楽天、2020年上半期の消費トレンドを象徴する「2020年上半期 ヒット番付」を発表

- 「楽天市場」、楽天「ラクマ」、「楽天ふるさと納税」、「ROOM」における購買データや出品数を分析 -

 楽天株式会社(本社:東京都世田谷区、代表取締役会長兼社長:三木谷 浩史、以下「楽天」)は、運営するインターネット・ショッピングモール「楽天市場」、フリマアプリの楽天「ラクマ」、ふるさと納税ポータルサイト「楽天ふるさと納税」およびショッピングSNS「ROOM」を対象に、2020年上半期の消費トレンドを象徴する「2020年上半期 ヒット番付」を本日発表しました。

 「2020年上半期 ヒット番付」は、対象サービスの検索・購買データや出品数をもとに、トレンドを分析し、番付形式で発表する企画です。今年は、新型コロナウイルス感染拡大防止のための外出自粛の動きにより、家の中で過ごす時間をより楽しく快適に過ごすための消費が活発化し、多くのサービスで関連の消費トレンドが選出されました。

【「楽天市場」2020年上半期 ヒット番付】
 「楽天市場」では、各商品カテゴリーの流通額の推移をもとに、2020年上半期の消費トレンドを分析しました。外出自粛に伴い、自宅で過ごす時間が長くなったことから、家族との時間を充実させる「団らん消費」が東の横綱に、実店舗で売れ残ったりイベントの中止などで行き場を失った商品を訳あり商品や福袋としてユーザーが購入することで生産者や売り手を応援する「応援・支援消費」が西の横綱に、それぞれ選出されました。

 

 


●東の横綱 「団らん消費」

たこ焼き器たこ焼き器

在宅勤務や休校などによって団らんの時間が生まれたことで、作る過程から家族で楽しめるたこ焼き器や、幅広い年代で楽しめるボードゲームなどがヒットしました。
【2020年3月1日~5月31日の期間における、売上の前年同期比】
・たこ焼き器 : +152%
・ボードゲーム: + 254%





●西の横綱 「応援・支援消費」

ふっこう復袋ふっこう復袋

実店舗で売れ残ったりイベントの中止などで行き場を失った商品が、訳あり商品や福袋などに変身して「楽天市場」で流通し、ユーザーが生産者や売り手を「買って応援」する消費がトレンドとなりました。特に、北海道の「楽天市場」出店店舗が地域の実店舗で売れ残った商品を集めて販売を開始した「ふっこう復袋」が全国にも広がり、「楽天市場」では地方の名産品を集めた様々な「ふっこう復袋」が人気となりました。
【2020年3月1日~5月31日の期間における、売上の前年同期比】
・ふっこう復袋:- (昨年実績なし)
・在庫処分商品(食品関連):+4205% 


●東の大関 「巣ごもりアウトドア」

ハンモックハンモック

「家の中でレジャー気分を味わいたい」と工夫した結果、多くの人がたどり着いた”おうちキャンプ”や”ベランピング”。ウッドデッキや人工芝生のほか、ハンモックやガーデンパラソルなど自宅でリラックス気分を味わえるグッズの売上が好調でした。
【2020年3月1日~5月31日の期間における、売上の前年同期比】
・ハンモック : +107%
・ガーデンパラソル: +86%

 

 

 


●西の大関 「おうちフィットネス」

フォームローラーフォームローラー

外出自粛期間中の運動不足解消のため、多くの人が自宅でフィットネスを開始したことから、置き場所に困らず手軽に運動できるダンベルやフォームローラーなどの売上が伸長しました。
【2020年3月1日~5月31日の期間における、売上の前年同期比】
・ダンベル: +256%
・フォームローラー: +240%


●東の関脇 「在宅時産需要」
在宅勤務や休校により、家庭における食事の量や回数が増加しました。これにより、家事を効率化するためのキッチン家電や冷凍食品の売上が拡大しました。
【2020年3月1日~5月31日の期間における、売上の前年同期比】
・電気圧力鍋 : +236%
・冷凍食品: +141%
 

●西の関脇 「手間ひま消費」
在宅時間が増えたことで、日常を丁寧に過ごしたり、モノを作る過程を楽しんだりして、生活を充実させる消費が活発化しました。作物が育つ過程を楽しみ、収穫して実際に食べて楽しむことができる栽培キットや、親子で裁縫を楽しむためのアイテムなどの売上が大きく伸びました。
【2020年3月1日~5月31日の期間における、売上の前年同期比】
・しいたけ栽培キット : +150%
・刺繍キット: +162%


●東の小結 「リモート映え消費」
上半期に多くの人が経験したであろう、リモートでのミーティングや飲み会。少しでもカメラ映りを良くしたい、快適に会議をしたいというニーズから、肌をきれいに見せる女優ミラーや、高画質のウェブカメラの人気が高まりました。
【2020年3月1日~5月31日の期間における、売上の前年同期比】
・高画質ウェブカメラ: +10719%
・女優ミラー: +106%

 
●西の小結 「光熱水費のずぼら節約」
自宅にいる時間が増えたことで、ガス・水道・電気代がいつもより高くなったという人も多いのではないでしょうか。「楽天市場」では、取り付けるだけで簡単に節約できるグッズの売上が好調でした。
【2020年3月1日~5月31日の期間における、売上の前年同期比】
・節水シャワーヘッド : +136%
・室外機カバー: +86%%


●東の期待株 「密避け猛暑対策」
今年の夏は密を避けながら暑さを凌ぐことができる新たなグッズが売れることが予想されます。また、今年は学生の夏休みが短縮傾向にあることから、暑い中登校する子供用の猛暑対策グッズに注目集まると予想しています。
【2020年3月1日~5月31日の期間における、売上の前年同期比】
・ベビーカー扇風機 : +147%
【2020年5月における、売上の前年同期比】
・子供用日傘: + 32% 


●西の期待株 「シン・防災グッズ」
人々の防災意識が高まる中、最近ではお部屋のインテリアに馴染むようなおしゃれ防災グッズや、エコを意識したLED懐中電灯、置き場所をとらない利用時に膨らますタイプのランタンなど、ユーザーのニーズに合わせた様々なタイプの防災グッズの人気が高まっています。今後は、避難する際に密を避けられるようなグッズを加えた新たな防災グッズの登場を予想しています。
【2020年3月1日~5月31日の期間における、売上の前年同期比】
・防災関連グッズ : +513%
・LED懐中電灯: + 88%

 


【楽天「ラクマ」2020年上半期 ヒット番付】
 楽天「ラクマ」では、各商品カテゴリーの取引データを参考に、2020年上半期の消費トレンドを分析しました。5月末に実施したユーザー意識調査(注)によると9割以上の方が「可能な範囲で外出を控える/外出を控えるべき」と答え、この夏も全世代を通して、自宅で安全に過ごしたいという意向が高いことから、「自宅アウトドア」「リモートオタク会」などの消費トレンドが予想されています。(注)2020年5月30日 楽天「ラクマ」調べ、10~60代の楽天「ラクマ」利用者3,250名


●東の横綱 「シニアお片付け出品」

2月以降、60歳以上の楽天「ラクマ」利用登録者数は約2倍増に伸びています。外出自粛により、自宅を片付ける機会が増え、不用品を整理する機会も増えたことが主な要因として考えられ、この夏も引き続きこのような傾向が続くことが想定されます。
【2020年2月1日~5月31日の期間における、60歳以上の楽天「ラクマ」利用登録者数の昨年対比:+94%】

●西の横綱 「リモートオタ活」

リモートオタ活リモートオタ活

外出自粛により、友達同士でそれぞれの自宅をテレビ電話などで繋ぎ、ライブDVDを同時再生して一緒に鑑賞する「リモートオタ活」が女子高生を中心に活性化したことで、「ラクマ」でのアイドルグッズ、ライブDVDの取引が急増しています。

 

●東の大関 「ホームアウトドア」

クーラーボックスクーラーボックス

30代を中心に、外出を控え自宅の庭やベランダにテントを立てて、バーベキューをして「プチアウトドア」を楽しむ人が増えています。子どもが成長して使わなくなったファミリー向けのアウトドアグッズを楽天「ラクマ」に出品する人も。







●西の大関 「昭和のレトロゲーム」

人生ゲーム人生ゲーム

家族みんなで自宅で遊べるテーブルゲームやミニ四駆の取引が増加しています。特に昭和の時代に登場した「人生ゲーム」や「黒ひげ危機一発」など、懐かしのゲームの取引が活性化しています。大人も一緒になって楽しめるレトロゲームは、今夏も盛り上がりそうです。
【2020年3月1日~4月15日の期間における、売上の前年同期比】
・人生ゲーム :  +233%

 




●東の期待株 「キッチンファーマー」
ハーブなどをキッチンやベランダで育て、手軽に家庭菜園を楽しむ人が増えています。キッチンに飾ってもオシャレな小さいサイズのプランターは、ハンドメイドの作品にも人気が集まっています。
【2020年5月31日時点の出品数の前年同期比】
・プランター : +111 %


●西の期待株 「ハッシュタグ販売会」
マルシェや展示イベント等の自粛に伴い、個人クリエイター等の有志によって特定のハッシュタグを付けて出品するオンライン販売会が確認されています。今後もオフラインでのイベントの自粛に伴い、オンラインを活用した活動が継続されることが見込まれます。



【「楽天ふるさと納税」 2020年上半期 ヒット番付】
 「楽天ふるさと納税」では、2020年の1月から4月における寄付額の前年同期比をもとに、夏の寄付傾向やトレンドを予測しました。外出自粛などが続き、自宅で楽しめる返礼品への寄付が増加。また寄付を通じての生産者への支援も広がりました。

●東の横綱 「寄付の行方は?納税」
返礼品が目を引きがちなふるさと納税ですが、寄付の使い道が明確にわかるクラウドファンディング型ふるさと納税にも注目が集まっています。楽天では「世界文化遺産を守りたい」、「地域の子供たちにマスクを配布した」など、幅広い使い道のプロジェクトがあり、多くの寄付を集めています。

<例>
・山梨県富士吉田市:世界文化遺産「富士山」に麓から登れる唯一の登山道「吉田口登山道」を守り伝えたい!
https://event.rakuten.co.jp/furusato/crowdfunding/project/2020/0014/
(寄付受付は終了しています)

・兵庫県加西市:コロナに負けるな!市を越えて次代を担う子供たちにマスクを配布し、みんなの明るい笑顔を取り戻したい!
https://event.rakuten.co.jp/furusato/crowdfunding/project/2020/0016/
(寄付受付2020年6月30日まで)

 

兵庫県加西市兵庫県加西市

●西の横綱:「生産者さん応援納税」
イベントの中止や休校、外出自粛などの影響が各地の生産者を脅かす中、大きく収益が減ってしまい、大量廃棄を余儀なくされている生産者・事業者を、ふるさと納税を通じて支援する動きが出てきています。食品から観光まで様々なカテゴリーにおける支援が可能です。
https://event.rakuten.co.jp/furusato/notice/corona_virus/

 


●東の大関:「賢く選ぶ!訳あり返礼品」
不揃いや切り落とし等の理由で高値はつかないものの、味や品質には変わりがない「訳あり返礼品」。外出自粛を受け、販売先を失った商品が、今年は多く返礼品として扱われています。生産者への支援として寄付するユーザーも多いようです。

<例>
・青森県五所川原市 家庭用赤肉メロン
https://item.rakuten.co.jp/f022055-goshogawara/58980235/
(寄付受付は2020年7月26日まで)

青森県五所川原市青森県五所川原市

・京都府亀岡市 京丹波姫牛肩ローススライス 800g
https://item.rakuten.co.jp/f262064-kameoka/8584-30019347/
(寄付受付は2020年7月31日まで)
 

●西の大関:「巣ごもり充実納税」
外出を控える期間が続き、在宅時間を充実化させる需要が拡大したこいとで、キッチン家電や缶詰や麺類を返礼品とする地域への寄付が増加。また、チューハイやビール等お酒の返礼品を選ぶ方も増えています。

<例>
・兵庫県 加西市 グラファイトグリル&トースター
https://item.rakuten.co.jp/f282201-kasai/56980356/
(寄付受付は2020年6月30日まで)

・熊本県宇城市 UKIYONABEER
https://item.rakuten.co.jp/f432130-uki/055-587/
(寄付受付は2020年8月31日まで)

 

【「ROOM」2020年上半期 ヒット番付】

 すべての消費に対して、"SNS映え"や"フォトジェニック"というキーワードが見受けられる「ROOM」。自宅で過ごす時間が長くなった今年はこの傾向が顕在化し、衣食住のあらゆるシーンにおいて、誰かに教えたくなるようなこだわりアイテムに注目が集まっています。


●東の横綱:「すっきりインテリア」

ティッシュケースティッシュケース

フォトジェニックな空間を作るためのアイテムは「ROOM」の定番。最近は、家で過ごす時間が増えたことで、自宅をスッキリと見せられる、掃除のためのグッズやインテリアに支持が集まっています。
【2020年1月1日~5月31日の期間における、売上の前年同期比】
・ティッシュケース : +134%
・洗濯 マグネシウム: + 182%
・収納ケース:+74%




●西の横綱:「食卓ランクアップ消費」

ひばまな板ひばまな板

レストランさながらの、フォトジェニックな食卓をコーディネートするため、「ROOM」では食器に注目が集まりました。その一方で、料理する時間は手短に済ましたいという需要も高まっており、時短をしながらいつもの食卓をランクアップできるような消費が生まれています。
【2020年1月1日~5月31日の期間における、売上の前年同期比】
・ひば まな板: +615%
・ホットプレート: +171%
・卓上フライヤー: +383%


●東の大関:「おうち公園化」
なかなか公園など外遊びに制限があるこの時期、家の中を公園のように遊べる空間に変身させるユーザーが現れました。インテリアに馴染む、センスの高いジャングルジムなどが多く投稿されています。
【2020年1月1日~5月31日の期間における、売上の前年同期比】
・キッズパーク(ジャングルジム) : +147%
・キネティックサンド: + 1732%


●西の大関:「SNS映えスイーツ」
“SNS映え”×スイーツは「ROOM」ユーザーにとっては王道の人気商品です。外出自粛の動きの中で、食べて美味しい、見て楽しい、巷で注目されている流行りのスイーツを「楽天市場」でお取り寄せする「ROOM」ユーザーが増加しました。
【2020年1月1日~5月31日の期間における、売上の前年同期比】
・デンマークチーズケーキ : +7381%
・スイーツギフト: + 130%
 

●東の期待株:「コラボアイテム」
「ROOM」の人気インフルエンサーと「楽天市場」人気店舗のコラボレーション商品。トレンドを意識したファッションアイテムやインテリアグッズなど、インフルエンサーが利便性を追求して開発した、クオリティーの高いコラボ商品は今後も注目です。
 

 

●西の期待株:「DIY美容消費」
エステさながらの美容ケアを自宅でも取り入れたいという需要が顕在化しました。今後も、最新のアイテムや「スーパーフード」など、美容に関連した様々なアイテムの情報が、「ROOM」で投稿・購入されることが予想されます。
【2020年1月1日~5月31日の期間における、売上の前年同期比】
・エプソムソルト: +213 %
・ドライデーツ: + 7718%
 

 

■「楽天市場 満喫・快適サマー2020」について

・特集ページ概要: 「楽天市場 満喫・快適サマー2020」では、この夏を楽しく快適に過ごすためのアイテムを多数ご紹介しています。夏グルメや暑さ対策グッズ、アウトドアグッズなどの紹介に加えて、今年の夏は自宅で過ごす時間が長くなることを見据え、おうちBBQやおうち縁日といった、今年ならではのニーズに合わせた夏の楽しみ方もご提案します。
・URL: https://event.rakuten.co.jp/genre/season
 


                                                                                                                                                                        以 上

※以下、メディア関係者限定の特記情報です。個人のSNS等での情報公開はご遠慮ください。
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. 楽天グループ株式会社 >
  3. 楽天、2020年上半期の消費トレンドを象徴する「2020年上半期 ヒット番付」を発表