エストネーションの掲げるサスティナブル活動

~ファッション産業の抱える課題に向き合う~ 3つの回収ソリューションズ

報道関係者各位
2022年11月吉日
株式会社サザビーリーグ エストネーションカンパニー

エストネーションの掲げるサスティナブル活動
~ファッション産業の抱える課題に向き合う 3つの回収ソリューションズ

株式会社サザビーリーグ エストネーションカンパニー(本社:東京渋谷区 カンパニープレジデント:大田 直輝)は、ファッション産業の抱える副資材の廃棄などの課題に対し、ハンガー・衣類・ビニール等の回収ソリューションズを構築し、2026年までに全社で導入を目指します。
エストネーションでは、2022年3月31日、衣類回収サービスのローンチを皮切りに、サスティナブルプロジェクト「One Small for Smile」を本格始動し、同年7月にはサスティナビリティ開発推進室を設置。「廃棄物の資源化」「サーキュラーエコノミー」「CO2削減」を3本の柱として具体的な数値達成目標を掲げ、2030年までのロードマップを策定しました。
このプロジェクトを通じた達成目標として、「廃棄物の資源化」廃棄物リサイクル率80%、「サーキュラーエコノミー」オリジナルレーベルの環境配慮型商品化率30%、「CO2削減」CO2 2019年度対比30%(スコープ1・2)を掲げてまいります。
  *「One Small for Smile」とは、私たちの小さな選択と行動が明日の笑顔につながるようにとの願いを込めたエストネーションのサスティナブル活動のプロジェクト名です。小さなアクションが、笑顔につながりますように。

3つの回収ソリューションズとは?
“The Essence of Luxury”をコンセプトにした大人のためのスペシャリティストアとして2001年に誕生したエストネーション。「ファッションで心を動かす(Drawing a color of life)」を企業理念に掲げ、理念実現に向けて企業としてできることを考えたとき、ファッション産業の抱える課題に向きあう必要に気づきました。商品として提供し続けている衣類・それをお届けするために使用される大量のハンガーやビニールなどの副資材の廃棄。
この身近でかつ積年の課題解決に向けて、小売業としてクリエーションできることは何かを考え、「One Small for Smile」プロジェクトの3本の柱にもある「サーキュラーエコノミー」の活動の1つとして、3つの回収ソリューションズを構築しました。
1 「ハンガー回収ソリューションズ」
2
 「衣類回収ソリューションズ」
3 「ビニール回収ソリューションズ」

1 「ハンガー回収ソリューションズ」
不用になったハンガーを素材別に仕分け、協力会社による回収後、マテリアルリサイクル、リユースにより廃棄物削減をすすめます。そして将来リサイクルしたマテリアルを使用し、店頭配布ハンガー等を製作・回収するスキームづくりを目指します。

2 「衣類回収ソリューションズ」
繊維製品の回収サービス「Wear to Fashion(ウェア・トゥ・ファッション)」を導入し、お客様から不用になった衣料品を回収。その回収物を提携回収業者にて仕分けし、リユースを中心にケミカルリサイクル・アップサイクル・サーマルリカバリーなどに再利用する事で、廃棄繊維製品の削減をすすめ、ライフサイクルを長期化・資源の有効活用を目指します。将来的には、再生ポリエステル繊維<RENU>を商品に採用しサーキュラーエコノミーを構築します。

3 「ビニール回収ソリューションズ」
使用済みビニールを仕分け・ビニール以外の異物除去を行い、協力会社により有価物として回収し、マテリアルリサイクルとして99%の再生原料を使用したポリ袋へ再利用。製造時に排出されるCO2も少ないことからCO2削減にもつながります。



【本件に関するお問い合わせ先】
株式会社サザビーリーグ エストネーションカンパニー 販売促進部 広報PR課
沓間 由美子 y_kutsuma@estnation.co.jp
飯島 亜沙子 a_iijima@esnation.co.jp

東京都渋谷区神宮前2-22-16新光第2ビル 5階
03-6758-3387
 
  1. プレスリリース >
  2. 株式会社サザビーリーグ >
  3. エストネーションの掲げるサスティナブル活動