ヒューマンアカデミー 新型コロナ休校でも自宅で参加可能なオンライン体験授業や映像授業を開始                          

~オンライン理科実験を4月17日(金)から 学びを止めない取り組みを強化~

ヒューマンホールディングス株式会社の事業子会社で、教育事業を運営するヒューマンアカデミー株式会社(本社:東京都新宿区、代表取締役:川上 輝之、以下「ヒューマンアカデミー」)は、2020年4月17日(金)より、オンラインや動画を活用した映像授業や体験授業を、サイエンス教室やロボット教室、英語教室、学童保育施設を通じて順次提供します。まずは自宅からオンラインで参加できる理科実験の無料体験プログラムを開始。新型コロナウイルスの感染拡大による小中学校の休校措置が続く中、子どもたちの学習機会を自宅で確保できるよう、学びを止めないための学習支援策を提供します。

 

【本件のポイント】​
  • ​ヒューマンアカデミーがオンラインでの無料体験会や動画による自宅学習の有料提供を2020年4月17日(金)より順次開始
  • 小中学校の休校措置により減少した学習機会を提供し、子どもたちの学びを止めないための取り組みの一環
  • ヒューマンアカデミーが提供する子ども向けのサイエンス教室、ロボット教室、英語教室、学童保育施設を通じて実施

【本件の背景
新型コロナウイルスによる感染拡大防止対策として緊急事態宣言が出されたことにより、小中学校の休校期間を延長する都市や再開する都市などの対応が分かれており、学習塾の休講も含め、行動を変えざるを得ない子どもたちの学習機会の格差が懸念されています。このような状況下で、経済産業省が主導する休校対策「学びを止めない未来の教室」では、オンラインを活用して学びの機会を届ける取り組みが発信されています。
こうした背景からヒューマンアカデミーでは、学習機会の提供と学びへの希望、楽しみながら身につく力を全国の子どもたちへ届けられるよう、オンラインを活用した無料体験会を実施します。加えて、ヒューマンアカデミーこども教育の会員向けに、自宅で受講できる動画での映像授業や、ヒューマングループの海外現地法人(アメリカ・カナダ)に所属するネイティブ講師とのオンライン英会話レッスンを提供する予定です(別途有料)。

【本件の概要】
自宅での学習機会と楽しい学びの提供を目的として、2020年4月17日(金)よりヒューマンアカデミーが提供する子ども向けのサイエンス教室「ヒューマンアカデミーサイエンスゲーツ」を皮切りに、ロボット教室、英語教室、学童保育施設を通じて、オンライン無料体験会の開催や動画授業を順次実施します。配信の詳細とスケジュールは以下の通りです。

サイエンスゲーツオンライン体験会「おうちで 酸(さん) をさがしてみよう」
幼少期に最適な科学体験を通じたSTEM教育プログラム「ヒューマンアカデミーサイエンスゲーツ」では、オンラインアプリ「Zoom」を活用して、5歳から小学校低学年向けの体験会を実施します。家庭のなかにある材料で酸性の性質を楽しく実験し、科学の不思議を体感することで、子どもたちの学ぶ意欲を刺激することを目的とした体験会です。体験会の最後には保護者向けの説明会も行います。
・実施日時 : 4/17(金)、4/21(火)、4/23(木)、4/24(金)、4/27(月)、4/28(火) 各回11:00~12:00 ※変更となる可能性がございます。
・人数 : 各回定員20名
・対象 : 5歳から小学校低学年
・参加方法 : ホームページの申込フォームよりお申し込みください。https://kids.athuman.com/search/detail/?store_id=2277
 



ヒューマンアカデミーこども教育会員向けの映像授業および海外(北米)オンライン英語レッスン
ヒューマンアカデミーが提供するロボット教室、英語教室、学童保育施設では受講生への学びをいつでもどこでも提供できる映像授業を、4月中に順次配信予定です。特に児童向け英語教室「ヒューマンアカデミーランゲージスクール」と、学童保育施設「ひらくきっず」では、ヒューマングループの海外現地法人(アメリカ・カナダ)に所属するネイティブ講師によるオンライン英語レッスンを実施予定です。
詳しくは各ホームページのお知らせ欄(https://kids.athuman.com/)または各教室へお問い合わせください。
 

※リリース内容は予告なく変更になる場合がございます。あらかじめご了承ください。
※記載されている会社名、製品名などは該当する各社の商標または登録商標です。

ヒューマンアカデミーこども教育サービスについて
『やり抜く力は、「好き」から生まれる。羽ばたく力は、「好き」から育つ。』をコンセプトにヒューマンアカデミーが提供する子ども向け教育サービスである習い事の総称。フランチャイズシステムを採用し全国に教室を展開しています。なかでも昨年10周年を迎えた「ヒューマンアカデミーロボット教室」は、全国約1,500教室以上、生徒数25,000名以上(※)の在籍を誇り、ロボットづくりを通してプログラミング的思考力や想像力を学ぶ、ヒューマンアカデミーの子ども向け教育を代表する教室です。そのほか初心者から始められるプログラミングスクール「ヒューマンアカデミーこどもプログラミング教室」や、幼少期に最適な科学体験を通じた教育プログラム「ヒューマンアカデミーサイエンスゲーツ」、オンラインとスクールシステムを活用して楽しみながら英語が身につく「ヒューマンアカデミーランゲージスクール」を展開しています。 
※ヒューマンアカデミー株式会社調べ(2020年3月末時点)   
サイトURL:https://kids.athuman.com/

「ヒューマンアカデミーロボット教室」について
「ヒューマンアカデミー ロボット教室」は、ロボットクリエイターの高橋智隆氏をアドバイザーに迎え、2009年6月にスタート。未就学児(5~6歳)から中学生を対象に全国で展開し、教室数は約1,500教室、在籍生徒数は25,000名を超える日本最大規模のロボットプログラミング教室です(※2020年3月時点) 。
「ヒューマンアカデミー ロボット教室」では、5歳から中学生までお子さまの年齢に合わせたさまざまなコースをご用意しています。「プライマリーコース」「ベーシックコース」では、動くロボットを自ら作り上げ、試行錯誤を繰り返しながら構造や動きの仕組みを学びます。「ミドルコース」「アドバンスコース」では、さらにマイコンブロックやセンサーなどが追加。専用タブレットを用いたビジュアルプログラミングでより複雑な動きを実現します。さらに上級コースのロボット博士養成講座「ロボティクスプロフェッサーコース」は2014年4月から開講されており、「アドバンスコース」修了者または小学校高学年~中学生が対象。千葉工業大学未来ロボット技術研究センター(fuRo)所長・古田貴之先生監修による、C言語をベースにしたプログラミング言語を使ったより高度なロボット製作を行う、本格的なコースです。「ヒューマンアカデミー ロボット教室」は、子どもたちに科学の驚きと感動を与えます。楽しく夢中になってロボット製作に取り組むうちに、新しい時代を生き抜く上で必要となる学びの基盤となる力が養われているというプログラムです。
サイトURL:https://kids.athuman.com/robo/

ヒューマンアカデミーサイエンスゲーツについて
サイエンスゲーツは、好奇心旺盛な幼少期に特化した科学体験を通じて子どもたちが将来を生き抜くための力を育むプログラムです。 STEM教育と呼ばれる理数学習に対しての興味を引き出し、将来の受験や社会に出た時に必要となる学習の基盤を早期に育成し定着を目指します。身近にあるものをテーマにして「物理学」「化学」「生物学」「地学」「工学」などの分野を幅広く体験することで、自分の関心のある分野を見つけられるカリキュラムです。サイトURL:https://kids.athuman.com/kagaku/

ヒューマンアカデミーランゲージスクールについて
幼児・小学生・中高生向けのレベルステップ型英語教室です。文部科学省の学習指導要領に沿ったオリジナルカリキュラムを使用し、「聞く」「話す」「読む」「書く」の英語の4技能をバランスよく養います。単語や文法などの基本事項をしっかり学び、
子どもの成長に合わせて英語の定着を目指すカリキュラムです。オンデマンドのビデオ学習とオンラインのマンツーマン英語学習に加えて、教室での日本人講師によるフォローがあるため、お子さまが安心して英語・英会話学習に取り組めます。全国に約300教室を展開しています(※2020年3月時点)。
レベル別に設計されたコースは、オリジナルのゲームアプリで楽しく学べる英語入門「ゲームイングリッシュコース」、小学校の3・4年生の外国語活動、5・6年生の教科化に対応した「エレメンタリーコース」、小学校高学年から中学生を対象とし、中学3年間の文法項目を2年間で習得(英検®3級相当)を目指す「プレップコース」、英検®3級以上準1級レベルまでをALL Englishで学習する「プレップアドバンスコース」に加えて、全8回の受講で英検®合格が目指せる「英検®対策講座(5級〜3級)」と「英検®スピーキング対策講座(5級〜準1級)」があります。
サイトURL:https://hals.athuman.com/

Hiraku Kids(ひらくきっず)Human Academy After school for Global Kidsについて
ヒューマンアカデミーが運営する新しい形態のインターナショナルアフタースクールです。学童保育でありながら、「国際バカロレア(※3)」の認定校である東京インターナショナルスクールの知見を継いだ「探究型英語プログラム(EIP:English Inquiry Program)」(※4)を取り入れたカリキュラムや、ヒューマンアカデミーのロボット教室等を組み合わせた独自のプログラムを提供し、新時代に必要な力を育み、世界で活躍できるグローバル人材を育成するインターナショナル学童保育施設です。
公式サイト:https://kids.athuman.com/hirakukids/
※3 国際バカロレア(IB:International Baccalaureate)とは、1968 年に設立された国際バカロレア機構(本部:ジュネーブ)が提供する国際的な視野を持った人材を育成するための教育プログラムのこと。旧来的な暗記型の学習ではなく、深く幅広い探究力を育てる学習カリキュラムであり、高校教育課程で IB ディプロマ(DP)を取得すると、国内のみならず、ハーバード、オックスフォードなど世界の大学への入試で通用する成績証明書が得られるため、高い国際的評価を得ています。
※4 探究型英語プログラム(EIP:English Inquiry Program)とは、従来の文法や単語を暗記する英語学習法とは異なり、生徒の主体的な関わりを強く求める体験型の授業(Active Learning)です。

会社概要
ヒューマンアカデミー株式会社
●代表者 :代表取締役 川上 輝之  ●所在地 :東京都新宿区西新宿7-5-25西新宿プライムスクエア1階
●資本金 :1,000万円         ●URL :https://manabu.athuman.com/
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. ヒューマン >
  3. ヒューマンアカデミー 新型コロナ休校でも自宅で参加可能なオンライン体験授業や映像授業を開始