アダストリアがサステナブルな物流機能を目指し「ホワイト物流」推進運動に賛同 自主行動を宣言!

荷受けの予約や置き配などのシステム導入などをはじめとした、物流機能の合理化および効率化を推進

 「Play fashion!」をミッションに掲げる株式会社アダストリア(本部:東京都渋谷区渋谷2-21-1、代表取締役 会長兼社長:福田三千男)は、この度、国土交通省・経済産業省・農林水産省が推進する「ホワイト物流」推進運動の趣旨に賛同し、自主行動を宣言いたしました。

 アダストリアグループでは、「ファッションのワクワクを、未来まで。」をCSRポリシーとし、重点テーマの一つとして「人を輝かせる」を実現させるため、「ホワイト物流」推進運動に賛同し自主行動を宣言いたしました。「ホワイト物流」推進運動とは、国土交通省・経済産業省・農林水産省が推奨する取り組みです。深刻化が続くトラック運転者不足に対応し、国民生活や産業活動に必要な物流を安定的に確保するとともに、経済の成長に寄与することを目的として2019年4月に発足しました。
 アダストリアグループは、ファッションがもたらすワクワクをお届けし続けるため、物流シーンで働くすべての人々が働きやすく、ホワイトで安心・安全な物流環境、持続可能な物流機能が必要不可欠と考えています。今回、この「ホワイト物流」推進運動に賛同し作業の合理化および効率化を図ることで、物流従事者への負担を減らすことができ、より持続可能な物流機能を実現していきます。
 この度の自主行動宣言に記載した項目をグループの中心となって推進するのは、子会社である㈱アダストリア・ロジスティクスです。㈱アダストリア・ロジスティクスでは「ホワイト物流」推進運動に準拠した取り組みのほか、エネルギー使用量およびCO₂排出量削減に向けた取り組み、誰もが安心・安全に働ける職場環境の整備など、より持続可能な社会の実現に向けて継続して取り組んでいく予定です。

■ホワイト物流とは
 出荷元・納品先での待ち時間が長いことによる長時間労働や、積込・積降し等荷役作業の肉体的負担などによってトラック運転者不足が深刻化しています。これに対応するため国土交通省・経済産業省・農林水産省は、国民生活や産業活動に必要な物流を安定的に確保するとともに、経済の成長に役立つことを目的とした「ホワイト物流」を推進しています。この運動によって、トラック輸送の生産性の向上・物流の効率化と、女性や60代の運転者等も働きやすい、より「ホワイト」な労働環境の実現を目指しています。
公式サイト:https://white-logistics-movement.jp/

■アダストリア・ロジスティクスの取り組みついて
・予約受付システム「MOVO Berth(株式会社Hacobu提供)」を導入し、待ち時間のない効率的な荷下ろしの実現
・パレット等の活用による効率的な作業の実現
・配送地域別の荷渡による荷役時間の短縮
・月や曜日ごとの繁閑差を平準化し、運航効率を向上
・置き配サービス「EAZY(ヤマト運輸株式会社提供)」の導入による再配達の削減努力
・コンテナ納品の増加による作業の合理化

■アダストリア・ロジスティクスについて
 商品流通を管理し、国内6カ所の物流拠点から店頭へのスピーディかつタイムリーな在庫管理・流通加工・配送を実現するほか、公式WEBストア.st(ドットエスティ)でお買い上げいただいたお客さまへの配送を担う当社グループの物流機能です。

名称:株式会社アダストリア・ロジスティクス
本部住所:〒311-3108 茨城県東茨城郡茨城町中央工業団地1-15(GateA)
設立:1988年6月
資本金:1,000万円
事業内容:グループ内の物流業務等

■アダストリアについて
 株式会社アダストリア(代表取締役 会長兼社長:福田三千男)は、「グローバルワーク」「ニコアンド」「ローリーズファーム」など、グループで30を超えるブランドを国内外で約1,400店舗展開するカジュアルファッション専門店チェーンです。「Play fashion!」をミッションに掲げ、ファッションを通じてお客さま一人ひとりの毎日に「もっと楽しい」選択肢をご提案しています。


 
※以下、メディア関係者限定の特記情報です。個人のSNS等での情報公開はご遠慮ください。
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. 株式会社アダストリア >
  3. アダストリアがサステナブルな物流機能を目指し「ホワイト物流」推進運動に賛同 自主行動を宣言!