2021年新しいことはじめませんか?「誰でも&簡単にはじめられる」125の最強ツールを紹介!

2020年1月16日(土)『Begin3月号』

1月16日(土)発売の『Begin3月号』では「新しいこと はじめる 最強ツール」と題して、2021年新しいことをはじめる人に役立つツールの数々を紹介します。

1988年創刊『Begin』。昔も今も、オールジャンルの特ネタを濃厚凝縮してお伝えしてきたと自負してますが、大切にしてきたのは「誰でも&簡単に、はじめられる!」ということ。
そこで年明け一発目は、"新しいことはじめる!"をお題にさまざまな「ことはじめスタートダッシュマニュアル」を入魂作成。曲げわっぱ弁当からホームシアター、自転車、レコードなど絶対に損しない、最良の道筋を紹介します。

■「はじめる」基本ツール BEST ANSWER7
今気になる!7ジャンルをお題に、ずっと付き合えるツールを厳選紹介。興味はあるけど一歩踏み出せなかったという人は、この特集を見れば注目ジャンルの選び方と使い方のコツが一発で分かります。

壁掛けできちゃう「レコード」
音楽が気軽に聴けるようになった反面、思い入れは薄くなったような気もするサブスク時代。反動でアナログレコードに興味を持つ人が多いのも頷けます。しかし、ターンテーブルが場所をとるうえ、アンプやスピーカーの他にフォノイコライザーという機器も必要だったりと再生のハードルは高く……二の足を踏んでいる人も多いのではないでしょうか。
そんなあなたの救世主となるのが、80年代の名機を復刻したアナバスのプレーヤー「GP-N 3R」です。なんとこちら、ポータブル&壁掛けしてもレコードを再生できる省スペース性に加えて、前述のスピーカーやフォノイコライザーまで装備。これ一つあれば即レコードが聴ける優れモノです。

 

20年使っても大丈夫な「曲げわっぱ弁当」
外食ランチを控えがちなこのご時世、弁当をはじめる好機です。弁当箱は多少値が張っても、見栄えがよく長く使える曲げわっぱが超お得。 なかでも使い勝手がいいのは、「栗久の曲げわっぱ」です。栗久は国の伝統的工芸品に指定される秋田県大館市の伝統ある老舗メーカー。使用する天然秋田杉は細やか&真っすぐな木目が特徴で、耐久性も高く、きちんと扱えば20年使っても問題ないそう。杉の香りがほのかに漂い、ご飯は冷めてもふっくらもちもち。そんな贅沢が味わえる本格派でいて扱いやすいとあれば、毎日使いたくなるはずです!


<目次・特集>
・新しいこと はじめる 最強ツール
・お洒落のプロの髪型SNAP
・はじめる 最強ツール Part2 アクティブ「はじめる」七つ道具
・U-10万円のBEST BUY!! スーツ選びの実況中継2021
・(綴じ込み付録)TOKYO宝島図鑑
 

『Begin 3月号』
■発行:Begin
■発⾏・発売:世界⽂化社  
■発売日:2021年1月16日(土)
■特別定価 :710円(税込)
■公式HP:https://www.e-begin.jp/

 

 

※以下、メディア関係者限定の特記情報です。個人のSNS等での情報公開はご遠慮ください。
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. 株式会社世界文化ホールディングス >
  3. 2021年新しいことはじめませんか?「誰でも&簡単にはじめられる」125の最強ツールを紹介!