【自宅での食事スタイルに関する調査】夕食時に外食する回数が1年前より減った人は5割強。自宅での食事で増えたことは「夕食を自宅で食べる」が2割強。料理に関して増えたことは「自分で料理を作る」が2割強

━━<< TOPICS >>━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■1年前と比べて、夕食時に外食する回数が減った人は5割強。2016年調査より増加
■自宅での食事で直近1年間に増えたことは、「夕食を自宅で食べる」が2割強、「昼食を自宅で食べる」が2割弱。自宅での料理に関して増えたことは、「自分で料理を作る」が2割強
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
マイボイスコム株式会社(東京都千代田区、代表取締役社長:高井和久)は、インターネット調査を中心に提供している伊藤忠グループのリサーチ会社です。この度、4回目となる『自宅での食事スタイル』に関するインターネット調査を2021年5月1日~5日に実施し、10,008件の回答を集めました。調査結果をお知らせします。
【調査結果】 https://myel.myvoice.jp/products/detail.php?product_id=27403
 
夕食を外食で摂る頻度
夕食を外食で摂る頻度は「年に数回程度」が2割です。「ほとんど外食はしない」が35.1%、2016年調査より増加しています。
 
夕食時に外食する回数の変化
1年前と比べて、夕食時に外食する回数が増えた人は2.5%、減った人は50.7%、「変わらない」が45.9%です。2016年調査と比べて、減った人の比率が増加しています。

夕食時に外食する回数の変化夕食時に外食する回数の変化


夕食時に外食する回数が減った理由
夕食時に外食する回数が減った人に、減った理由を聞いたところ(複数回答)、「新型コロナウイルス感染拡大の影響」が86.3%、「飲み会などの夜のつきあいの機会が減った」「節約」「外食をするお金の余裕がない」「生活パターンの変化」が各10%台です。2016年調査と比べて、「節約」「外食をするお金の余裕がない」が減少しています。男性10~30代では、「新型コロナウイルス感染拡大の影響」の比率が他の層より低くなっています。
 
自宅での夕食時、お惣菜やレトルト食品などの利用状況
自宅で夕食を用意する時に、利用することがあるものは(複数回答)、「店で購入したお惣菜」が57.6%、「レトルト食品、インスタント食品、レンジアップ商品など」が38.9%、「店で購入したお弁当」「市販のあわせ調味料、料理の素」「調理済みの冷凍食品」が3割前後となっています。
  
自宅での食事に関して増えたこと
ここ1年くらいの間で、自宅での食事に関して増えたことは(複数回答)、「夕食を自宅で食べる」が23.4%、「昼食を自宅で食べる」が16.8%、「飲食店のテイクアウトを利用する」「家飲みをする」「家族でそろって食事をする」が各1割強です。
直近1年間に自宅での食事にかける費用が増えた層では、「昼食を自宅で食べる」「夕食を自宅で食べる」「家族でそろって食事をする」の比率が高くなっています。食事にかける費用が減った層でも、「夕食を自宅で食べる」は高くなっています。

自宅での食事に関して増えたこと自宅での食事に関して増えたこと


自宅での料理に関して増えたこと
ここ1年くらいの間で、自宅での料理に関して増えたことは(複数回答)、「自分で料理を作る」が22.1%、「家族が作ったものを食べる」「お惣菜の利用」「冷凍食品やレトルトの利用」「インターネットのレシピサイトの利用」が各10%台です。
女性では「自分で料理を作る」、女性60・70代では「食材を余らせないよう工夫したメニュー」、夕食の外食回数が非常に減った層では「自分で料理を作る」「冷凍食品やレトルトの利用」の比率が高くなっています。

自宅での料理に関して増えたこと自宅での料理に関して増えたこと


自宅での食事にかける費用の変化
直近1年間に、自宅での食事にかける費用が増えた層は3割強です。夕食の外食回数が非常に増えた層では6割弱、非常に減った層では5割弱みられます。
 
──<< 回答者のコメント >>───────────────────────
外出自粛要請などにより、自宅での食事スタイルで変化したこと(全4,505件)
  • 野菜やお肉など完全に使い切る様になった。(男性23歳)
  • 外出自粛により外食を控えてるので、家で作った料理だけじゃ満足出来ず、コンビニのホットスナックやカップラーメン等を仕事帰りに買って食べる頻度が増した。(男性32歳)
  • インターネットのレシピを見るようになった。(男性45歳)
  • 自宅での食事が多くなった。全員そろっての食事が多くなった。(男性74歳)
  • 健康を気にするようになり乳製品を多く食べるようになった。(女性24歳)
  • 買い物頻度が少なくなったこともあり、日持ちする食材を使って違うレシピに応用できるメニューが増えた。(女性34歳)
  • IH圧力鍋を買って、時間のかかる料理もする様になった。(女性41歳)
  • レパートリーを増やしたくて料理本やテレビのお料理番組などで見たメニューなどを積極的に試してみるようになった。息子や旦那が時々作ってくれる機会が前よりさらに増えた。(女性52歳)
 
──<< 調査結果 >>───────────────────────────
<第4回>(2021/5)https://myel.myvoice.jp/products/detail.php?product_id=27403
<第3回>(2016/7)https://myel.myvoice.jp/products/detail.php?product_id=21606
<第2回>(2013/6)https://myel.myvoice.jp/products/detail.php?product_id=17904
──────────────────────────────────────
◇調査結果に関するお問合せ (MAIL)otoiawase@myvoice.co.jp /(TEL)03-5217-1911
 
<会社概要>
【会社名】 マイボイスコム株式会社
【代表者】 代表取締役 高井和久
【設  立】 1999年7月
【資本金】 1億6,183万円(資本準備金含む)
【事 業】 インターネット調査、オフライン調査、テキストマイニング、アンケートデータベース
【所在地】 東京都千代田区神田錦町3-17-11 榮葉ビル5階
【企業HP】 https://www.myvoice.co.jp/
*マイボイスコム株式会社は、インターネット調査を中心に提供している伊藤忠グループのリサーチ会社です。

 

★マイボイスコムでは「アンケートモニター」を募集しています★
貴方もアンケートに参加しませんか。
(詳細はこちら)https://www.myvoice.co.jp/voice/campaign/

 

  1. プレスリリース >
  2. MyVoice >
  3. 【自宅での食事スタイルに関する調査】夕食時に外食する回数が1年前より減った人は5割強。自宅での食事で増えたことは「夕食を自宅で食べる」が2割強。料理に関して増えたことは「自分で料理を作る」が2割強