“実家ネットない問題”を不満に感じている人は約70% 帰省者の4人に1人が実家のネットはスマホのみ。

So-net(ソネット)が今年の夏に帰省した方に実家のインターネット環境調査を実施。

インターネット接続サービス「So-net(ソネット)」(運営:ソニーネットワークコミュニケーションズ株式会社)は、2018年の夏に実家に帰省した全国の20代~40代1,317名を対象に、帰省時の実家での過ごし方とインターネット環境について調査を行いました。
平成という時代を通してインターネットは日本全国へと普及し、目まぐるしく進化をしてきました。今年の夏は平成の最後の夏にも関わらず、 “実家ネットない問題”に悩まされた方は多い結果となりました。

※本調査内容をご利用の際、出典元として『インターネット接続サービス「So-net(ソネット)」調べ』と必ず記載いただくようお願いいたします。

-----------------------------------------------------------------------------------------------------------------
【リリースポイント】
■4人に1人が実家にインターネット回線が通っておらず、不満を抱えていることが明らかに。
■実家滞在中のネット利用も多く、帰省した際に困ったこととして、ネット環境の不便さが上位にランクイン。
■現状の満足度に限らず、実家のインターネット環境を快適にしたい人は半数以上。

-----------------------------------------------------------------------------------------------------------
 
  • 4人に1人は実家にネット回線が通っていない!親が70代以上だとその割合は4割近くに
ネット回線の契約状況に関する質問では、固定回線やモバイル回線などのネット回線を契約していないと答えた方は、自宅が10.6%なのに対して、実家が24.7%。実家の方が約2.5倍も多い結果となり、約4人に1人が実家ではネット回線を利用できない環境にあることがわかりました。
※以降、「固定回線を契約している」と「モバイル回線を契約している」を合算して、ネット回線契約率としています。















また、実家の世帯主の年齢別でネット回線契約率を見てみると、年齢が高くなるにつれ回線契約率が低くなり、世帯主が70代以上の場合は、約4割の方が実家ではネット回線を利用できない環境にあることがわかりました。

  • 実家でネット回線を契約していない人のうち、約7割が不満を抱えている
回線の契約状況別に、実家のネット回線環境の満足度を見ると、実家がネット回線を契約している場合は約8割の方が満足と回答しているのに比べ、実家がネット回線を契約していない場合は約6割の方が不満と回答しています。帰省中という短い期間であっても実家でインターネットを利用する方は多く、スマホのみでの利用では通信制限を気にする必要もあるため、ネット回線の有無が実家のネット環境への不満につながっていると考えられます。















 
  • 帰省した際に困ったことでも、ネット環境に対する不便さが上位に
今年の夏に帰省した際に困ったことを教えてくださいという質問に対しては、「車がないと移動ができない」という移動の不便さに続き、「スマホでしかインターネット利用ができず不便だった」や「普段よりもネットが遅く、動画サイトなどを快適に閲覧できなかった」といった、ネット環境に対する不便さに困ったという声が多くあがりました。

不便と実感している理由としては、実家での暇な時間はインターネット利用している方が多いということが挙げられます。“実家での暇な時間の過ごし方”に関する質問では、「ネットサーフィンをした」や「YouTubeなどの動画サイトを見た・音楽を聞いた」、「SNSの閲覧や投稿をした」などインターネット利用をしていると回答した方が比較的多い結果となりました。実家への帰省時にも、インターネット利用をするシーンが多く、ネット回線環境が整っていないことで、不便に思う方が多かったと想定されます。
 
  • 実家のネット回線を快適にしたいと思う方は61.9%。平成最後の夏といえども実家のネット環境には不満が残る
回線の契約状況に関わらず回答者全体では、実家のネット回線環境について約3割の方が不満と回答しています。さらに、実家のネット回線環境を快適にしたいと回答した方は6割を超えており、インターネットが目まぐるしく進化し、かなり身近になった平成最後の夏といえども実家のネット環境には不満が残る結果となりました。

 













 


■実家のネット回線環境が不満な理由(一部抜粋)
・2階にルーターがあり、1階ではネットが使えない。別の部屋ではWi-Fiが繋がらない。(43歳 男性)
・通信制限が気になり、YouTubeなど動画の視聴時間を気にしなくてはいけないから。(24歳 女性)
・固定回線が無くモバイル通信量を気にしながら利用が必要なため。(35歳 男性)
・動画を見たくても途切れ途切れになってしまい見るのに時間がかかった。(41歳 女性)
・スマホの通信制限を気にしないといけない。(44歳、女性)
 
  • 実家のネット環境改善に向けたハードルは“手間”と“速度”が上位
どのような条件があれば、実家のネット環境を快適にしますかという質問に対しては、「手間がかからないなら」と回答した方が最も多く、続いて「速度が上がるなら」という結果となりました。速度を早くするなど快適にしたいというニーズに対し、手間がかかることでためらってしまう方が多い傾向が明らかとなりました。

【調査概要】
・調査時期:2018年8月24日~8月27日
・調査対象:2018年7月1日~8月21日の間に実家に帰省した、実家とは別の家に住んでいる20代~40代男女
・N数:1,317
・調査方法:インターネット調査


ソニーのネット ソネットで快適なインターネットライフを
インターネット接続サービス「So-net(ソネット)」は、約20年に渡りお客さまの生活をより便利で快適にするネットワークサービスを提供しています。全国の殆どのエリアでご利用いただけるため、実家ネットつながらない問題の解決策にも有効です。

■取扱いインターネットサービス
ソネットは、お客さまのニーズに合わせた様々なサービスを提供しています。また、お使いの携帯キャリアによって、携帯の料金が割引になることもあります。住んでいる都道府県、住居タイプ(戸建て、マンション)、携帯キャリアに応じて、利用回線を選択することができます。(参考URL:http://www.so-net.ne.jp/access/
【主な提供回線サービス(通信事業者と連携して、回線+プロバイダを提供)】


■マーケティングスローガン「ソニーのネット ソネット」
2017年11月より、「ソニーのネット ソネット」というマーケティングスローガンのもと、コミュニケーションを展開。ソネットがお客さまに提供するインターネットによって、あらゆるものがつながり、新しい「価値」を提供したいという思いを込めています。 2017年には“まだネットワークにつながっていないものにインターネットを届けることで生まれる驚きや喜び”をテーマにWeb動画を制作し、合計5種類のシリーズ動画を公開しました。今年は、“インターネットでつながったその先で、どのような"新しい価値"がうまれるのか”をコンセプトに新シリーズの動画を展開しています。

「ソニーのネット ソネット」特設サイト: https://www.so-net.ne.jp/access/special/sony_so-net/

7/23(月)公開 :ONLINE SESSION#1 tap dance × pandeiro (https://youtu.be/K5DKG-niQq0
8/31(金)公開 :ONLINE SESSION#2 beat box × blues harp (https://youtu.be/Py74lgc8fAA
9月公開予定 :ONLINE SESSION #3 koto × electric bass
10月公開予定 :ONLINE SESSION #4 gadulka × percussion


 
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. ソニーネットワークコミュニケーションズ株式会社 >
  3. “実家ネットない問題”を不満に感じている人は約70% 帰省者の4人に1人が実家のネットはスマホのみ。