日本の野鳥文化を見守り続ける柳生博と、愛鳥家の高柳明音が野鳥観察の楽しみ方を語り合う! 「八ヶ岳の野鳥に逢いにきました。」

「八ヶ岳の野鳥に逢いにきました。」(柳生博・高柳明音/著)2021年1月7日(木)発売

雑誌「TVガイド」を発行する株式会社東京ニュース通信社は、「八ヶ岳の野鳥に逢いにきました。」(柳生博・高柳明音/著)を2021年1月7日(木)に発行いたします。全国の書店、ネット書店にてご予約いただけます。

「八ヶ岳の野鳥に逢いにきました。」(東京ニュース通信社発行)「八ヶ岳の野鳥に逢いにきました。」(東京ニュース通信社発行)

日本野鳥の会の会長職を永年勤めて名誉会長となり、日本の野鳥文化を見守り続ける柳生博さんと、大の鳥好き&カメラマニアで知られる高柳明音(SKE48)さんの共著。


柳生さんの本拠地「八ヶ岳倶楽部」(山梨県北杜市)での、野鳥との出逢いや野鳥観察の楽しみ方、八ヶ岳で観察できる野鳥についてなど、野鳥に関する対談を中心にした内容となっています。

また今回、高柳さんが初の野鳥撮影に挑戦! カメラの設定から撮影方法などの技術とノウハウから、マナーとルールまで、初歩的なことをレクチャー。高柳さんの撮り下ろし野鳥写真も、ふんだんに掲載します。

子供から大人まで野鳥を愛する全ての方に寄り添う、野鳥初心者にもおすすめの1冊です。

「八ヶ岳の野鳥に逢いにきました。」(東京ニュース通信社発行)「八ヶ岳の野鳥に逢いにきました。」(東京ニュース通信社発行)

【目次】

第一章
柳生博・高柳明音 野鳥対談

第二章
野鳥の撮り方。

第三章
高柳明音
八ヶ岳の野鳥を撮りました。
 「どんなカメラで、どう撮ったらいいですか。」
 カメラの設定
 「まずは身近な場所で撮影してみる。」
 練習する
 「動きや生態を知ると可能性が広がります」
 野鳥の特性を知る
 「野鳥撮影のマナーとルール」

柳生博・高柳明音 野鳥対談[野鳥撮影後のお話し]

第四章
八ヶ岳で観れる野鳥カタログ
日本野鳥の会名誉会長 柳生博さんオススメ! 八ヶ岳探鳥MAP
日本野鳥の会について

※内容は変更になる場合があります。

「八ヶ岳の野鳥に逢いにきました。」(東京ニュース通信社発行)「八ヶ岳の野鳥に逢いにきました。」(東京ニュース通信社発行)

 

【著者プロフィール】


柳生博
1937年1月7日生まれ、茨城県出身。俳優。東京商船大学中退後、俳優座9期生。2004年から日本野鳥の会の会長を務め、野鳥と自然の保全に取り組む。現在は名誉会長。八ヶ岳の南麓でギャラリー&レストラン『八ヶ岳倶楽部』を家族で運営。敷地内に近隣の山々から譲り受けた多様な広葉樹を移植した雑木林を作り上げ、野鳥の宝庫になっている。著書に『八ヶ岳倶楽部 森と暮らす、森に学ぶ』『八ヶ岳倶楽部Ⅱそれからの森』(いずれも講談社)

高柳明音
1991年11月29日生まれ、愛知県名古屋市出身。SKE48チームKIIのメンバーであり、チームKIIでは2014年までリーダーを務めた。 エイベックス・マネジメント所属。
愛鳥家でTwitterに鳥専用のアカウントを開設するほど。自宅ではセキセイインコやオカメインコなど、複数の鳥たちと暮らす。愛鳥を撮影した個展「I♡BIRD ちゅりかめら展」も開催している。
近年女優業にも本格的に挑戦し、アイドルとしての枠を超え、テレビドラマ、映画、舞台などの出演多数、女優やイベントの司会としてもマルチに活躍中。

【商品情報】
「八ヶ岳の野鳥に逢いにきました。」柳生博・高柳明音/著

●  発売日:2021年1月7日(木)※一部、発売日が異なる地域がございます
●  定 価:本体2,000円+税
●  仕 様:A5判、ソフトカバー、112ページ
●  発 行:東京ニュース通信社
●  発 売:講談社
全国の書店、ネット書店(honto<https://honto.jp/netstore/pd-book_30690973.html>ほか)にてご予約いただけます。

【関連サイト】
■東京ニュース通信社が発行する雑誌・書籍・写真集・カレンダーなど各商品の総合情報サイト
TOKYO NEWS magazine&mook<https://zasshi.tv/
 
※以下、メディア関係者限定の特記情報です。個人のSNS等での情報公開はご遠慮ください。
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. 株式会社東京ニュース通信社 >
  3. 日本の野鳥文化を見守り続ける柳生博と、愛鳥家の高柳明音が野鳥観察の楽しみ方を語り合う! 「八ヶ岳の野鳥に逢いにきました。」