メ~テレが手がけた話題の番組をいっき見! 「メ~テレ60周年 メモリアルセレクション」 第2弾は厳選した11作品を放送 10月7日(金)深夜 スタート!

開局60周年記念事業の一環として、これまでメ~テレ(名古屋テレビ放送)が制作し、放送してきた番組の中から、話題となった作品を一挙再放送! ドキュメンタリー3作品を放送した8月の第1弾に続き、10月7日(金)からの第2弾では、長澤まさみの体当たりの演技が話題となった「ガンジス河でバタフライ」、羽生結弦・坂本香織ら世界のトップスケーターが出演したアイスショー「メ~テレ60周年 Fantasy on Ice 2022 in NAGOYA」をはじめ、国内外で評価の高かったドラマやドキュメンタリー、メ~テレが携わった映画など11作品を3カ月にわたって放送します。メ~テレの60周年アンバサダーを務める望木聡子アナウンサーがナビゲーターとなり、作品の魅力を伝えていきます。

(ナビゲーターを務める望木聡子アナウンサー)(ナビゲーターを務める望木聡子アナウンサー)

  
放送予定の作品
  • ガンジスでバタフライ前・後編 107(金)放送

 
2007年放送

ATP賞テレビグランプリ 優秀賞 など

脚本は宮藤官九郎、主演は当時20歳の長澤まさみ。長澤演じる女子大生のてるこは、いつかは世界を旅したいと思っていたが、勇気が出ずに日常を過ごしていた。しかしある日、「ガンジス河でバタフライしました!」と言ったことをきっかけに、インドを1人旅することに!?フレッシュで体当たりの演技に注目。
 
  • 「淵に立つ」 1014(金)放送

 

2016年公開

カンヌ国際映画祭「ある視点」部門 審査員賞

深田晃司監督作品。平穏な暮らしを送っていた夫婦とその娘。夫の知人である前科者の男が現れたことをきっかけに物語は動き出す。主演の浅野忠信をはじめ、古館寛治、仲野太賀など、演技派俳優の熱演にも注目。
 
  • his恋するつもりなんてなかった5 1028(金)放送

 

2019年放送

神奈川県の海の見える町で出会ったのは、名古屋から遊びに来ていた高校生の迅(じん)と、この町に1人で暮らす高校生の渚(なぎさ)。時間を積み重ね友情を深めた2人に、友情とは別の感情が芽生えだす。高校生2人が繰り広げる「世界一ピュア」な恋愛物語。

 

  • 「常滑エピテーゼ~カタチとこころ~」 114(金)放送

 

2019年放送

ABU賞 テレビドキュメンタリー部門 審査員特別賞 など

病気やけがで失われた体の部分を補う装具”エピテーゼ”。常滑市で人工乳房を作る会社を取材し、エピテーゼによって生きがいを見出した女性たちの姿を描く。ディレクターを務めたメ~テレアナウンサーの石神愛子が作品の見どころについて語る。
 
  • 「奪還~「英雄」の妻 佐々木敦子の70年~」 1111(金)放送

 

2015年放送

日本民間放送連盟賞 テレビ教養番組 優秀賞 など

冷戦時代、中国とアメリカが手を取り合うきっかけとなった、いわゆる「ピンポン外交」。その立役者、荘則棟(そうそくとう)と名古屋で出会い、妻となったのが佐々木敦子さんだった。2人の波乱万丈の人生をたどる。
 
  • 「葬られた危機~イラク日報問題の原点~」 1111(金)放送

 

2018年放送

日本民間放送連盟賞 テレビ部門準グランプリ テレビ報道番組 最優秀賞 など

湾岸戦争時、戦地に派遣されミサイル攻撃にさらされたのは、自衛隊の船ではなく、”民間”の輸送船だった。政権をも揺るがしかねない事実は、なぜ隠されたのか。当時派遣に奔走した元官僚、政治家、民間船の元船員らにインタビュー。海外派遣をめぐる「虚偽」と「隠蔽」の原点に迫る。
 
  • 「SABU~さぶ~」 122(金)放送


2002年放送

日本民間放送連盟賞 テレビドラマ部門 優秀賞 など

江戸の下町を舞台にした山本周五郎の名作「さぶ」を初めてドラマ化。監督は、映画界の奇才、三池崇史。周五郎作品の世界観を表すため、映画と同様の35ミリフィルムで撮影された深みのある作品。当時の若手実力派、藤原竜也と妻夫木聡の演技にも注目。
 
  • 「メ~テレ60周年  Fantasy on Ice 2022 in NAGOYA12月9日(金)放送

 

2022年放送


2022年6月に初めて名古屋で開かれた「メ~テレ60周年 Fantasy on Ice 2022 in NAGOYA」の特別番組。羽生結弦や坂本香織選手ら世界を制したスケーターや、レジェンドらによる豪華アイスショーを鈴木明子の解説で伝える。さらに、羽生への独自インタビューを敢行。ショーへの思いや名古屋について語る。
 
  • 「僕たちのネタを実力派芸人がやったら革命起きたって話。」 12月9日(金)放送

 

2022年放送

ギャラクシー賞 テレビ部門 奨励賞

若手芸人が数多く持つ、すべりすぎて捨ててしまった、いわゆる「廃棄ネタ」。そんなネタを実力派芸人たちがリニューアルしたら面白く生まれ変わるのか!?ビフォーアフターを陣内智則とBiSHのハシヤスメ・アツコとともに検証するバラエティ番組。
 
  • あん」 1216(金)放送

 

2015年公開

カンヌ国際映画祭「ある視点」部門 オープニング作品

単調な日々を送る「どら焼き屋」の雇われ店長(永瀬正敏)の前に現れた1人の女性・徳江(樹木希林)。彼女の作る粒あんは好評となり、店は繁盛していくが、ある「心無い噂」が彼らの運命を大きく変えることになる。
 
  • 「名古屋行き最終列車2022」 1223(金)放送


2022年公開

2012年から始まった地域密着ドラマ。名古屋へ向かう最終列車の中で繰り広げられる人間模様を描く心温まるストーリー。これまで名古屋鉄道が舞台だったが、長良川鉄道やあおなみ線、リニモも加わった。

<番組概要>

■タイトル:メ~テレ60周年 メモリアルセレクション
<ナビゲーター> 望木 聡子(メ~テレアナウンサー 60周年アンバサダー)

■放送日:初回 2022年10月7日(金)深夜1時34分~
※その他の作品の詳しい放送時間は番組HPにて随時お知らせいたします。

■放送エリア:東海地区ローカル(愛知・岐阜・三重)

■番組HP:http://nagoyatv.com/memorialselection/
※以下、メディア関係者限定の特記情報です。個人のSNS等での情報公開はご遠慮ください。
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. メ~テレ >
  3. メ~テレが手がけた話題の番組をいっき見! 「メ~テレ60周年 メモリアルセレクション」 第2弾は厳選した11作品を放送 10月7日(金)深夜 スタート!