新潟県と「県民の健康づくりの推進に関する連携協定」を締結

~「噛むこと」を通じた歯 ・口腔の健康づくりで健康寿命の延伸を目指す~

 新潟県と株式会社 ロッテ(以下、ロッテ)は、2019年10月15日(火)に、相互に連携・協働し、県民の健康づくりの推進に関する取組みを進め、県民の健康寿命の延伸を図ることを目的として、「県民の健康づくりの推進に関する連携協定」を締結しました。

ロッテ、新潟県と協定締結ロッテ、新潟県と協定締結

 新潟県と株式会社ロッテ(以下、ロッテ)は、2019年10月15日(火)に、相互に連携・協働し、県民の健康づくりの推進に関する取組みを進め、県民の健康寿命の延伸を図ることを目的として、「県民の健康づくりの推進に関する連携協定」を締結しました。

 連携・協働するのは、以下の4点です。
(1) 県民の健康増進に関すること
(2) 「健康立県」施策に関すること
(3) 「噛むこと」の大切さの普及啓発に関すること
(4) その他、目的を達成するために必要な事項

 新潟県が定める「にいがた健口文化推進月間」の新潟県民への周知を目的とし、2018年10~11月に、新潟県庁、新潟県歯科医師会、ロッテにて共通のPOPを作成し、それぞれ周知に努めました。ロッテのもつ「噛むこと」を通じた歯・口腔の健康づくりに関する知見やノウハウをさらに活用することにより、新潟県民の健康増進のきっかけになるのではないかと考え、県との取り組みを強化することを目的として協定を締結することになりました。

 引き続き「にいがた健口文化推進月間」の周知に関する取り組みを継続するとともに、今年度は歯と口の健康に関する講演会も実施しました。その他の取組みに関しても、今後協議の上推進していきます。

 今後もロッテが持つ、「噛むこと」を通じた歯・口腔の健康づくりに関する知見やノウハウとネットワークを活用することにより、幅広い世代への周知を図り、県民の健康づくり推進に寄与していきたいと考えています。

●協定締結式
1.実施日:2019年10月15日(火) 13:30~13:50
2.実施場所:新潟県庁3階 東回廊 第二応接室
3.出席者:新潟県副知事  米澤朋通、株式会社ロッテ新潟支店長  濱口知巳
 

 

●2018年の活動
 新潟県、新潟県歯科医師会と共同で「にいがた健口文化推進月間」を周知させることを目的としたPOPを作成。新潟県内でPOPを掲出することにより幅広い世代への情報発信に努めました。
 また小売店との共同取り組みとして、スーパーのイートインスペースを利用した「噛むこと」の大切さに関する健康セミナーを開催するなど、新潟県民の健康意識を醸成するための啓発活動に努めました。

「にいがた健口文化推進月間」周知のためのPOP「にいがた健口文化推進月間」周知のためのPOP


●ロッテの活動に関して
 近年、口の機能・健康の維持は全身の健康維持にとって非常に重要であると言われています。創業以来、口の機能の一部である「噛むこと」について研究を行ってきた経験と知見を活かし、社会に貢献することを目的とした、専門の組織「噛むこと研究部」を作り、啓発活動に努めています。
 また「咀嚼チェックガム」など、簡単に噛むことについてチェック・意識することができるツールもあり、歯や口の健康に関する啓発イベントなどで体験していただく仕組みを持っています。さまざまな場面で啓発に努めていきます。

 


https://www.lotte.co.jp/
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. 株式会社ロッテ >
  3. 新潟県と「県民の健康づくりの推進に関する連携協定」を締結