2018年2月1日(木) 本来の美しさを取り戻すためのアーバンビューティーテンプル SHISEIDO THE TABLESオープン

資生堂の総合美容施設「SHISEIDO THE STORE」(東京都中央区銀座7-8-10) は、2月1日(木)、カフェ機能をもちながらビューティーセミナーやイベントと連動するコミュニティスペース「SHISEIDO THE TABLES」(シセイドウ ザ テーブルズ)をオープンします。
コンセプトは、訪れる人が自分本来の美しさを取り戻すためのアーバンビューティーテンプル。
カフェのメニューは精進料理の精神性をベースに、SHISEIDO THE TABLESが考えた独自の時間軸、5つの季節(芽吹きの季節、新緑の季節、花ひらく季節、結実の季節、蓄えの季節)に合わせて食事を提供。ソフトドリンクやアルコール、和洋菓子、おつまみも季節ごとに展開します。
店内では物販スペースも充実。カフェで扱う器やSHISEIDO THE STOREオリジナル商品のほか、ステーショナリー、ファッション小物など、日々の生活の中で心地よく使えるようセレクトしたアイテムとともに、「自然の造形美」「ファッション」「フードクリエイション」などカテゴリー別に選書した本も取り扱います。
こうした「FOODS」「GOODS」「BOOKS」と連動しながら、「粧うこと」「考えること」「味わうこと」をテーマにした「EVENTS」の開催も随時予定しています。

■コンテンツ名 SHISEIDO THE TABLES(シセイドウ ザ テーブルズ)
■オープン日  2018年2月1日(木)
■所在地    〒104-0061 東京都中央区銀座7-8-10 SHISEIDO THE STORE 4F
■電話番号   03-3571-1420
■営業時間   11:00~20:00(19:30 LO)
■定休日    不定休
■席数     56席(テーブル28席・ソファ28席)
■価格帯    お食事1,800円~、和洋菓子800円~、ソフトドリンク800円~、アルコール1,000円~
■URL
http://thestore.shiseido.co.jp/?rt_pr=tra36
http://thestore.shiseido.co.jp/the-tables/?rt_pr=tra36 (2月1日公開)

■FOODS~メニューコンセプト
精進料理がもつ精神性をベースに組み立てたカフェのメニューは、旬の食材がベースであることはもちろん、感謝の気持ちを込めながら手間を惜しまず調理することで、食材のおいしさを活かします。捨ててしまいがちな皮や葉、さらには種や根、実などにも生命力が宿っていると考えて活用。野菜の一生を食べることで、そのパワーを体の中へと取り込みます。

昼のお食事には、「古来種野菜のお弁当」「古来種野菜のパンプレート」を用意しました。日本全国さまざまな土地で、農家の人たちが自家採種をして種を守ってきた在来の野菜は、人の手でコントロールされていない分、甘み、苦み、えぐみなどが強いもの。昔から受け継がれてきた種で育てた野菜の生命力を感じられるでしょう。

季節の和洋菓子とともに、コーヒー、日本茶、ボタニカルソーダなどのソフトドリンク、ビール、ワイン、日本酒などのアルコール、おつまみも5つの季節に合わせて展開していきます。


■GOODS
SHISEIDO THE STOREオリジナルグッズや、SHISEIDO THE TABLESで使用している器ともに、日々の生活が豊かになる雑貨・ステーショナリー、ファッションアイテムを展開しています。


■BOOKS
「自然の造形美」「アヴァンギャルドな身体」「ローカルビューティー」「拡張するファッション」「フードクリエイション」の5つのカテゴリーでバリエーションに富んだ美しい本をセレクトしました。すぐれた編集力と美しい造本力で絶大な人気を誇る中国のインディペンデント出版レーベル「読庫」のノートブックも登場します。
眺めても、触れても、読んでも、心が豊かになる本の世界をお楽しみいただけます。


■EVENTS
コミュニティをつなぐ場として、「粧うこと」「考えること」「味わうこと」をテーマにしたイベントを季節ごとに開催していきます。

 

  1. プレスリリース >
  2. 株式会社資生堂 >
  3. 2018年2月1日(木) 本来の美しさを取り戻すためのアーバンビューティーテンプル SHISEIDO THE TABLESオープン