【新刊案内】世界の燃料電池・水素産業 最新業界レポート 発行:(株)シーエムシー・リサーチ

中国の首都圏などの各地域、MEA、タンク、FCVなどの企業、外資系企業の戦略を詳述! 各国の水素戦略とは!

材料科学や化学の先端技術やその市場動向に関するレポート発行やセミナー開催を行う(株)シーエムシー・リサーチ(東京都千代田区神田錦町、https://cmcre.com/)では、このたび「世界の燃料電池・水素産業 最新業界レポート」と題する書籍を2021年4月30日発行いたしましたので、お知らせします。
書籍の定価は、180,000 円(税込 198,000 円)(書籍)、書籍とCDセットの定価はセット 200,000 円(税込 220,000 円)(書籍+CD)となっており、ご購入受付中です。書籍目次の詳細や販売については以下の弊社サイトをご覧ください。
 https://cmcre.com/archives/79208/
【新刊案内】世界の燃料電池・水素産業 最新業界レポート
Global Hydrogen Fuel Cell Market Trends
◎刊行に当たって

政府は「グリーン成長戦略」を策定し、水素を「カーボンニュートラルのキーテクノロジー」と位置付けた。17年に策定した「水素基本戦略」では、30年に水素輸入量30万トンを目標としていたが、昨年12月のグリーン成長戦略では、足元で200万トンの水素供給量を30年に300万トン、50年に2,000万トンに拡大することを打ち出した。自動車産業のみならず他の分野でも広く注目を浴び、“脱炭素化”に向けた動きの中で期待が高まっている。
本レポートでは、様々な用途で搭載される燃料電池システムとして、固体高分子形燃料電池(PEFC)と固体酸化物形燃料電池(SOFC)にフォーカスした。
PEFCは主にFCVやFCトラック、FCバス、FCフォークリフトなどに用いられており、これらのモビリティが市場を牽引している。
乗用車タイプのFCV用は、現状、日本や韓国の自動車メーカーが先行しているが、今後、ドイツや米国の自動車メーカーからも本格的な製品投入が予想される。また、中国の自動車メーカーも量産モデルを投入してくると予測されている。
さらに、欧州ではダイムラーとボルボが合弁会社を設立し、大型FCV向けの燃料電池システムを開発する計画を公表するなど、トラック・バスなどの商用車の領域がにわかに騒がしくなってきている。水素ステーションの普及が課題となり、本格的な市場形成には時間がかかるものの、水素エネルギー・燃料電池システムの普及拡大に向けた官民一体の施策が各国で進められている。
一方、SOFCは発電効率が高いため、大型定置用などで採用されるケースが多く、2020年では産業・業務用が約6割と大きく占有している。インセンティブ制度を背景に米国や韓国で普及しており、オフィスビルやエ場の電力源としてSOFCの導入が進んでいる。海外ではSOFCをベースにした家庭用燃料電池システムの開発に注力している。最も低コストで発電できる燃料電池として現在主流のPEFCではなく、今後はSOFCの活用が増えていくと予測されている。
長期的には中国水素燃料市場の潜在的需要に期待が高まる。首都圏や長江デルタなどの地域に集中投資し、燃料の調達、車両の開発、インフラ整備まで取り組んでおり、技術開発で先行する外資企業の参画も進んでいる。中国市場への進出には、参入コストとスピードだけでなく、技術ノウハウの流出防止のバランスを見ながら、各社は様々な戦略で進めている。
本レポートは、今後の展開を見据えたうえでの次世代ビジネスにつながるレポートになっている。
                                      CMCリサーチ調査部

■ 世界の燃料電池・水素産業 最新業界レポート
■ 発 刊:2021年4月30日発行
■ 定 価:本体価格  180,000 円(税込 198,000 円)
本体 + CD セット  200,000 円(税込 220,000 円)
■ 体 裁:A4判・並製・373頁
■ 編集発行:(株)シーエムシー・リサーチ
ISBN 978-4-904482-01-9

◆ 中国の首都圏などの各地域、MEA、タンク、FCVなどの企業、外資系企業の戦略を詳述!
◆ ドイツ、EU、北米、ノルウェー、サウジ、韓国、インドなどの水素戦略とは!
◆ 再エネとCO2フリーで注目を集める水電解、P2G、メタネーション、水素製鉄法の業界を分析!
◆ PEFC・SOFCシステムの用途別の世界市場、及び各スタック部材の単価の推移を掲載!
◆ FCV、産業・業務用、家庭用燃料電池、FCフォークリフトなどの企業別シェアを紹介!
◆ Type3,4の水素タンク開発に向けての材料メーカーの動向、水素Sta.の業界、コストを詳述!
◆ 産業車両のFC化としてのトラック、バス、フォークリフト、列車、船などの業界分析を掲載!
    https://cmcre.com/archives/79208/


 
【本書の構成および目次概要】
第1章 世界の燃料電池・水素産業
1. ドイツ
 1.1 概要
 1.2 Power to Gas
 1.3 水電解装置に関するプロジェクト
 1.4 h2 Herten
 1.5 ALIGN CCUS
 1.6 ドイツの水素戦略
 1.7 企業動向
2. EU
3. カナダ
 3.1 概要
 3.2 企業動向
4. 米国
 4.1 概要
 4.2 カリフォルニア州
 4.3 カリフォルニア州ランカスター市
 4.4 企業動向
5. ノルウェー
 5.1 概要
 5.2 企業動向
6. フランス
 6.1 概要
7. サウジアラビア
 7.1 概要
 7.2 企業動向
8. 韓国
 8.1 概要
 8.2 企業動向
9. インド
 9.1 概要
 9.2 企業動向
10. インドネシア
 10.1 概要
 10.2 企業動向
11. オーストラリア
 11.1 概要
 11.2 企業動向
12. メキシコ
13. 日本
 13.1 概要
 13.2 NEDOの取り組み
 13.3 水素バリューチェーン推進協議会
 13.4 主な自治体の取り組み

第2章 中国の燃料電池・水素産業
1. はじめに
2. 中国各省
 2.1 概要
 2.2 長江デルタ水素ベルト建設発展計画
 2.3 各地域の取り組み
3. 中国の水電解装置メーカー
 3.1 概要
 3.2 企業動向
4. 中国の燃料電池システム・スタックメーカー
 4.1 概要
 4.2 企業動向
5. MEA、触媒、セパレータ―
 5.1 概要
 5.2 企業動向
6. 中国の水素ステーション
 6.1 概要
 6.2 業界動向
 6.3 企業動向
7. 代表的な水素ステーション
 7.1 上海駅藍金山化工区水素ステーション
 7.2 大同雄韬氢雄水素ステーション
 7.3 順風水素ステーション
8. 中国の水素タンク
 8.1 概要
 8.2 開発動向
 8.3 企業動向
9. 中国のFCV
 9. 1 概要
 9. 2 市場・業界動向
 9. 3 中国のFCトラック・バスの動向
 9. 4 企業動向
10. 中国における外資系企業の動向
 10.1 概要
 10.2 BallardとHydrogenicsのビジネス戦略からみえること
 10.3 外資系企業のビジネス戦略

第3章 水素製造
1. 概要
2. グリーン水素 vs ブルー水素
3. 産業別の水素発生工程
 3.1 概要
4. 水の電気分解(水電解)
 4.1 概要
5. 業界分析
6. 主な水素製造システム
 6.1 アルカリ水電解システム
 6.2 固体高分子水電解システム
7. Power to Gas(P2G)
 7.1 概要
 7.2 業界分析
 7.3 企業動向
8. メタネーション
 8.1 概要
 8.2 業界分析
 8.3 企業動向
9. 水素製鉄法
 9.1 概要
 9.2 業界分析
 9.3 COURSE50
 9.4 欧州の取り組み
 9.5 企業動向

第4章 固体高分子形燃料電池(PEFC)
1. 概要
2. PEFCシステムの用途別の世界市場
3. PEFCスタック部材の世界市場
4. 電極材
 4.1 アノード
 4.2 カソード
 4.3 電極材の世界市場
 4.4 電極材の単価の推移
5. 電解質
 5.1 概要
 5.2 電解質の世界市場
 5.3 電解質の単価の推移
 5.4 企業動向
6. 膜/電極接合体(MEA)
 6.1 概要
 6.2 課題
 6.3 PEFC構成材料のコスト比
 6.4 企業動向
7. セパレーター
 7.1 概要
 7.2 金属 VS カーボン
 7.3 自動車メーカーにおけるセパレーター材料の開発動向
 7.4 セパレーターの世界市場
 7.5 セパレーターの単価の推移
 7.6 企業動向
8. ガス拡散層基材(GDL)
 8.1 概要
 8.2 ガス拡散層用基材への要求
 8.3 拡散性と水(水蒸気)管理
 8.4 マイクロポーラス層(MPL)
 8.5 GDLの世界市場
 8.6 GDLの単価の推移
 8.7 企業動向

第5章 固体酸化物形燃料電池(SOFC)
1. 概要
2. SOFCシステムの用途別の世界市場
3. 企業動向
4. SOFCスタック部材
 4.1 概要
 4.2 SOFCスタック部材の世界市場
5. アノード
 5.1 アノードの世界市場
 5.2 アノードの単価の推移
 5.3 企業動向
6. カソード
 6.1 カソードの世界市場
 6.2 カソードの単価の推移
 6.3 企業動向
7. 電解質
 7.1 電解質の世界市場
 7.2 電解質の単価の推移
 7.3 企業動向
8. 金属インターコネクト
 8.1 金属インターコネクトの世界市場
 8.2 金属インターコネクトの単価の推移
 8.3 企業動向
9. 燃料電池の種類と特徴
10. シールシステム
 10.1 概要
 10.2 企業動向

第6章 産業・業務用
1. 概要
2. 世界市場
3. 産業・業務用の主要な燃料電池の種類
4. 企業別シェア
5. 企業動向

第7章 家庭用燃料電池
1. 概要
2. 世界市場
3. 企業別シェア
4. 企業動向

第8章 FCV(乗用車)
1. 概要
2. FCVの販売台数と企業別シェア
3. 世界市場
4. FCVスタックのコスト構成比
5. インフラの課題
6. 企業動向
7. 新型「MIRAI」
 7.1 概要
 7.2 初代と新型MIRAIの比較(コスト、採用された製品、材料)
 7.3 FCスタック
 7.4 高圧水素タンク
 7.5 コスト
 7.6 新型MIRAIに採用されている部材と企業
8. トヨタによる中核部品の外販からみえること

第9章 FCトラック
1. 概要
2. 商用トラックに求められる条件
3. 世界市場
4. 企業動向

第10章 FCバス
1. 概要
2. 世界市場
3. 企業動向

第11章 FCフォークリフト
1. 概要
2. 世界市場
3. 企業別シェア
4. 企業動向

第12章 FC列車
1. 概要
2. 業界分析
3. 企業動向

第13章 FC船
1. 概要
2. 業界分析
3. 米国
4. EU
5. ドイツ
6. ノルウェー
7. 韓国
8. 企業動向

第14章 FC飛行機
1. 概要
2. 業界分析
3. 企業動向

第15章 FCドローン
1. 概要
2. 経済産業省
3. 業界分析
4. FCドローンが期待されている用途
5. 企業動向

第16章 その他の産業用車両
1. 概要
2. 企業動向

第17章 バックアップ電源
1. 概要
2. 世界市場
3. 企業別シェア
4. 企業動向

第18章 水素貯蔵材料
1. 概要
2. 高圧水素タンク
3. CFRP 製圧力容器
 3.1 概要
 3.2 CFRP蓄圧器の開発
4. 低圧タンク(ボンベ)
5. 炭素系材料
6. 有機系水素化物(有機ハイドライド)
7. 錯体系水素化物
8. 液体水素
9. アンモニア
10. 水素吸蔵合金
 10.1 概要
 10.2 水素吸蔵合金の仕組み
 10.3 水素吸蔵合金の現状システムの性能
11. 企業動向
12. ENEOS グループの水素サプライチェーン構想
13. 千代田化工建設の水素サプライチェーン構想
14. 川崎重工業の水素エネルギーチェーン構想

第19章 水素ステーション
1. 概要
2. 水素ステーションの構成
3. 業界分析
4. 国内の水素ステーションの動向と水素価格
5. 水素ステーションのコスト
6. 企業動向
7. 水素ステーション用の圧縮機
 7.1 概要
 7.2 業界分析
 7.3 企業動向
8. エアコンプレッサーおよび水素循環ポンプ
 8.1 企業動向
9. 樹脂製高圧水素用ホース
 9.1 概要
 9.2 企業動向
付録資料;燃料電池とレアメタル

☆目次の詳細とお申し込みはこちらをご覧ください↓
      https://cmcre.com/archives/79208/
 



◎関連書籍のご案内
(1) リチウムイオン電池の安全性確保と関連する規制・規格と表示ルール 2021
  ☆ 安全性の確保は電池設計の合理性が基本! 性能の悪い電池は安全性も低い!
           安全性と高性能は両立する!
  https://cmcre.com/archives/68012/
(2) EVワールドIII 激変期のEV&電池生産の中長期課題と展望
  ☆地域(中国、欧米ほか)ごと、電池と自動車メーカー区分集計と解析!
         選択と集中のビジネスモデルとそのアクション!
  https://cmcre.com/archives/59720/

◎最新セミナー/ウェビナーのご案内 
〇 熱伝導コンポジット材料の微視構造設計と特性評価
  開催日時:2021年5月18日(火)13:30~16:30
  https://cmcre.com/archives/75550/

〇 ポリ乳酸の基礎から技術・市場開発最前線まで ~ グリーン・イノベーションの旗手 ~
  開催日時:2021年5月18日(火)10:00~17:00
  https://cmcre.com/archives/76673/

〇 SDGs時代のカーボン繊維リサイクル ~ 課題とその克服について ~
  開催日時:2021年5月18日(火)13:30~16:30
  https://cmcre.com/archives/75413/

〇 水素吸蔵材料技術の現状と課題
  開催日時:2021年5月18日(火)13:30~16:30
  https://cmcre.com/archives/76022/

〇 第一原理計算 入門 ~ 原理の把握と実践的な知識・ノウハウの習得 ~
  開催日時:2021年5月19日(水)10:30~16:30
  https://cmcre.com/archives/68465/

〇 水素製造技術の動向とその規模およびコスト
  開催日時:2021年5月19日(水)13:30~16:30
  https://cmcre.com/archives/75673/

〇 半導体パッケージ技術の基礎とFOWLP等の最新技術動向
  開催日時:2021年5月20日(木)13:30~16:30
  https://cmcre.com/archives/67811/

〇 ゾル-ゲル法入門 ~ 多孔性材料の合成から利用まで ~
  開催日時:2021年5月20日(木)13:30~16:30
  https://cmcre.com/archives/67811/

〇 リチウムイオン電池の効率劣化診断
  開催日時:2021年5月21日(金)10:30~16:30
  https://cmcre.com/archives/76303/

〇 CO2/NOxゼロのアンモニア排水エネルギーリサイクルシステムとアンモニア利用CO2ゼロ発電システム
  開催日時:2021年5月21日(金)13:30~16:30
  https://cmcre.com/archives/75699/

〇 研究者向け特許の読み方入門 ( 特許請求の範囲を中心に )
  開催日時:2021年5月24日(月)13:30~16:30
  https://cmcre.com/archives/76944/

〇 急加速する世界の電動車市場、自動運転実現に必須な車載センサ
  開催日時:2021年5月24日(月)10:30~16:30
  https://cmcre.com/archives/76853/

〇 自動車内装材の抗菌・抗ウイルス対応
  開催日時:2021年5月25日(火)13:00~17:00
  https://cmcre.com/archives/76458/

〇 CFRPの用途別動向とビジネス戦略の再構築
  開催日時:2021年5月25日(火)13:30~16:30
  https://cmcre.com/archives/75868/


☆続々追加中!
☆開催予定のウェビナー一覧はこちらから!↓
 https://cmcre.com/archives/category/seminar/semi_cmcr_f/
 
 
 

 
※以下、メディア関係者限定の特記情報です。個人のSNS等での情報公開はご遠慮ください。
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. CMCリサーチ >
  3. 【新刊案内】世界の燃料電池・水素産業 最新業界レポート 発行:(株)シーエムシー・リサーチ