【9/26】ラクーンホールディングス、技術評論社発行の月刊誌『Software Design』とエンジニア向けイベントを共同開催

株式会社ラクーンホールディングス(本社:東京都中央区、代表取締役社長:小方 功、以下 ラクーンホールディングス)は、技術者向けの雑誌『Software Design』とコラボし、「"速い"Webアプリケーションの作り方」をテーマに技術者向けイベントを開催します。
当日はスパイスファクトリー株式会社の泰 昌平氏、合同会社レッドボックスの小川 勝久氏、そしてラクーンホールディングスの羽山 純の3者が登壇し、『Software Design』最新号に掲載された同名の特集を深堀する内容となります。「速さ」に関心を持つ全てのWebエンジニアさん、学生さんもぜひご参加ください。

■イベント概要
"速い"Webアプリケーションの作り方 -『Software Design』誌コラボ企画 –

申し込みページ:https://raccoon-holdings.connpass.com/event/145330/
日時:2019年9月26日(木)19:00 – 22:00(18:30受付開始)
場所:株式会社ラクーンコマース 本社(東京都中央区日本橋蛎殻町1-14-14)
アクセス:https://www.raccoon.ne.jp/company/profile/access.html/
参加費:無料
対象:ウェブエンジニア(興味のある学生さんもOK)
詳細ページ(RACCOON TECH BLOG):
https://techblog.raccoon.ne.jp/archives/1568091059.html/

■タイムテーブル
19:00- オープニング(18:30- 受付開始)
19:10- Session①『WSOの最新事情と高速化のすすめかた』
19:30- Session②『CDNを用いたWeb高速化とバックエンド技術の重要性』
20:00- Session③『ブラウザの制約条件から考えるフロントエンドのリソース設計』
20:20- LTタイム
20:50- 技術評論社さんからご案内
21:00- 懇親会
 
■スピーカー紹介:Session①『WSOの最新事情と高速化のすすめかた』
スパイスファクトリー株式会社
Web Architecture Div. General Manager 泰 昌平

WSO(Website Speed Optimization)の最新事情や、高速化に関連する技術・テクニックについてお話しします。実際に高速化をどのような観点で進めていくのか、スパイスファクトリーのWSOサービスで培ったノウハウもご紹介していきます。

<プロフィール>
フロントエンド志向のWebエンジニア。Web高速化(WSO)やSEOなどフロントエンド周りの最適化が得意。業務ではPHPやRubyといったバックエンドからGoogle Cloud Platformのインフラまで担当している。趣味はダーツとバイク。
Blog:http://wp.tech-style.info
GitHub:https://github.com/tai-sho/
Twitter:@ShoheiTai

■スピーカー紹介:Session②『CDNを用いたWeb高速化とバックエンド技術の重要性』
合同会社レッドボックスCEO  小川 勝久

近年、SEOやマーケティング以外にも顧客体験を向上させるために重要視されるWeb高速化。越境ECやインバウンドなどの影響で、Webサイトにアクセスしてくるプレイヤーをより意識する必要がでてきました。Web高速化対策は大きくフロントエンド・バックエンドの二種類に分類することができますが、距離的に遠いところにいるユーザへ早く安全にコンテンツを届けるためにはバックエンド技術が必須です。そこで、バックエンド技術の中でも比較的Web高速化に多く利用されている次世代CDNの活用と、ECサイトなど複雑なシステムでも効果が高いバックエンドトリックをご紹介します。

<プロフィール>
大手ホスティング会社・世界126ヵ国に展開するグローバルエージェンシーにて、大規模インフラストラクチャの設計・管理に携わる。クラウドスタートアップ企業の役員を経て、2015年、純国産CDNカンパニー「レッドボックス」を設立。10年以上携わったバックエンド技術を活かした総合的なWebコンサルティングを得意とし、CDNサービスを広めるため各種登壇・執筆活動を行う。
Blog:https://blog.redbox.ne.jp
Twitter:@ogawaka
 
■スピーカー紹介:Session③『ブラウザの制約条件から考えるフロントエンドのリソース設計
株式会社ラクーンホールディングス
テクニカルディレクター 羽山 純

フロントエンドのパフォーマンスチューニングの領域では低レイヤにあたるDOM構築やリソース読み込みなどについてお話しします。 ブラウザがどのようにHTMLを解釈してDOMを構築するのか?その制約条件から、画面表示が遅くなる理由を探ります。

<プロフィール>
学生時代よりラクーンでの開発業務に携わり、社員3人から一部上場に至る迄のサービス開発を一環して担う。ベンチャーあるあるの通りあらゆるシステム業務を担当してきたことで、サーバーサイドからDB、フロントエンド迄幅広い技術に精通。最近では与信リスクを算出するAI機能をほぼ一人で開発している。他にも、遊びで作ったAndroidアプリで数○万ダウンロードを叩き出したことも。 趣味は旅行とダイビングとお酒の意識低い系の怠け者エンジニア
github:https://github.com/forrep/

■参照
株式会社ラクーンホールディングスについて

「企業活動を効率化し便利にする」を経営理念とし、グループで企業間取引に特化した事業を展開しています。EC事業とフィナンシャル事業を柱とし、EC事業では卸・仕入れサイト『スーパーデリバリー』、越境ECサイト『SD export』、フィナンシャル事業としては後払い決済サービス『Paid』、売掛保証サービスの『T&G売掛保証』『URIHO』、そして居住用/事業用の『家賃保証』を展開しています。 

代表者 :代表取締役社長 小方 功
所在地 :東京都中央区日本橋蛎殻町1丁目14番14号 
設立 :1995年9月
資本金 :837,713千円(2018年10月末時点)
株式 :東京証券取引所市場第一部上場  証券コード3031
URL : https://www.raccoon.ne.jp
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. ラクーンホールディングス >
  3. 【9/26】ラクーンホールディングス、技術評論社発行の月刊誌『Software Design』とエンジニア向けイベントを共同開催