【ライブ配信セミナー】二酸化炭素・二硫化炭素をもちいる高分子材料の合成 1月20日(水)開催 主催:(株)シーエムシー・リサーチ

本セミナーは、当日ビデオ会議ツール「Zoom」を使ったウェビナー(ライブ配信セミナー)となります。

先端技術情報や市場情報を提供している(株)シーエムシー・リサーチ(千代田区神田錦町: https://cmcre.com/ )では、 各種材料・化学品などの市場動向・技術動向のセミナーや書籍発行を行っておりますが、 このたび「二酸化炭素・二硫化炭素をもちいる高分子材料の合成」と題するセミナーを、 講師に落合 文吾 氏(山形大学 大学院理工学研究科 物質化学工学専攻 教授)をお迎えし、2021年1月20日(水)13:30より、 ZOOMを利用したライブ配信で開催いたします。 受講料は、 一般:45,000円 + 税、 弊社メルマガ会員:40,000 円 + 税、 アカデミック価格は24,000 円 + 税となっております(資料付)。
セミナーの詳細とお申し込みは、 弊社の以下URLをご覧ください!
 https://cmcre.com/archives/66753/
質疑応答の時間もございますので、 是非奮ってご参加ください。
二酸化炭素とイオウは豊富な天然資源であり、機能性材料の原料となるが、十分に活用されていません。そこで二酸化炭素と、その同族体でイオウから簡便に得られる二硫化炭素を原料にした高分子材料の合成について紹介します。二酸化炭素の活用法としては、エポキシとの反応により得られるカーボネートの合成を利用した、ポリヒドロキシウレタンならびに含カーボネートポリマーの合成と応用について述べます。二硫化炭素の活用法としては、貴金属捕集性ポリマーならびに高屈折率ポリマーの合成と機能について述べます。

1)セミナーテーマ及び開催日時 
テーマ:二酸化炭素・二硫化炭素をもちいる高分子材料の合成
開催日時:2021年1月20日(水)13:30~16:30
参 加 費:45,000円 + 税 ※ 資料付
  * メルマガ登録者は 40,000 円 + 税
  * アカデミック価格は 24,000 円 + 税
講 師:落合 文吾 氏  山形大学 大学院理工学研究科 物質化学工学専攻 教授

【セミナーで得られる知識】
1. 二酸化炭素などの豊富な資源の活用方法
2. 高分子合成の基礎と応用
3. 機能性材料の設計法

※本セミナーは、当日ビデオ会議ツール「Zoom」を使ったライブ配信セミナーとなります。推奨環境は当該ツールをご参照ください。後日、視聴用のURLを別途メールにてご連絡いたします。
★受講中の録音・撮影等は固くお断りいたします。

2)申し込み方法 
シーエムシー・リサーチの当該セミナーサイト
  https://cmcre.com/archives/66753/
からお申し込みください。
折り返し、 視聴用のURLを別途メールにてご連絡いたします。
詳細はURLをご覧ください。


3)セミナープログラムの紹介 
1.豊富な資源を用いる材料の設計
 1-1 非石油資源の活用
 1-2 二酸化炭素を利用する材料の開発
 1-3 二硫化炭素を利用する材料の開発
2.二酸化炭素を用いる五員環カーボネート構造を持つポリマーの合成
 2-1 二酸化炭素とエポキシドの反応による五員環カーボネートの合成
 2-2 五員環カーボネート構造を持つポリマーの合成と応用
3.五員環カーボネートとアミンの反応を利用するポリヒドロキシウレタンの合成とその応用
 3-1 ポリヒドロキシウレタンの合成
 3-2 ポリヒドロキシウレタンの反応
 3-3 ポリヒドロキシウレタンの応用
 3-4 五員環カーボネートを利用する両末端反応性脂肪族ポリウレタンの合成
4.二硫化炭素とエポキシドの反応を利用する含イオウポリマーの合成
 4-1 有機―イオウ−無機ハイブリッド材料の合成
 4-2 貴金属捕集性ポリマーの開発
5.まとめ

4)講師紹介
【講師略歴】
平成13年3月 東京工業大学大学院 総合理工学研究科 博士後期課程修了(博士(工学))
【職 歴】
平成10-13年 日本学術振興会 特別研究員(DC1)
平成13-15年 住商バイオサイエンス(株) 研究員、
平成15-19年 山形大学 工学部 機能高分子工学科 助手
平成19-20年 山形大学大学院 理工学研究科 助教
平成20-25年 山形大学大学院 理工学研究科 准教授
平成25年から 山形大学大学院 理工学研究科 教授
【研究歴・論文等】
http://ochiai.yz.yamagata-u.ac.jp/staff/publistochiai.html
【所属学会】
日本化学会、高分子学会、アメリカ化学会
【受賞歴】
H16.5.23 高分子学会 高分子研究奨励賞
H18.10.13 合成樹脂工業協会 学術奨励賞
H24.4.9 文部科学大臣表彰 若手科学者賞

5)セミナー対象者や特典について 
※ 本セミナーは、当日ビデオ会議ツール「Zoom」を使ったライブ配信セミナーとなります。推奨環境は当該ツールをご参照ください。後日、視聴用のURLを別途メールにてご連絡いたします。 
★ 受講中の録音・撮影等は固くお断りいたします。

【セミナー対象者】
1. ポリマー合成の研究者
2. ポリマー材料の設計担当者
3. ポリマー材料の開発・企画担当者

☆詳細とお申し込みはこちらから↓
https://cmcre.com/archives/66753/

6)ウェビナー(オンライン配信セミナー)のご案内 
(1)5G対応のプリント基板技術と要求される材料
  開催日時:2021年1月8日(金)10:30~16:30
  https://cmcre.com/archives/65597/

(2)超音波接合の基礎とアルミ・異材接合への応用
  開催日時:2021年1月8日(金)10:00~17:00
  https://cmcre.com/archives/67412/

(3)量子コンピュータ/量子インターネットの基礎と最新技術および今後の展望
  開催日時:2021年1月12日(火)13:30~16:30
  https://cmcre.com/archives/65366/

(4)電磁ノイズ低減を実現するシールド技術の基礎と応用
  開催日時:2021年1月12日(火)10:30~16:30
  https://cmcre.com/archives/67252/

(5)次世代の「説明できるAI:XAI」と業務へのAI導入方法
  ~ 機械学習の見える化と業務へのAI導入成功の秘訣 ~
  開催日時:2021年1月13日(水)10:30~16:30
  https://cmcre.com/archives/64737/

(6)ミリ波帯電波吸収体、遮へい材、透過材の考え方と設計例
  開催日時:2021年1月13日(水)13:30~16:30
  https://cmcre.com/archives/66018/

(7)培養食肉の最新技術動向と展望
  開催日時:2021年1月13日(水)13:30~16:30
  https://cmcre.com/archives/66477/

(8)ファインバブルの基礎と産業的な使用事例
  開催日時:2021年1月14日(木)13:30~16:30
  https://cmcre.com/archives/66592/

(9)射出成形を事例にしたプラスチック加工の基礎と最新の加工技術
  開催日時:2021年1月14日(木)10:30~16:30
  https://cmcre.com/archives/64683/

(10)5G高度化と6Gで求められる材料の技術動向、及び実用化に向けての材料設計
  開催日時:2021年1月15日(金)13:30~16:30
  https://cmcre.com/archives/64541/

(11)金属粉末3Dプリンタとその材料の技術動向
  開催日時:2021年1月15日(金)10:30~16:30
  https://cmcre.com/archives/66459/

(12)データ駆動型化学の展開 ~ インフォマティクスの基礎と材料設計への応用 ~
  開催日時:2021年1月15日(金)12:30~16:30
  https://cmcre.com/archives/67320/

☆開催予定のウェビナー一覧はこちらから!↓
 https://cmcre.com/archives/category/seminar/webseminar_f/

7)関連書籍のご案内
☆発行書籍の一覧はこちらから↓
 https://cmcre.com/archives/category/cmc_all/
                                                                                                         以上



 
※以下、メディア関係者限定の特記情報です。個人のSNS等での情報公開はご遠慮ください。
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. CMCリサーチ >
  3. 【ライブ配信セミナー】二酸化炭素・二硫化炭素をもちいる高分子材料の合成 1月20日(水)開催 主催:(株)シーエムシー・リサーチ