください。

◆イベント概要
1.開催日時:2020年9月24日(木) 20:00~21:00(予定)
2.参加費:無料
3.登壇者:
  近 咲子(ビジョン創出ファシリテーター)
  中西 知子(朝日新聞社メディアラボプロデューサー)
  三冨 敬太(Tsukuru to Ugoku Design株式会社代表取締役)
4.会場:オンライン
5.応募締切:2020年9月24日(木) 18:00
6.申し込みURL: https://que.digital.asahi.com/question/11002323/?cid_prtimes
7.お問い合わせ: 朝日新聞社メディアラボ vision@asahi.com

◆登壇者略歴
・近 咲子 <本イベントでは「ママ」を担当>
一貫して医療業界でキャリアを積み、リーダーシップを発揮。現在は大手ヘルスケア企業で社員のスキル開発・育成を担当。これまでは、ジョンソン・エンド・ジョンソン株式会社の女性活躍推進活動Women’s Leadership Initiative (WLI)の初代リーダー、厚生労働省委託事業『がん対策企業アクション』第一期アドバイザリーボードメンバー、同アクションの中での企業コンソーシアム立ち上げプロデューサー(2017年)を歴任。朝日新聞社ピンクリボンプロジェクト、ダイバーシティープロジェクト、ネクストリボンプロジェクトなどのビジョン会議ファシリテーターを務めた。

・中西 知子 <本イベントでは「チーママ」を担当>
朝日新聞社メディアラボプロデューサー。1992年毎日新聞社入社。事業本部配属。97年、担当したびわ湖毎日マラソン大会で、世界最速選手の招聘などに成功し、当季世界最高記録の樹立に立ち会う。同年8月、朝日新聞社に転職。2002年乳がん啓発のピンクリボンキャンペーン、09年ダイバーシティープロジェクト、16年がんとの共生社会を目指すネクストリボンプロジェクトを立ち上げ、プロデュース。13年、社内新規事業コンテストでクラウドファンディング(CF)事業を提案し、15年にCFサイト「A-port」をローンチ。

・三冨 敬太 <本イベントではボーイを担当>
デザインファームTsukuru to Ugoku Design株式会社代表取締役。2018年同社を創業。デザイン思考を活用したデジタルソリューションのデザイン、シティプロモーション推進業務などを展開している。慶應義塾大学大学院システムデザイン・マネジメント研究科を卒業し、現在も研究員(専門はプロトタイピング)。

◆関連事業:ビジョン会議サポート事業
新事業、プロジェクト、チームに背骨を入れ、推進力を増すために、ビジョン、ミッション、ゴールを作りませんか? 私たちがサポートいたします。
https://www.asahi.com/shimbun/medialab/visionmtg/
  1. プレスリリース >
  2. 株式会社朝日新聞社 >
  3. ビジネスを語るオンラインスナック“咲(サク)セス” 開店! 9/24「新規事業の成功の鍵。人を巻き込み、共感を生む秘訣」