サクラクレパス創業100周年記念 第31回全日本アートサロン絵画大賞展≪作品募集≫

日本国内在住の方なら誰でも参加できる絵画の公募展「第31回全日本アートサロン絵画大賞展」(主催=産経新聞社、全日本アートサロン絵画大賞展実行委員会、共催=サクラクレパス、ターレンスジャパンほか)を開催。作品を募集します。8月13日(金)から、エントリー受付を開始します。

前回、文部科学大臣賞を受賞した佐々木修一さん「負けてたまるか!!」(写実表現部門)前回、文部科学大臣賞を受賞した佐々木修一さん「負けてたまるか!!」(写実表現部門)


予備審査なしで、各部門の審査員が全作品を直接見て評価します。今回は、サクラクレパス創業100周年を記念し、審査員6人がそれぞれ選ぶ「審査員特別賞」も追加されます。作品の搬入は10月23日(土)から。入賞作品などは2022年2月に国立新美術館(東京都港区六本木)で、3月に大阪市立美術館(大阪市天王寺区茶臼山町)で展示を予定しています。詳細は、全日本アートサロン絵画大賞展の公式ホームページ( https://art-salon.jp/ )をご覧ください。

【出品規定】抽象画の「自由表現」と人物や風景など具象の「写実表現」の2部門
【出品審査料】1点=1万3640円、2点=1万8780円(消費税・払込手数料・返送料込み)
【作品搬入】
直接搬入=10月23、24日(東京都内)/10月30、31日(大阪市内)
宅配・郵送=10月25~28日 ※搬入先などは公式ホームページ参照
【審査員】
自由表現=篠雅廣(大阪市立美術館館長)、日比野克彦(アーティスト)、山本容子(銅版画家)
写実表現=岸ユキ(女優・二科会会友)、絹谷幸二(画家)、山本文彦(画家)
【賞】
文部科学大臣賞1点(賞金30万円)、大賞各部門1点(同30万円)、特別賞東京都知事賞1点、大阪府知事賞など各部門5点(同5万円)、審査員特別賞各部門3点(同5万円) ※優秀賞、佳作、入選も選出
【応募要項の請求】住所、氏名、「要項希望」と明記のうえ、下記の方法で
(はがき)〒540-8508 大阪市中央区森ノ宮中央1-6-20 サクラクレパス内「全日本アートサロン絵画大賞展」事務局
(ファクス)06-6910-8831
【お問い合わせ】「全日本アートサロン絵画大賞展」事務局 電話:06-6910-8807
 
※以下、メディア関係者限定の特記情報です。個人のSNS等での情報公開はご遠慮ください。
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. 産経新聞社 >
  3. サクラクレパス創業100周年記念 第31回全日本アートサロン絵画大賞展≪作品募集≫