水陸両用バス「山中湖のカバ」 4/27(土)全面リニューアル ~よりエンターテイメント性あふれるアトラクションバスへ~

大迫力のプレショー放映、ツアープログラムもより参加型に

 富士急行株式会社(山梨県富士吉田市、取締役社長:堀内光一郎)は、山中湖で運航する水陸両用バス「山中湖のカバ(YAMANAKAKO NO KABA)」をよりエンターテイメント性を感じられるアトラクションバスに変えるべく、4月27日(土)より全面リニューアルします。

 

 「山中湖のカバ(YAMANAKAKO NO KABA)」は、陸の中でも水の中でも走行が可能な水陸両用バスで、バスごと湖に入り、雄大な富士山を望む山中湖をクルージングするという非日常な体験ができます。

 2011年に運航開始して以来、国内外の多くのお客様にご乗車いただきましたが、今後さらに多様化する幅広いニーズに応え、バスツアーの乗車前から降車まで多くのお客様が楽しめるよう、新たな演出を加え、「期待感」や「学び」、「ワクワク感」が感じられる、よりエンターテイメント性溢れるバスへと進化します。
 これまで以上にお客様を楽しませる水陸両用バス「山中湖のカバ(YAMANAKAKO NO KABA)」に、是非ご期待ください。

【新たな2つの演出】
①新設シアタールームで、大迫力のプレショー映像を放映。
 乗車前の期待感・ワクワク感を高めていただくために、新たにシアタールームを設け、「最近、山中湖でいるはずのないカバの目撃情報が多数寄せられている。その正体は一体何なのか!?」という設定の大迫力の3面シアターによるプレショー映像を、バスツアーの冒頭で観賞していただきます。

②小さいお子様でも学びながら観光を楽しめるよう、車内のシナリオを変更。
 従来はアテンダントと「博識なカバ爺さん」の音声が山中湖の自然や歴史をクイズ形式で問いかける設定で、ラムコーダーの音声とアテンダントの掛け合いが行われていましたが、今回、子供のカバの新キャラクター「ちびカバ」のパペットを新たに導入し、ちびカバとお客様が一緒に子供目線で山中湖の自然や歴史、水陸両用バスの仕組みについて学んでいくという、“見て”“聴いて”“学ぶ”参加型のプログラムに変更しました。これにより、お子様をお持ちのファミリーのお客様がよりいっそう楽しめるようになります。

新キャラクター「ちびカバ」

<カババスリニューアルSNSキャンペーン>
■実施日
2019年4月27日(土)~2019年6月30日(日)

■内容

カババスの写真をSNS(Facebook、ツイッター、インスタグラム等)に投稿いただき、カバの窓口(山中湖旭丘バスターミナル2階)にて投稿画面を提示していただいたお客様に新キャラクター「ちびカバちゃん」のオリジナルチョコマシュマロをプレゼントいたします。(先着1,000名様)

<水陸両用バス「YAMANAKAKO NO KABA」について>
2011年4月より山中湖にて運行を開始した山梨県初となる水陸両用バス。デザインは、日本を代表する工業デザイナー水戸岡鋭治氏によるもので、水と陸の両方で生活する動物の王者であり、古代エジプトの守り神でもあるカバをイメージしてデザインされています。車輪とスクリューを備えているため、一台で陸から湖上から、世界に誇る富士山と山中湖の自然の素晴らしさを体感していただけます。
■運 行 日  
毎日運行 (天候により運行中止となる場合あり。)
■運行回数  
8便/日(夏季・予約状況により増便)
■発着場所  
山中湖旭日丘バスターミナル「森の駅」
■アクセス  
高速バス…中央高速バス富士五湖線「山中湖旭日丘」下車すぐ
電車・路線バス…富士急行線「河口湖駅」より路線バス・周遊バスで約40分
車…東富士五湖道路「山中湖IC」から約10分
■料金  
大人2,200 円、小人1,100 円、幼児400円
■予約方法  
①富士急コールセンター 0570-022956 0555-73-8181
②当日予約専用ダイヤル 090-6160-4696
③KABAホームページ http://www.kaba-bus.com/yamanakako/
■注意事項  
雨天決行。ただし、気象状況等により湖への入水ができない場合があります。
 
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. 富士急行株式会社 >
  3. 水陸両用バス「山中湖のカバ」 4/27(土)全面リニューアル ~よりエンターテイメント性あふれるアトラクションバスへ~