【ライブ配信セミナー】切断技術の基礎と応用 ~各種切断技術の原理・特徴から切断品質、最新技術まで~ 3月12日(金)開催 主催:(株)シーエムシー・リサーチ

本セミナーは、当日ビデオ会議ツール「Zoom」を使ったウェビナー(ライブ配信セミナー)となります。

先端技術情報や市場情報を提供している(株)シーエムシー・リサーチ(千代田区神田錦町: https://cmcre.com/ )では、 各種材料・化学品などの市場動向・技術動向のセミナーや書籍発行を行っておりますが、 このたび「切断技術の基礎と応用 - 各種切断技術の原理・特徴から切断品質、最新技術まで –」と題するセミナーを、 講師に園家 啓嗣 氏  ソノヤラボ(株) 代表 / 山梨大学 名誉教授)をお迎えし、2021年3月12日(金)10:00より、 ZOOMを利用したライブ配信で開催いたします。 受講料は、 一般:48,000円 + 税、 弊社メルマガ会員:43,000 円 + 税、 アカデミック価格は24,000 円 + 税となっております(資料付)。
セミナーの詳細とお申し込みは、 弊社の以下URLをご覧ください!
 https://cmcre.com/archives/68548/
質疑応答の時間もございますので、 是非奮ってご参加ください。
切断は、産業機械、建築物、橋梁、船舶、鉄道車両などの鋼構造物や自動車を製作する場合、最初の製造工程です。次の工程の溶接では、前工程で切断した部材の寸法精度や切断面品質に不良があると、手直しなどの余計な作業が生じたり、溶接の品質にも悪影響を及ぼします。さらに、その後の組み立て工程にも少なからず影響を与えることから、鋼構造物や自動車の製作において切断は非常に重要な工程であります。
切断方法には、刃物を用いた機械的切断と、光や電気、炎を熱源とした熱切断があります。単純形状の切断には機械的切断も用いられるが、複雑な形状の切断には、任意の形状が容易に切断できる熱切断が一般的に使用されており、代表的な熱切断法としてガス切断、プラズマ切断、レーザ切断などが挙げられます。
本セミナーでは、それぞれの切断方法の原理、特徴、切断品質、最近のアプリケーションについて説明する。本セミナーは製造メーカーで、設計・製造に携わる技術者に大いに役立つと考えます。

1)セミナーテーマ及び開催日時 
テーマ:切断技術の基礎と応用 - 各種切断技術の原理・特徴から切断品質、最新技術まで –
開催日時:2021年3月12日(金)10:00~17:00
参 加 費:48,000円 + 税 ※ 資料付
  * メルマガ登録者は 43,000 円 + 税
  * アカデミック価格は 24,000 円 + 税
講 師:園家 啓嗣 氏  ソノヤラボ(株) 代表 / 山梨大学 名誉教授

※本セミナーは、当日ビデオ会議ツール「Zoom」を使ったライブ配信セミナーとなります。推奨環境は当該ツールをご参照ください。後日、視聴用のURLを別途メールにてご連絡いたします。
★受講中の録音・撮影等は固くお断りいたします。

2)申し込み方法 
シーエムシー・リサーチの当該セミナーサイト
  https://cmcre.com/archives/68548/
からお申し込みください。
折り返し、 視聴用のURLを別途メールにてご連絡いたします。
詳細はURLをご覧ください。


3)セミナープログラムの紹介 
1.切断加工の概要
 1.1 切断加工の重要性
 1.2 切断加工の種類
 1.3 機械的切断と熱切断の対比
2.各種切断法
 2.1 機械的切断
  2.1.1 せん断
  (1)せん断の原理と特徴
  2.1.2 切削
  (1)切削の原理と特徴
  2.1.3 研削
  (1)研削の原理と特徴
  2.1.4 ウォータジェット切断
  (1)ウォータジェット切断の原理
  (2)ウォータジェット切断の特徴
 2.2 熱切断
  2.2.1 熱切断の種類
  2.2.2 代表的な熱切断の概要
  2.2.3 代表的な熱切断の切断性能
  2.2.4 ガス切断
  (1)ガス切断の歴史
  (2)ガス切断の原理と特徴
  (3)ガス切断が出来る条件
  (4)ガス切断面粗さの形成
  (5)ドラグラインの形成
  (6)予熱炎の効果
  (7)ガス切断に及ぼす因子
  (8)切断に関する品質基準
  (9)ガス切断の保安
  2.2.5 水素ガス切断(最新のアプリケーション)
  (1)水素ガス切断の特徴
  (2)水素ガス切断の種類
  (a)爆発限界を外すためにLPGガスを混合する手法(水素・酸素混合発生方式)
  (1) 水素ガス切断の原理
  (2) 鋼板表面での酸化反応停止限界速度
  (3) 切断酸素の運動量に及ぼす予熱炎の影響
  (4) 水素によるガス切断進行面の改善
  (5) 切断進行面と切断酸素噴流中心との位置関係
  (6) 切断下部のスラグ付着
  (b)水素・酸素完全分離発生方式
  (1) 水素ガス切断システムの特徴
  2.2.6 アーク切断
  (1)アーク切断の歴史
  (2)アーク切断の概要
  (3)カーボンアーク切断
  (4)ミグ(マグ)アーク切断
  (5)エアカーボンアーク切断
  (6)溶極式ウォータジェットアーク切断
  (a)原子炉部品の水中解体への溶極式ウォータジェット切断の適用
  (7)アークソー切断
  (8)酸素アーク切断
  2.2.7 放電加工
  (1)放電加工の歴史
  (2)放電加工の原理
  (3)放電加工の種類
  (a)型彫り放電加工
  (b)ワイヤカット放電加工
  (4)放電加工の特徴
  (5)放電加工の切断性
  2.2.8 プラズマ切断
  (1)プラズマ切断の歴史
  (2)プラズマ切断の原理と特徴
  (3)プラズマ切断の課題
  (4)材質と切断法
  (5)水中プラズマ切断
  (6)高品質切断(最新のアプリケーション)
  2.2.9 レーザ切断
  (1)レーザの性質
  (2)レーザの種類
  (3)レーザ切断の歴史
  (4)レーザ切断の原理と特徴
  (a)熱加工
  (b)レーザ切断の原理
  (c)レーザ切断の特徴
  (d)レーザ切断の分類
  (e)レーザ切断機の種類
  (5)水中レーザ切断
  (6)ファイバーレーザ切断(最新のアプリケーション)
  (a)ファイバーレーザの特徴
  (b)ファイバーレーザ切断機の切断能力
  (c)ファイバーレーザの開先切断能力
  (7)レーザ切断の保安

4)講師紹介
【講師略歴】
大阪大学大学院 修士課程修了、石川島播磨重工(株)(現 IHI)勤務、産業技術総合研究所 客員研究員、芝浦工業大学 教授、山梨大学 教授、ソノヤラボ(株) 代表
【研究歴】
企業、大学で、接合技術(アーク溶接、レーザ溶接、接着、超音波接合、摩擦攪拌等)、表面処理(溶射、めっき等)、金属材料などの研究開発を行ってきた。
【所属学会】
溶接学会、溶射学会、表面技術協会
【著 書】
溶射技術とその応用、環境圏の新しい燃焼工学など。

5)セミナー対象者や特典について 
※ 本セミナーは、当日ビデオ会議ツール「Zoom」を使ったライブ配信セミナーとなります。推奨環境は当該ツールをご参照ください。後日、視聴用のURLを別途メールにてご連絡いたします。 
★ 受講中の録音・撮影等は固くお断りいたします。

【セミナー対象者】
製造メーカで設計、製造業に携わる技術者。

☆詳細とお申し込みはこちらから↓
 https://cmcre.com/archives/68548/

6)ウェビナー(オンライン配信セミナー)のご案内 
(1)光無線給電技術の基礎から
  開催日時:2021年3月4日(木)10:30~16:30
  https://cmcre.com/archives/67334/

(2)導電性コンポジットの開発に向けたフィラーの種類、特性と配合・分散技術
  開催日時:2021年3月4日(木)10:30~16:30
  https://cmcre.com/archives/68230/

(3)シランカップリング剤のすべてが分かる一日速習セミナー
  開催日時:2021年3月5日(金)10:30~16:30
  https://cmcre.com/archives/67118/

(4)ナノ粒子・微粒子の分散・凝集の基礎理論と粒子合成,応用への展開
  開催日時:2021年3月5日(金)13:30~16:30
  https://cmcre.com/archives/69190/

(5)世界の電池・自動車産業の市場動向とビジネスモデルの再構築
  開催日時:2021年3月8日(月)13:30~16:30
  https://cmcre.com/archives/67827/

(6)HEV/EVにおけるエネルギー・マネジメント技術
  開催日時:2021年3月8日(月)13:30~16:30
  https://cmcre.com/archives/67780/

(7)量子コンピュータを用いた量子化学計算 概論と事例
  開催日時:2021年3月8日(月)13:30~16:30
  https://cmcre.com/archives/67701/

(8)フラットパネルディスプレイ(FPD)を支える高機能材料と製造装置
  開催日時:2021年3月9日(火)13:30~16:30
  https://cmcre.com/archives/69922/

(9)電子機器のEMCの基礎とノイズ対策の勘所
  開催日時:2021年3月9日(火)13:30~16:30
  https://cmcre.com/archives/68184/

(10)メタマテリアル・メタサーフェスとは何なのか? 何に使えるのか?
  開催日時:2021年3月9日(火)13:30~16:30
  https://cmcre.com/archives/67291/

(11)電池材料のマテリアルズ・インフォマティクス
  開催日時:2021年3月9日(火)12:30~16:30
  https://cmcre.com/archives/69872/

(12)企業での材料研究に使える第一原理計算・マテリアルズインフォマティクス
  開催日時:2021年3月10日(水)13:30~16:30
  https://cmcre.com/archives/68325/

☆開催予定のウェビナー一覧はこちらから!↓
 https://cmcre.com/archives/category/seminar/semi_cmcr_f/

7)関連書籍のご案内
(1)環境調和型モノつくり手法とその実際
  https://cmcre.com/archives/68650/
 ■ 発 刊:2020年12月15日発行
 ■ 著 者:園家 啓嗣
 ■ 定 価:本体価格 60,000円 + 消費税
      本体 + CD セット  80,000円 + 消費税
 ■ 体 裁:A4判・並製・129頁
 ■ 編集発行:(株)シーエムシー・リサーチ
  ISBN 978-4-904482-92-6

☆書籍の詳細とお申し込みはこちらから↓
 https://cmcre.com/archives/68650/

(2)初めての人も、技術者も理解できる 超音波接合の基礎とアルミニウム合金・異種金属接合への応用
  https://cmcre.com/archives/63155/
 ■ 発  行:2020年7月30日
 ■ 著  者:園家 啓嗣
 ■ 定  価:冊子版  80,000円 + 消費税
        セット(冊子 + CD)  90,000円 + 消費税
        ★ メルマガ会員:定価の10%引き!
 ■ 体  裁:A4判・並製・246頁 カラー
 ■ 編集発行:(株)シーエムシー・リサーチ
   ISBN 978-4-904482-82-7

☆書籍の詳細とお申し込みはこちらから↓
 https://cmcre.com/archives/63155/

(3)初めての人も、技術者も理解できる 抵抗スポット溶接技術の基礎とアルミ合金・異材接合への応用
  https://cmcre.com/archives/60404/
 ■ 発  行:2020年6月5日
 ■ 著  者:園家 啓嗣
        ソノヤラボ(株) 代表 (山梨大学名誉教授)
 ■ 定  価:冊子版  60,000円 + 消費税
        セット(冊子 + CD)  70,000円 + 消費税
        ★ メルマガ会員:定価の10%引き!
 ■ 体  裁:A4判・並製・137頁
 ■ 編集発行:(株)シーエムシー・リサーチ
   ISBN 978-4-904482-78-0

☆書籍の詳細とお申し込みはこちらから↓
 https://cmcre.com/archives/60404/

☆発行書籍の一覧はこちらから↓
 https://cmcre.com/archives/category/cmc_all/
                                                                                                         以上
※以下、メディア関係者限定の特記情報です。個人のSNS等での情報公開はご遠慮ください。
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. CMCリサーチ >
  3. 【ライブ配信セミナー】切断技術の基礎と応用 ~各種切断技術の原理・特徴から切断品質、最新技術まで~ 3月12日(金)開催 主催:(株)シーエムシー・リサーチ