デジタルビジネスサポートシステム(BSS)市場ーコンポーネント別(ソリューションとサービス)、展開モデル別、エンドユーザータイプ別、および地域別ーグローバル予測2030年

SDKI Inc.は、デジタルビジネスサポートシステム(BSS)市場の新レポートを2021年09月27日に発刊しました。この調査には、デジタルBSS市場の成長に必要な統計的および分析的アプローチが含まれています。レポートで提供される主要な産業の洞察は、市場の既存のシナリオに関する読者に市場の概要についてのより良いアイデアを提供します。さらに、レポートには、市場の成長に関連する現在および将来の市場動向に関する詳細な議論が含まれています。

レポートのサンプルURL
https://www.sdki.jp/sample-request-61705
デジタルBSS市場は、2022年に42.8億米ドルの市場価値から、2030年までに115.2億米ドルに達すると推定され、2022-2030年の予測期間中に15.2%のCAGRで成長すると予想されています。
 

調査レポートの詳細内容について
https://www.sdki.jp/reports/digital-business-support-system-market/61705

デジタルビジネスサポートシステム(BSS)は、企業に監視と運用上のメリットを提供するプラットフォームまたはソリューションの一種です。BSSには、注文の受け付け、支払い関連のクエリ、および企業の顧客の収益管理が含まれます。カスタマイズされたBSSソリューションと新しい商用モデルの出現、オンライントランザクションの増加と複数のモバイルデバイスの使用、および運用コストの削減は、デジタルBSS市場の成長の主な要因です。また、通信業界におけるデジタル化の傾向の高まり、と投資収益率の最大化を通じてビジネスに付加価値を与えるために製造業者からデジタルBSSが採用されるようになったことも、デジタルBSS市場の成長に貢献しています。さらに、ビジネス向けにカスタマイズされたソリューションの導入と展開の増加は、デジタルBSS市場の成長を推進する重要な要因です。

しかし、時間とコストの制約の問題は、市場の成長を抑制する可能性があります。

デジタルビジネスサポートシステム(BSS)市場セグメント


デジタルBSS市場は、コンポーネント別(ソリューション(収益と請求管理、顧客管理、注文管理、製品管理)とサービス)、展開モデル別(パブリック、プライベート、およびハイブリッドクラウド)、エンドユーザータイプ別(SME、大企業)、および地域別に分割されます。これらのセグメントは、さまざまな要因に基づいてさらにサブセグメント化され、各セグメントおよびサブセグメントの複合年間成長率、評価期間の市場価値およびボリュームなど、市場に関するいくつかの追加情報で構成されます。

展開モデルに基づいて、パブリッククラウドセグメントは、予測期間中に最大の市場規模を占めると予想されます。

パブリッククラウドでは、インターネットを介して情報を共有するために複数のユーザーにアクセスできます。クラウドストレージプロバイダーの間でパブリッククラウド展開モデルが広く採用されている理由は、これらのアクセスのしやすさ、展開機能の高速化、およびメンテナンスコストの低さです。パブリッククラウド展開モデルは、通信事業者にさまざまなメリットを提供します。これらのメリットには、スケーラビリティ、柔軟性、信頼性、リモートロケーションアクセスなどがあります。また、企業は規制上のハードルに直面することが少なく、ストレージ施設を部分的または完全にサードパーティプロバイダーにアウトソーシングする用意があります。これらの要因がこのセグメントの成長を推進しています。

デジタルビジネスサポートシステム(BSS)市場の地域概要

北米のデジタルBSS市場は、予測期間中に最大の市場規模を占めると予想されます。米国は、テクノロジーの採用と投資の点で最も先進国です。米国政府は常にデジタル化に取り組んでおり、そのためにいくつかのイニシアチブが必要です。プライベートロングタームエボリューション(LTE)および第5世代(5G)サービスの出現により、デジタルBSSソリューションの採用は不可欠であると考えられています。さらに、ワイヤレス業界の競争はピークに達しており、すべてのサービスプロバイダーが顧客に革新的なサービスを提供しようとしています。CSG international、Netcracker、Amdocs、IBMなどの企業は、この地域で活動している主要なデジタルBSSプロバイダーです。

これらの要因は、この地域のデジタルBSS市場の成長を推進しています。

これらの地域セグメントは、北米(米国およびカナダ);アジア太平洋(中国、インド、日本、韓国、インドネシア、マレーシア、オーストラリア、ニュージーランド、シンガポール、その他のアジア太平洋);ラテンアメリカ(ブラジル、メキシコ、アルゼンチン、その他のラテンアメリカ);中東およびアフリカ(イスラエル、GCC [サウジアラビア、アラブ首長国連邦、バーレーン、クウェート、カタール、オマーン]、北アフリカ、南アフリカ、その他の中東およびアフリカ)およびヨーロッパ(英国、ドイツ、フランス、イタリア、スペイン、ハンガリー、ベルギー、オランダ、ルクセンブルグ、NORDIC、ポーランド、トルコ、ロシア、その他のヨーロッパ)などが含まれています。

デジタルビジネスサポートシステム(BSS)市場の主要なキープレーヤー

デジタルBSS市場の主要なキープレーヤーには、Amdocs(米国)、Huawei(中国)、Ericsson(スウェーデン)、NetCracker(米国)、CSG International(米国)、Nokia(フィンランド)、IBM(米国)、Capgemini(フランス)、ZTE Corporation(中国)、Optiva(カナダ) )、Openet(英国)、Sigma Systems(カナダ)、Cerillion(英国)、Sterlite Tech(インド)、Accenture(アイルランド)、Comarch(ポーランド)、Infosys(インド)、Oracle(米国)、Mahindra Comviva(インド)、 Qvantel(フィンランド)、BearingPoint(フィンランド)などがあります。この調査には、デジタルBSS市場におけるこれらの主要企業の詳細な競合分析、企業プロファイル、最近の動向、および主要な市場戦略が含まれています。

レポートのサンプルURL
https://www.sdki.jp/sample-request-61705

SDKI Inc.会社概要
SDKI Inc.の目標は、日本、中国、米国、カナダ、英国、ドイツなど、さまざまな国の市場シナリオを明らかにすることです。また、リサーチアナリストやコンサルタントの多様なネットワークを通じて、成長指標、課題、トレンド、競争環境など、信頼性の高いリサーチインサイトを世界中のクライアントに提供することに重点を置いています。SDKIは、30か国以上で信頼と顧客基盤を獲得しており、他の手つかずの経済圏での足場を拡大することにさらに注力しています。
※以下、メディア関係者限定の特記情報です。個人のSNS等での情報公開はご遠慮ください。
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. SDKI Inc. >
  3. デジタルビジネスサポートシステム(BSS)市場ーコンポーネント別(ソリューションとサービス)、展開モデル別、エンドユーザータイプ別、および地域別ーグローバル予測2030年