【岡山大学】資源植物科学研究所 馬建鋒教授「令和4年秋の紫綬褒章伝達式」を開催

2022(令和4)年 12月 1日
国立大学法人岡山大学
https://www.okayama-u.ac.jp/
 



◆概 要
 国立大学法人岡山大学(本部:岡山市北区、学長:槇野博史)では2022年11月18日に、本学資源植物科学研究所の馬建鋒教授の「令和4年秋の紫綬褒章伝達式」を執り行いました。これは例年実施されている皇居での拝謁及び文部科学省の褒章伝達式が、新型コロナウイルス感染防止の観点から見送られたため、槇野博史学長から同人への伝達を行ったものです。

 馬教授は、植物栄養生理学での研究功績が認められ、綬章が決定しました。植物は、生育に欠かせないミネラル栄養素を土壌から植物の各組織に輸送する多種多様な輸送体(トランスポーター)を必要としており、その一方で、土壌中に存在するカドミウムやヒ素のような有害元素も輸送体によって可食部に蓄積され、健康に影響を与えるため、ミネラルの輸送機構の解明は作物の生産性や品質だけではなく、我々の健康にも関係する重要な課題として注目されています。馬教授は長年にわたり主に作物(イネ、オオムギ、ソバなど)を対象に、ミネラル輸送機構に関する研究を行い、数々のミネラル輸送体を世界に先駆けて同定し、その制御機構を解明しており、日本の農学研究発展に大きく貢献していることが評価されました。

 伝達式には、槇野学長、高橋香代理事(企画・評価・総務担当)、馬教授、平山隆志資源植物科学研究所長が出席し、槇野学長が章記・褒章の伝達を行いました。

 馬教授は伝達を受け、「今回紫綬褒章を賜り、大変身に余る光栄です。多くの方に祝っていただき、ありがとうございました。これまでに苦楽を共にしてくれたスタッフやポスドク、学生、共同研究者の皆さんに感謝します。この章を励みに、今後さらに精進していきたいと思います」と話しています。
 

(左から)高橋理事(企画・評価・総務担当)、槇野学長、馬教授、平山資源植物科学研究所長(左から)高橋理事(企画・評価・総務担当)、槇野学長、馬教授、平山資源植物科学研究所長



○岡山大学紫綬褒章受章者
 平成10年春 名誉教授 長堀 金造
 平成10年秋 薬学部 早津 彦哉
 平成11年秋 名誉教授 鳥居 滋
 令和 2年秋 異分野基礎科学研究所 沈 建仁


◆参 考
・岡山大学資源植物科学研究所
 https://www.rib.okayama-u.ac.jp/
・岡山大学資源植物科学研究所 植物ストレス学グループ
 http://www.rib.okayama-u.ac.jp/plant.stress/index-j.html


◆参考情報
・【岡山大学】資源植物科学研究所の馬建鋒教授と山地直樹准教授が2022年版「世界で最も影響力のある科学者」に選出!
 https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000001037.000072793.html
・【岡山大学】馬建鋒教授、山地直樹准教授、沈建仁教授が2021年版の「世界で最も影響力のある科学者」に選出!
 https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000372.000072793.html
・【岡山大学】資源植物科学研究所の馬建鋒教授が「日本植物生理学会賞」受賞決定!
 https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000397.000072793.html
・【岡山大学】資源植物科学研究所の馬建鋒教授のグループが発表した論文が「PCP論文賞」に決定!
 https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000389.000072793.html
・【岡山大学】資源植物科学研究所の馬建鋒教授が日本植物生理学会賞を受賞!
 https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000598.000072793.html
・<FOCUS ON> 馬建鋒教授らの研究紹介「植物と我々の健康を支えるミネラル輸送」(2021.11.30)
  https://www.okayama-u.ac.jp/up_load_files/press_r3/press20211130-1.pdf
・岡山大学広報誌「いちょう並木」(2017年10月号,Vol.87)植物は“小さな宇宙” ~その未知なる可能性を探る~「無限の可能性を秘めた植物の生存メカニズムに迫る」
 https://www.okayama-u.ac.jp/up_load_files/kohoshi2017/icho_87_a4.pdf

 

岡山大学資源植物科学研究所(岡山県倉敷市)岡山大学資源植物科学研究所(岡山県倉敷市)



◆本件お問い合わせ先
 岡山大学資源植物科学研究所 教授 馬 建鋒(ま けんぼう)
 〒710-0046 岡山県倉敷市中央2-20-1
 TEL:086-434-1209
 https://www.rib.okayama-u.ac.jp/plant.stress/index-j.html

<伝達式に関するお問い合わせ先>
 岡山大学 総務・企画部 人事課
 〒700-8530 岡山県岡山市北区津島中1-1-1 岡山大学津島キャンパス 本部棟
 TEL:086-251-7055

<岡山大学の産学官連携等に関するお問い合わせ先>
 岡山大学研究推進機構 産学官連携本部
 〒700-8530 岡山県岡山市北区津島中1-1-1 岡山大学津島キャンパス 本部棟1階
 TEL:086-251-8463
 E-mail:sangaku◎okayama-u.ac.jp
     ※ ◎を@に置き換えて下さい
 https://www.orsd.okayama-u.ac.jp/

 岡山大学メディア「OTD」(アプリ):https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000011.000072793.html
 岡山大学メディア「OTD」(ウェブ):https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000215.000072793.html
 岡山大学SDGsホームページ:https://sdgs.okayama-u.ac.jp/
 岡山大学SDGs~地域社会の持続可能性を考える(YouTube):https://youtu.be/Qdqjy4mw4ik
 岡山大学Image Movie (YouTube):https://youtu.be/pKMHm4XJLtw
 「岡大TV」(YouTube):https://www.youtube.com/channel/UCi4hPHf_jZ1FXqJfsacUqaw
 産学共創活動「岡山大学オープンイノベーションチャレンジ」2022年12月期共創活動パートナー募集中:
 https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000001066.000072793.html

 岡山大学『THEインパクトランキング2021』総合ランキング 世界トップ200位以内、国内同列1位!!
 https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000070.000072793.html
 岡山大学『大学ブランド・イメージ調査2021~2022』「SDGsに積極的な大学」中国・四国1位!!
 https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000373.000072793.html
 岡山大学『企業の人事担当者から見た大学イメージ調査2022年度版』中国・四国1位!!
 https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000122.000072793.html

国立大学法人岡山大学は、国連の「持続可能な開発目標(SDGs)」を支援しています。また、政府の第1回「ジャパンSDGsアワード」特別賞を受賞しています国立大学法人岡山大学は、国連の「持続可能な開発目標(SDGs)」を支援しています。また、政府の第1回「ジャパンSDGsアワード」特別賞を受賞しています

  1. プレスリリース >
  2. 国立大学法人岡山大学 >
  3. 【岡山大学】資源植物科学研究所 馬建鋒教授「令和4年秋の紫綬褒章伝達式」を開催